多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ローマ法王

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1300年代頃、ボヘミアの宗教指導者は、カトリック教会と法王の、膨大な
    権力と財力に疑いを抱くようになった。 ボヘミアのカトリック聖職者の多くは、
    宗教改革運動に賛同した。 チェコ人は、聖職者を支持したが、ボヘミアにいる
    殆んどのドイツ人は、法王を支持した。

    1378年のカレル4世の死後、チェコ人とドイツ人の間に衝突が起こった。
    プラハ大学総長ヤン・フスは、法王の権威に反抗した。 フスは、チェコ人に
    とって、神聖ローマ帝国とドイツ権力からの解放の象徴であった。 しかし
    1415年、カトリック側は、フスを捕らえて裁判に掛け、火あぶりの刑に処した。

    357005c1f5

    フス処刑は、その後20年におよぶ宗教と民族戦争の切っ掛けとなった。
    チェコ人のフス派(ヤン・フス支持派)は、カトリック教会派に対して、
    プラハをはじめ、各地で戦った。 フス派軍を率いたチェコ人将軍ヤン・
    ジシュカは、ドイツの街や修道院、教会を破壊した。 ジシュカの戦闘が
    原因で沢山のドイツ人がボヘミアから逃げ出した。

    ローマ法王は、ボヘミアを異教徒の地と見なして、十字軍をボヘミアに向かわせた。
    十字軍を率いたのは、ハンガリー王であると同時に、ボヘミアの王位を継ぎたいと
    望んだシギスムンドである。 しかし十字軍は、優れた戦略家のジシュカの軍に
    敗れた。

    数年間、ボヘミアでは、激しい戦闘が続き、ボヘミアの王位は事実上、空白と
    なった。 あまりに酷い破壊に、フス派内部は戦闘的な急進派と、平和主義の
    穏健派に分かれた。 フス派の分裂を利用して、穏健派と組んだローマ法王は、
    急進派を一気に破った。

    戦争と破壊に失望したボヘミアの人たちは、1458年に穏健派の指導者である、
    イジー・ポジェブラドをボヘミア王に選び、法王と和解しようとした。 イジー
    王は、後継者もなく1470年に亡くなった。 その後、ポーランドから国王を
    迎えたが、王の力は弱く、権力ある土地貴族は、都市や農村に支配権を及ぼした。

    1487年に土地貴族たちは、農奴制をつくり、この制度の下、チェコ人の農民は、
    領主の合法的な所有物として土地に縛りつけられた。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ヘンリー7世在位中のイングランドは、1066年のノルマン征服時に比べ、
    大きく変化していた。 ノルマン人とアングロ・サクソン人の違いは、ほぼ
    なくなっていた。 400年もの間に両者の結婚、混血が進んでいた。 14世紀の
    腺ペストの流行でイングランドの人口は、減ったが、15世紀には、また増え
    始めた。

    全ヨーロッパからの産物が首都ロンドンに運ばれた。 イングランドの羊は、
    数百万頭におよび、羊毛は輸出されたり、勃興期の織物業の原料となった。
    織物業の中心地であるリーズ、ハリファックス、ブラッドフォードは、未加工の
    羊毛を輸出する他の都市より栄えた。

    倹約家で頭の切れたヘンリー7世は、テューダ朝を強化、イングランドの財政
    状態を改善した。 1509年、富み安定した王国は、ヘンリー8世に引き継がれた。
    新王は、強力な海軍を編成して、フランスと戦い、正式にイングランドと
    ウェールズを統一した。

    ヘンリー8世は宗教書も著し、ローマ法王の認可を得た。 一方、この頃
    ヨーロッパでは、多くの人々がローマ・カトリック教会の権威を否定する活動を
    起こしていた。 これを宗教改革と言う。

    当時、イングランド王国の王位継承権は、男子のみを認めようとする人々が
    大半であったが、時のヘンリー8世は、スペイン王室から嫁いで来た妻との間に、
    娘は居たが、存命の息子は居なかった。 ヘンリー8世は、男児を得るため妻と
    離婚し、別の女性と結婚出来るようローマ法王に願い出るが、法王は離婚を
    認めず、1533年、ヘンリー8世は、自分がイギリス国教会の首長となる宣言をし、
    イングランドは、ローマ・カトリック教会とは別れて宗教改革へと動いた。

    6226991

    【エリザベス1世の時代】
    ヘンリー8世は1547年に死ぬまで6回結婚したが、子供3人は全て王位に
    就いている。 その中で、末子エリザベスは、女性ということで世間の偏見は
    あったが、エリザベス1世として1558年、25歳で王位に就いた。 エリザベスは、
    イングランドを小海洋国家から大海軍国へと成長させた。

    新教徒であったエリザベスは、イギリス国教会がイングランドの正式な宗教、
    つまり、国教であることを確認した。 また、エリザベスは、閣僚の選択にも
    優れ、議会の扱いも 巧みで、議会も女王を支えた。

    16世紀半ば、議会は単なる諮問機関から、国王政府の重要な1組織となっていた。
    この立法府は、上院と下院から成り、課税と立法にあたった。 上院は、貴族と
    イギリス国教会の高位聖職者から成り、下院は、貴族に次ぐ階層から成っていた。

    イングランド海軍は、その基礎をエリザベスの父ヘンリー8世により強力に固め
    られていた。 そのため、スペインが1588年に海路、イングランドに侵入しよう
    とした時、イングランド海軍は、既に対抗力が付いていた。 スペインのアルマダ
    艦隊は、イングランドの執拗な抵抗にあい敗走した。 この勝利により、
    イングランドは、ヨーロッパ強国としての地位を築いて行く。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ