現在の日本の景気は、極々一部の人達の間では、かなり良い状態が続いているのだが、その恩恵が
一般庶民にまでは降りて来てはおらず、全て儲けた者勝ちの独り占め景気となっている。
これは、アベノミクスが開始されて以来、富める者が富めば、貧しい者にも自然に
富が滴り落ちる『トリクルダウン』が提唱されていたためであり、更にこの経済格差が
顕著になって来ているため、目に見えて貧富の差が拡大している。 大手企業では給与が上がり続けているが、その下請けである中小企業では、給与が断続的に下がり
続けている。

3972

日本のGDPが殆ど伸びないのは、内需が上手く回っていないためであり、金持ちは
その殆どが海外へと遊びに行ってしまうため、日本国内には、お金がほとんど落ちない。
簡単なルーティンワークも、その殆どを中国等の安い労働力の国々へと次々と
丸投げしているため、やはり、日本国内にはお金が落ちないシステムとなっている。
自分達の右肩上がりばかりを目指して来た結果、日本国内にはお金が落ちないガチガチの
システムが出来上がったが、そういう人達は、日本の将来など一切考えては
いないのであろう。 自分が死んだ後、その資産を地獄まで持って行く気なので
あろうか?

現状、首都圏の平均収入は、年俸にして300万円前後しかないが、いかに
して労働者を安くこき使うかばかりが重要視されているため、その分前は、全て経営者や
役員だけで山分けとなっており、年代別の経済格差が非常に激しいのが現在の
日本社会となっている。

【日本の人口ピラミッド図】
Japanvg

団塊の世代の定年退職がそろそろピークを迎えるが、それでも、関東の求人が一向に
増えない原因は、定年後の人材を嘱託職員として、更に安くこき使っているためであり、
この年代は、給与が激べりしたところで、それまで、かなりの給与を貰っていた
世代であるため、それなりにどうにかなるのだが、これから本格的に社会的な問題
となるであろう、団塊の世代に食い散らかされたその下の世代、いわゆる
『就職氷河期世代』の場合は、そもそも、まともな仕事すら与えられず、正社員に
なることすら出来ずに老後を迎える事となるため、15年後位から日本の本当の地獄が
始まる。

15年後の日本は、貧困、失業、自殺、生活保護の雨嵐が予想されている。 最近、
関東では、60代の新人を時々見掛けるのだが、英語もPCも出来ないのに、雇って
貰えるだけ相当羨ましいご身分なのではないだろうか。 『就職氷河期世代』は
既に40代半ばに差し掛かっているため、政治家が国策として積極的にこれらの
世代を救済しなければ、日本の未来は絶望的なものとなるであろう。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村