【キエフ・ルーシの始まり】
現代ロシア人の祖先は、6世紀には、ヨーロッパ・ロシアのステップ地帯に住み着いた
東スラブ民族に始まる。 9世紀には、バルト海からバイキングのバリャーク人が、
ドニエストル川沿いの地域に乗り出し、スカンジナビアからビザンチウムへの交易
ルートを開いた。 彼らの首領のひとりである、リューリクがロシア最初の王朝を建て、
その後継者であるオレーグが最初のキエフ・ルーシを創建した。

Russia_C2

しかし、1237年、外部からの力で破局が訪れた。 タタール(モンゴル)軍が、ルーシの
多数の都市を侵略し、そのご200年間に渡ってルーシを支配した。 こうして、ルーシは、
少公国に分裂したのだが、その中から、モスクワが次第に力を伸ばし、やがて、
タタール人の支配を覆す事となる。



【中心地がキエフからモスクワ公国へ】
9世紀にオレーグ公が建国したキエフ・ルーシは、ウラジーミル1世、ヤロスラフ賢公、
ウラジーミ=モノマフといった、偉大な支配者の元で、400年間に渡って栄え、ヨーロッパで
最も大きく、裕福な国となった。 しかし、1237年、内分の半目によって、弱体化していた
キエフは、チンギス・ハンの孫である、バツーが率いるモンゴル軍(黄金軍団)に滅ぼ
された。

最盛期の1054年には、キエフ・ルーシの領地は、黒海からバルト海まで、北はオネガ湖まで
至った。 キエフの衰退後、ルーシの中心は、北東部に移り、最初は、ウラジーミル、その
後は、モスクワ公国の首都モスクワが中心となった。 モスクワ公国は、白海から、東は、
ボルガ川を超えて、シベリア西武にまで至る土地を支配した。

【モンゴルの支配者】
モンゴルの支配者であるチンギス・ハンは、アジアの本拠地に居ながら、中国、インド北部
(現在のパキスタン)、中央アジアを征服した。 1222年には、優れた騎馬団がルーシ
南部を席巻し、ボルガ川とドニエプル川の間の土地を荒らし回った。 孫のバツーは、
1237年に、ルーシの侵略を終え、キエフ・ルーシの大部分と新しい都市ウラジーミルと
スズダリを占領した。 更に、彼は、ハンガリーとポーランドを目指して西進した。 この
際に、アジア側からヨーロッパへと押し出されて、その後、コーカソイド化した民族が、
ブルガリア人、ハンガリー人、フィンランド人となっている。

【キエフ・ルーシからロシアへ目まぐるしい国境線の移り変わり】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村