多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:世界初

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本ミシュランタイヤは2015年12月1日、飲食店や宿泊施設を星の数で評価する

    『ミシュランガイド東京2016』の掲載店を発表した。 日本での三つ星店は1店増え
    13店になった他、ラーメン店が世界で初めて一つ星を獲得した。

    0524cd2a.jpg


    ラーメン店として世界で初めてレストランの格付け本である『ミシュランガイド』の
    一つ星店となった東京都豊島区の『Japanese Soba Noodles 蔦(つた)』では
    12月3日、発表後初の営業日を迎え、JR山手線巣鴨駅前にある店舗前では、
    午前11時の開店時で4時間待ちの
    大行列となった。

    今回掲載された飲食店は、三つ星が13、二つ星は51、一つ星が153、星は
    付かないが、
    5千円以下で上質な料理を提供する店を評価する『ビブグルマン』
    343の計560店。 ビブグルマンの対象料理には、これまで、フランス、イタリア料理、
    和食の分野に限られて
    いたが、ギョーザ、カレー、ベトナム料理、ペルー料理、
    ポルトガル料理、ロシア料理も今回から評価の対象となった。

    新たに三つ星になったのは、新宿区の日本料理店『虎白(こはく)』。 昨年の二つ星
    から
    1つ昇格した。 日本以外のミシュランガイドを含め、ラーメン店として初の
    一つ星となったのは、
    豊島区にある『蔦(つた)』で、昨年のビブグルマンから
    昇格した。 2012年にオープン。
    石臼でひいた国産小麦の麺と数種類のしょうゆを
    ブレンドした『醬油そば』(税込み850円)が人気。

    22b06436.jpg


    『蔦』の『醤油そば』は、国産小麦100%の自家製麺を使用。 生揚げ油、生醤油、
    白醤油をブレンド
    したタレに様々な食材から抽出したスープを合わせ、ネギ、メンマ、
    チャーシューなどの具材が乗る。 一見シンプルだが、黒トリュフのオイルとソースが
    添えられる個性派でもある。

    今回、三つ星を獲得した飲食店は以下の通り。

    【フランス料理】 『カンテサンス』(品川区)、『ジョエル・ロブション』(目黒区)
    【すし】 『さいとう』(港区)、『すきやばし次郎本店』(中央区)、『よしたけ』(中央区)
    【ふぐ】 『山田屋』(港区)
    【日本料理】『石かわ』(新宿区)、『えさき』(渋谷区)、『かんだ』(港区)、
            『虎白』(新宿区)、『まき村』(品川区)、『幸村』(港区)、『龍吟』(港区)

    現在、日本の三星レストランの数は、本国フランスを抜いて世界第一位となっている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィギュアスケートのグランプリ・シリーズ最終戦、NHK杯の第2日目は2015年
    11月28日、長野市で
    男子フリープログラムが行われ、ショートプログラムで
    世界最高得点を出し首位に立った羽生結弦が216.07点をマーク。 合計322.40点
    となり優勝した。 フリーでの200点超え、そして
    総合得点の300点超えは世界初の
    快挙となっている。

    7ffe1812.jpg


    羽生は冒頭の4回転ジャンプ2つを軽々と飛び、後半の4回転-3回転、3回転-1回転-
    3回転などの連続ジャンプも見事に成功。 この日は全てのジャンプを成功させる
    離れ業を見せ、中継を担当
    していたNHKのアナウンサーも思わず『次元が違います』
    とコメントするほどだった。



    演技の後、羽生は『応援という大きな力をもらいました。 皆さんのおかげです』と
    コメント。 点数については、『まだ信じられていないです。 スコアは本当にびっくり
    しましたが、ここまで、カナダからNHK杯まで、本当に血の滲むような、本当に辛い
    練習をしてきたので、練習をさせて
    くださった周りの方々、サポーターの皆さま、
    カナダのクリケットのリンク、生まれ育った仙台のリンク、全てに感謝したい』と話した。





    そして、『緊張したんですが、長野のオリンピックがあったリンクで滑ることで、自分
    自身に
    プレッシャーをかけて、絶対王者だぞと言い聞かせてやっていた。 とにかく、
    ここまで、すごい
    ハードな練習をしてきましたけれども、ケガをしないでこれた自分の
    体、ケアしてくれた先生たちに
    感謝しつつ、これ以上の演技ができるよう、練習を
    積んでいきたい』などと語った。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日カルチャーセンター横浜教室には、恐らく、日本で唯一ではないかと思われる、
    マトリョミン講座なるものがある。 この耳慣れない、『マトリョミン』なるもの、一体何か
    と言うと、ロシアの
    入れ子型の木工人形であるマトリョーシカの中に、テルミンが入った
    代物。

    d3e1fb88.jpg


    さて、テルミンとは、何か?と言うと、1919年にロシアの発明家レフ・テルミンが発明した
    世界初の電子楽器である。 テルミンの最大の特徴は、テルミン本体に手を接触させる
    ことなく、空間中の手の位置によって音高と音量を調節することである。 テルミンは、
    コンデンサを持つ高周波
    発振器を二つ内蔵している。 二つの発振器のうち、片方の
    周波数は固定されているが、
    もう一方の周波数は可変である。

    487421

    楽器正面に向かって右側から垂直方向に伸びているアンテナは、音高を決める
    『ピッチアンテナ』であり、
    左側面から水平方向に伸びたアンテナは、音量を決める
    『ボリュームアンテナ』である。 
    ピッチアンテナに右手を近づけたり遠ざけたりすると、
    演奏者とアンテナとの間に蓄えられる静電容量が変化し、これに伴って、周波数が可変
    である方の発振器の周波数が変動する。

    二つの発振器の周波数差からうなりを起こして可聴周波数を抽出し、増幅器、
    スピーカーを介して
    発音させる。 ボリュームアンテナに左手を近づけると音量が
    減少し、遠ざけると音量が増大する。 また、左手を素早く上下動させることで、ある程度
    スタッカート奏法が可能である。 さて、マトリョミンが何であるかが分かったので、早速
    マトリョミンの演奏を聞いてみましょう♪



    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキング

    このページのトップヘ