ブログネタ
多言語学習法 に参加中!

ブルガリア語は、元々アジア人であったブルガール人が、モンゴル・タタールの
大軍に押し出されて、遥々ヨーロッパの地まで民族大移動してきた際に、そこに
住んでいたスラブ人と同化し、スラブ語化された言語であり、支配者の言語が、
被支配者の言語に吸収されたという、世界でも非常に稀な言語となっている。
この逆パターンが、ハンガリー語とフィンランド語で、アジアから押し出された、
マジャール人とフィン人のアジア系言語は、そのまま、ヨーロッパに根付いた。

ブルガリア語は、古くから、スラブ人の間では、宗教・学問の言語として使用
されていた「古代教会スラブ語」であり、その元となった言語であるため、非常に
古い文語の歴史を持っているものの、約500年間にも及ぶオスマントルコ支配の
時代に、新たに教会用語となったギリシャ語に押されて、かなり衰退したが、
18世紀後半に入って、ブルガリア人聖職者の間から、ブルガリア語復興の機運が
生まれ、現代ブルガリア語の元となる新ブルガリア語が形成されて、民族意識が
高まり、ブルガリア語は、オスマン帝国からの独立運動を支える重要な役割を
果たした。

IMG_4901
IMG_4903
IMG_4905
IMG_4910
IMG_4916
IMG_4918
2612078
zir2u_324
ulgaria

スラブ祖語は、元々、古代のブルガリア語でるため、ブルガリア語に似ている
言語ほど、昔の文法体型を維持している事になるが、ブルガリア語自体が、
オスマントルコ支配の時代に、かなり崩れてしまったため、文法的には、英語に
かなり近い。 文法が崩れ去った言語は、どの言語も、ほとんど、英語のように
なるという共通点がある。

スラブ語の『私』は、ブルガリア語以外、全て『ja』だが、古代教会スラブ語では、
『私』の事を『az』と言うのと、スラブ語では、『アルファベット』の事を
『azbuka』と言うため、スラブ人は、「az」が「私」という意味である事を皆
知っている。 ロシア語とブルガリア語は、そのまま喋ってもほぼ内容が理解出来る
ぐらい似ている言語だが、スラブ語は、ゲルマン語他の言語と比較して、それぞれの
言語に分かれたのがかなり遅かったため、ブルガリア語以外も全言語がかなり
似通っている。 よって、スラブ語のうちの何れかの言語をある程度理解出来て
いれば、その他の言語でも何を言っているのか、ほぼ理解可能。

6810370

ブルガリア語とマケドニア語は、方言程度の違いしかない、非常に似通った言語で
あるため、ブルガリア人は、皆マケドニア語の事を、ブルガリア語の方言だと
思っている。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村