多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ロープウェイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ゴールデンウィークを利用して、信濃大町から富山までの日本アルプスを
    旅しました。 この季節は、「黒部立山アルペンルート」が冬季閉鎖から
    営業再開をしたばかりであれるため、数メートルの高さの雪の壁を見ることが
    出来る。

    【松本駅→扇沢駅】
    IMG_0268
    IMG_0270
    IMG_0271
    IMG_0275
    IMG_0277
    IMG_0281
    IMG_0282
    IMG_0284
    IMG_0288

    黒部立山アルペンルートとは言うものの、1本で繋がっている訳ではなく、
    何度も何度も乗換えを繰り返さなければならないため、時間にはある程度の
    余裕を持って行動しなければならない。 まずは、松本駅からJR大糸線で
    信濃大町駅を目指します。

                 黒部ダム
    IMG_0291

    黒部立山アルペンルート全ルート通しでの割引券、電鉄富山駅まで10,850円で、
    そこから、まずはバスに乗り、約40分程でトロリーバス乗り場の扇沢駅(1,433m)
    へと到着。 日本では、トロリーバスは非常に珍しいが、山の中をトンネルで
    通過するため、排気ガスを考慮してトロリーバスになった模様。 尚、この
    トロリーバスは、1964年に開業した物だが、2018年11月30日をもって廃止され、
    2019年4月からは、コスト削減を目的として、全て電気バスに切り替わる。
    この電気バスは、車載バッテリーで動き、1回の充電で30キロの走行が可能だ。

    【黒部ダム→黒部湖】
    IMG_0301
    IMG_0303
    IMG_0307
    IMG_0308
    IMG_0310
    IMG_0312
    IMG_0319
    IMG_0320
    IMG_0326

    トロリーバスの終点は、黒部ダム(1,470m)。 そこから今度は、0.6kmを
    約15分程度掛けて歩く。 ここでは、黒部ダムの真上を歩く事が出来るため、
    黒部立山アルペンルート随一の絶景ポイント。 この0.6kmは、黒部ダムにある
    湖を歩いて渡らなければならないため、特に交通手段はない。

    続いて、ケーブルカーで黒部平(1,828m)まで0.9km、約5分の移動で約400m程
    一気に山を登る。 黒部平は山頂にあるため、そこからロープウェイで1.7km、
    約7分で更に500m程山を登り、大観峰(2,313m)へ。

    【黒部平→富山駅】
    IMG_0329
    IMG_0332
    IMG_0338
    IMG_0340
    IMG_0346
    IMG_0348
    IMG_0354
    IMG_0359
    IMG_0367

    今度は、再度トロリーバスに乗り換え、立山室道(2,450m)へと到着。 ここが
    この黒部立山アルペンルートの最高地点であり、長野側から行くと、最後の
    乗り換え地点となる。 そこから高原バスに乗り換えるが、雪の壁があるのは、
    この地点で、途中、各地点で停車するバスと、全て通過するバスとに分かれるが、
    全て通過するバスに乗ってしまうと、途中で雪の壁の撮影が殆ど出来なくなる
    ため、要注意。 ここからバスで30分程走行し、一気に下界を目指します。

    IMG_0355

    美女平(977m)から再度ケーブルカーに乗り、立山駅(475m)へ。
    そこから今度は、富山地方鉄道へと乗り換え、富山駅を目指します。
    往復割引を使ったとしても、合計で18,260円も掛かるため、よほど
    感動したのでなければ、片道だけで十分楽しめると思います。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東京駅から高速バスで1時間足らずで行ける茨城県。 関東の中でも、最も
    地味で目立たない県とされているため、『都道府県魅力度ランキング』では、
    毎年常に最下位が定位置となっているが、茨城は、北関東というよりも、
    南東北の文化圏に属しているため、販売している商品が、東北と概ね同じ。

    茨城は、関東にいる限り、最下位争いからは抜け出る事が出来ないが、
    南東北に移れば、福島を抜いて東北第二位に浮上出来る可能性が高いため、
    東北への移籍をお勧めしますw

    【筑波山】
    IMG_8165
    IMG_8179
    IMG_8184
    IMG_8185
    IMG_8189
    IMG_8193
    IMG_8203
    IMG_8210
    IMG_8217

    筑波山は、つくば市北端にある標高877mの山で、西側の男体山と東側の女体山
    からなる。 茨城県のシンボルの一つとされており、富士山と対比して
    『西の富士、東の筑波』と称される。 全域が『水郷筑波国定公園』に指定
    されており、日本百名山、日本百景の一つとされる。 百名山では最も標高が
    低く、開聞岳(標高924m)と共に1,000m未満の山となっている。



    【茨城県 フラワーパーク】
    IMG_8265
    IMG_8270
    IMG_8275
    IMG_8279
    IMG_8281
    IMG_8283
    IMG_8292
    IMG_8296
    IMG_8305

    筑波山のすそ野に広がる花の一大テーマパーク。 約30ヘクタールの広大な
    園内には、世界中のバラ500種3万株や、シャガ、やまゆり、ダリア、ベコニアなど
    四季折々の花が楽しめる。 春と秋にはバラまつりが開催され、花のすべり台や
    フラワーサイクルなどもおすすめ。 花と緑の公園となっており、特に、茨城県の
    花であるバラに力を入れている。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ