多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ルーブル美術館

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    フランス大統領選挙決選投票の結果、エマニュエル・マクロン氏が66.1%、
    マリーヌ・ルペン氏が33.9%で39歳のマクロン氏がフランス史上最も若い
    大統領として当選した。

    a9316ad13

    マクロン氏はパリのルーブル美術館の中庭に集まった支持者を前に演説し、
    『選挙を通じて怒りや不安を表明したすべての国民の声を尊重して行く』と述べ、
    経済の立て直しや社会の格差の解消に取り組む姿勢を強調した上で、『世界は
    フランスが自由を守ることを期待している。 EUを立て直すために大きな役割を
    果たさなければならない』と述べ、EUとの関係を強化して行く考えを示した。

    しかし、選挙で敗北したルペン氏も極右政党の候補としてはこれまでで最も多い
    票を獲得し、EUや移民政策に対する国民の強い不満を反映した形となった。
    また、労働者や若者の間では、マクロン氏が現在のオランド政権の経済相として
    自由競争を推進して来たことに不信感が根強く、7日から8日にかけてパリなど
    少なくとも8つの都市でマクロン氏に抗議するデモが行われ、一部が警察と衝突
    する事態にも発展した。

    YT8I50001N

    マクロン氏は今月中旬に新大統領に就任する予定だが、激しい選挙戦を通じて
    分断が広がった国民の融和をいかに進めるかが大きな課題となる。 一方、
    ルペン氏は『フランスが直面する多くの課題を前にマクロン氏が成功することを
    祈っている』と述べ、敗北を認めた。

    EUとの関係を重視するマクロン氏の勝利したことで、市場ではEUがさらに混乱
    する事態は避けられたという受け止めが広がっている。 また、多様な社会の実現や
    国際協調を掲げるマクロン氏がフランスの大統領になることで、アメリカのトランプ
    政権の発足などを受け、世界に広がる自国の利益を優先する動きにも歯止めを掛ける
    ことになるのか注目されている。

    042316364

    一方で、ルペン氏も国民戦線の候補としては、これまでで最も多い1千万を超える
    票を獲得して、フランス国内で高まるEU統合や移民の受け入れへの国民の不満を
    反映した形となり、マクロン氏は大統領として、こうした不満を解消して行けるか
    どうかが問われることとなる。

    3718x426

    一方、マクロン氏が妻に選んだのは、元高校教師の女性ブリジット・マクロンさん。
    しかも、彼女は現在64歳で、マクロン氏とは実に25歳の年齢差がある。 その
    馴れ初めは、マクロン氏が15歳の頃まで遡る。 高校教師をしていたブリジット
    さんに猛烈アタックをし、17歳の時にプロポーズ。 両親から反対され、パリの
    学校に転校までさせられているが、結局、18歳の時に交際をスタート。 ブリジット
    さんが離婚してから、2007年に見事ゴールイン。 マクロン氏は当時29歳だった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    パリの街を歩いて見ると、整備された道路や街路樹、建物のひとつひとつ、
    それから庭園や公園等が、れっきとした芸術作品であることに気付かされる。
    店のショーウィンドウもさりげなくおしゃれに飾り立てられている。

    ファッション界でも年に春と秋の2回、パリコレクションが行われ、斬新な
    デザインを発表している。 パリは、19世紀頃から、多くの画家たちが集まり、
    作品を次々に発表し、美術界をリードして来た。 日本の画学生たちにとっても、
    パリは憧れの街で、多くの画家の卵たちがパリを訪れた。 そうした画家たちの
    中では、佐伯祐三(1898~1928年)、や藤田嗣治(1886~1968年)、岡本太郎
    (1911~1996年)らが知られている。

    16470001

    『芸術の都』とも呼ばれるパリには、美術館や博物館が100ヶ所近くもあると
    言われている。 三大美術館として、ルーブル美術館、オルセー美術館、
    ポンピドゥー芸術文化センター内の国立近代美術館を挙げることができる。

    ルーブルは、古代オリエントから19世紀半ばぐらいまでの世界の美術品、
    オルセーは、19世紀の作品が中心で、特に、印象派の作品が多く見られる。
    そして、国立近代美術館では、主に20世紀の作品を見ることができる。 この他
    にも、小規模ではあるが、個性的な魅力ある美術館がたくさんあり、ロダン
    美術館やギュスターブ・モロー美術館、ピカソ美術館等がある。

    4175346

    ユニークな美術館としては、フランス中世の発掘物やタペストリーを集めた
    中世美術館やアフリカ、アジア、オセアニア等の民族美術を集めたケ・ブランリー
    美術館がある。 一部を除き、ほとんどの美術館は、スケッチをしたり、写真を
    撮ったりすることは自由となっている。 ゆっくりと時間を掛けて楽しめる工夫が
    なされている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    花の都とも呼ばれるフランスの首都パリは、世界で最も華やかな都市として知ら
    れている。 パリの市街地は、東西11キロ、南北8キロの楕円形に近く、東京の
    JR山の手線の内側ぐらいの広さとなっている。 セーヌ川を挟んで、北側を右岸、
    南側を左岸と呼んでいる。 左岸は主に商店街として、左岸は学生街や官庁街
    として発展して来た。 市街地は近郊の3県まで広がり、更にその外側にまで
    街並みが続いている。

    2088f46b

    パリは元々は、セーヌ川にあるシテ島から開かれた街であり、今から2000年
    以上前、ケルト系のパリシィ族がこの地に住み着いたとされている。 その後、
    12世紀頃から国王が居住する地となり、14世紀には、ノートルダム寺院が建て
    られた。 16世紀から17世紀に掛けて、ルーブル宮をはじめ、多くの宮殿や
    庭園が造られ、今もその多くが残されている。

    今見られるような道路や建物を含めた街並みが出来たのは、19世紀後半、
    ナポレオン3世の命を受けたセーヌ県知事のオスマンが指揮した大改造計画に寄る
    ものである。 オスマンは凱旋門のあるエトワール広場(現在のシャルル・ド・
    ゴール広場)から放射線上に伸びる道路を造った。 そして、その両側に同じ
    高さの建物を並べ、建物の正面の柱やバルコニー、窓などを色々な模様で飾り
    立てるようにした。

    DSCN1896

    その後も、パリは少しづつ、時には、大胆に変わって行った。 1889年、
    フランス革命百周年を記念して建てられたエッフェル塔は、当時は『美観を損ねる』
    として批判を浴びたが、今では、すっかりとパリの顔となっている。

    20世紀後半にも、ポンピドゥー芸術文化センターや、ルーブル美術館の中庭の
    ガラス張りのピラミッド、凱旋門の西のデファンス地区に建てられた新凱旋門など、
    パリの新しい顔が次々に登場している。



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ