多言語のススメ ~ロシア・東欧情報~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    【プロフィール】
    旧ソ連・ロシア、オーストリア、カナダ、ベルギーに語学留学経験あり。
    1991年より、一貫して通訳・翻訳や海外営業等の語学専門職としての経験を
    積んでおり、英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語他の多言語を扱う
    語学のプロ。 専門はロシア語⇔ドイツ語の通訳論、言語学、並びに心理学。
    詳細はLinkedInを参照。

    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:メルケル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アンゲラ・メルケル独首相は2017年5月28日、ドイツ南部ミュンヘンでの
    選挙集会で、英国の欧州連合(EU)離脱やドナルド・トランプ米大統領の就任で
    欧米の同盟関係に亀裂が走る中、欧州は『その運命を自ら握らねばならない』と
    訴えた。

    9416940645_n

    『われわれが他国を完全に頼りに出来た時代は終わりつつある。 私はそれを
    この数日間で経験した』。 聴衆に向けてこう述べたメルケル氏は、ドイツも欧州も
    米英との友好関係維持に努める一方で、『自らの運命のため闘わなければならない』
    と主張。 ドイツ政府はエマニュエル・マクロン仏新大統領との関係を強化する
    必要があると続けた。

    メルケル首相は、5月27日までイタリアで開催されていた先進7か国(G7)首脳会議
    から帰国したばかり。 サミットでは温暖化対策の国際枠組み『パリ協定
    (Paris Agreement)』をめぐり、米国とその他6か国の意見が対立し、合意に
    至らなかった。

    メルケル氏はこの『6対1』の議論の結果について『極めて不満とまでは言わないが、
    極めて困難だった』と評しており、『欧州人は自らの運命を自分たちの手に握らねば
    ならない。 自らの運命のために闘う必要があると知るべきだ』とまで踏み込んだ。

    選挙集会ででビールを飲むメルケル独首相
    RS=^ADB

    トランプ大統領は、サミットで温暖化対策の国際的な枠組み『パリ協定』について
    他の6カ国と対立した他、自由貿易やNATOの費用負担、難民問題をめぐっても
    欧州との摩擦が生まれている。 ドイツとアメリカの対立は深まっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ドイツの首都ベルリンでクリスマス・マーケットにトラックが突っ込み、これまでに
    12人が死亡し、48人が重軽傷を負った。 ベルリン警察は、トラックが意図的に
    突っ込んだ事件だと断定し、現在調査を行っている。

    事件があったのは2016年12月19日午後8時頃で、クリスマスを控えて最も
    にぎわう時間帯だった。 地元メディアなどによると、トラックは人ごみの中を時速
    60キロ以上で突き進んだという。



    警察はトラックを運転していたとみられる男の身柄を拘束して取り調べている。
    地元メディアによると、男はパキスタン国籍の男とみられている。 ドイツの南部を
    経由して今年の2月に入国した難民とみられ、その後、微罪を犯した履歴が残って
    いるという。 警察は男が難民登録をしていたとみられる収容施設を20日朝から
    捜索しているという。

    更に、このトラックの助手席からは、1人の遺体が発見された。 地元メディアによると、
    遺体はポーランド人で、トラックに付けられていたのも、ポーランドナンバーで、
    運送会社は、『ベルリンに資材を運ぶ予定だったが、運転手と連絡が取れない』
    という。

    948941

    ドイツのメルケル首相は、この事件をテロ攻撃と見なして、各当局が作業を進めていると
    明らかにし、加害者に裁きを受けさせるため法を全面的に行使すると宣言した。
    メルケル首相はベルリンで全国向けのテレビ演説を行い、19日夜に発生した『恐ろしく、
    想像を絶する』事件によりドイツ全土が悲しみに暮れていると発言。 20日午後に
    現場を訪れる計画だと語った。 更に『犯人が、保護・難民認定を求めていた者だと
    したら、皆にとって特に耐え難いことだと認識している」と語った。

    トラックの前にいる警察官と比較すると、かなり大型であることがわかる。 トラックは
    12月19日夜、突然、ベルリン中心部のクリスマスマーケットに突っ込み、屋台や店舗
    などを次々となぎ倒した。

    hgfghkgf

    その後、過激派組織『イスラム国』が、犯行声明を出している。 警察は、事件が
    計画的犯行である見方を示し、その解明を急いでいる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ロシア語 に参加中!
    米経済誌『フォーブス』は、2015年11月4日、『世界で最も影響力のある人物』73人の
    番付を発表した。 ロシアのプーチン大統領が3年連続でトップ。 安倍晋三首相は、
    前年の63位から41位に順位を上げた。 日本人の最高は、トヨタ自動車の豊田章男社長で
    28位だった。
    GAMES-large570
    同誌は、プーチン氏を1位に選んだ理由について、『自分がやりたいと思うことをやってしまう、
    世界で数少ない人物の一人だ』と論評した。 安倍首相については『日本の首相は頻繁に
    代わるが、長く政権を担っている』とした。

    【日本人が知らないロシアのプーチン首相が震災後の日本に贈ったメッセージ】


    前年2位だったオバマ米大統領は3位に後退。 ギリシャ債務危機など欧州をめぐる課題の
    解決で重要な役割を果たしてきたメルケル独首相は、前年の5位から2位に順位を上げた。

    13位は「投資の神様」と呼ばれる米著名投資家のウォーレン・バフェット氏、17位に米ネット
    通販最大手アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏、19位には米フェイスブック創業者マーク・
    ザッカーバーグ氏が入り、米国の企業経営者らも多く上位にランキングされた。

    尚、ロシア政府は、東日本大震災が発生した際に、日本への追悼の意味として、日本から
    シベリアへの労働者の受け入れを表明したが、それが日本で公表される事はなかった。 

    出典:プーチン大統領の「これだけは知っておきたい」15の真実
    1. プーチンの母親はレニングラード包囲戦を生き延びた

    1941年から1944年まで、ドイツ軍とフィンランド軍は、ソ連のレニングラードへの
    すべての物資供給を組織的に遮断し、この大都市の住人を餓死させようとした。
    この出来事は、ドイツ軍がソ連領土で犯した戦争犯罪の中で最も過酷なものだった。
    プーチンの母親、マリア・イワーノヴナはこの凄惨な包囲をくぐり抜けて
    生き延びた。 この包囲戦で100万人が死亡した。その中にはウラジーミルの
    兄もいたが、ウラジーミルはまだ生まれていなかった。


    2. プーチンは感情をあまり表に出さない環境で育った

    ドイツ公共放送連盟 (ARD) 制作のドキュメンタリー
    『Ich, Putin (私はプーチン)』の中で、プーチン大統領はジャーナリストの
    フーバー・ザイペルに次のように語っている:

    私の家族は感情を表に出す家族だったとは言えません。会話もそんなに多くは
    ありませんでした。皆それぞれが、自分の中に閉じこもっている感じでした。
    とはいえ、私たちはとても仲がいい家族でした。私の両親は死ぬまでずっと
    一緒に過ごしました。 それでも、両親はロシアの英雄の偉業や困難、
    悲劇といったことを熱く語ることを好まず、わたしもそういったことは知らずに
    育ちました。


    3. プーチンの父親は「真のプロレタリア」だった

    プーチンの幼なじみであるセルゲイ・ロダルジンによれば、プーチンの父親は息子を
    愛していたが、いつもプーチンに叱っていた。「彼は子供に甘過ぎる親と見られる
    ことを恐れていました」と、ロダルジンはザイペルに語っている。


    4. プーチンが柔道を始めたのは「集団の中で自分の立場を保つ」ためだった

    どちらかというと華奢な体つきをしていた10代のプーチンは、他の10代の男子の
    思春期の成長が自分よりも早いことに気付いた。それが柔道を習い始めた理由だ、
    とプーチンは語っている。彼は集団の中で自分自身の存在を主張したかったのだ。


    5. プーチンが、前妻に自分が諜報機関(KGB)で働いていることを伝えたのは、
    結婚する直前だった

    「諜報機関で働いていることをどうしても話さなければいけない立場にある人間は、
    諜報機関で働くのにふさわしくない」とプーチンはザイベルに語っている。


    6. プーチンは、西側諸国がロシアを恐れていると考えている

    プーチンの伝記『Ich, Putin (私はプーチン)』の冒頭に、その前の数カ月に起こった
    出来事を考えると奇妙に思える対話がある。

    ――西側諸国のあなたに対するネガティブな態度は何が原因だと思いますか?」
    「不安だと思います」
    ――あなたへの不安ですか?
    「ロシアへの不安です。ロシアの規模、ロシアが所有する核兵器、その他様々な
    分野でのロシアの可能性が彼らを不安にさせるのです。 しかし、それは
    古い考え方です」


    7. プーチンはドイツ語を完璧に話す

    その一例として、2001年にドイツ連邦議会で行ったスピーチがある。
    彼は約5年間、ドイツのドレスデンでKGB諜報員として活動し、1990年に
    東ドイツが崩壊し始めると、モスクワに戻った。


    8. プーチンは、ソ連の終焉は「20世紀最大の地政学的大惨事」だったと
    考えている。 しかし、ソビエト時代を懐かしく思ってはいない

    プーチンが、権力の象徴だったソ連に強い親愛の情を抱いているのは事実である。
    例えば、彼はソ連国歌に新しい歌詞をつけて再びロシアの国家として導入した。

    しかし、ソ連時代に実施された社会政策の成果はもはやほとんど残っていない。
    例えば、壊滅的な医療制度や財政的セーフティーネットなどだ。2011年末の時点で
    16%のロシア人が月に192ドルという最低保証すら下回った生活をしていた。
    その一方、ロシア富裕層は比較的良い暮らしをしている。ロシア富裕層は21世紀
    初頭から所得税を13%しか払っていない。


    9. プーチンは自分をアイスホッケー選手として見せたがる

    郊外のアイスリンクで数時間の練習をするにも関わらず、プーチンは
    アイスホッケーがあまり上手くない。 しかし、アイスホッケーはロシアの国技
    であり、ドイツでのサッカーと同様、共感を得るのにうってつけのスポーツだ。


    10. さまざまな国内問題を抱えているにも関わらず、プーチンはロシアを
    「再建した」と評されている

    これは、1990年代にロシアが深刻な危機に瀕していた事実に大きく関わる。
    90年代の危機は、ロシアの経済に打撃を与えただけでなく、官僚制度や、
    文化生活、社会的結束、そしてロシアの独立国家の概念が大きく揺らいだ。

    2000年にプーチンが政権を握ると国家機構の改革に着手し、独裁的なやり方で
    再建した。 その後の数年間で、天然資源の輸出を中心にロシア経済を立ち
    直らせた。

    しかし、クリミア危機の前に経済成長が減速したのも事実だ。ロシアが今必要と
    しているものは投資である。しかし現在ロシアには制裁措置が課されているため、
    現時点でロシアへの投資は予測できない。


    11. プーチンは田舎の屋敷にいても、「P・ディディ(パフ・ダディ)のように
    取り巻き」を抱えている

    有名なプーチンのポートレイト写真を撮った写真家のプラトンはそう主張している。


    12. プーチンはビートルズが好きである

    これもプラトンが言っていることだが、ビートルズの中でプーチンのお気に入りは
    ポール・マッカートニーだ。一番好きな曲は、「イエスタデイ」だという。


    13. プーチンは党員ではないのに政権与党「統一ロシア」の党首を4年務めた

    正確に言えば、プーチンは党総裁になることを要請された。これも国内での
    彼の影響力の大きさを物語っている。


    14. プーチンは自分を外交家だとは考えていない

    ARDのリポーターからの質問に対して、「全く違う」と答えた。


    15. 対立する相手に、公の場で屈辱を与えたことが何度もある

    例えば、クレムリンで収録されたテレビの生番組中に、石油王のミハイル・
    ホドルコフスキーを税務調査で脅したことがある。その後すぐ、ホドルコフスキーは
    逮捕された。

    もう一つ、倒産しかけていた船用プロペラ工場を訪問した時のエピソードがある。
    工場を操業停止に追い込み、労働争議を巻き起こしていた経営者に、プーチンは
    次のように語った。「私がここに来ると言ったら、君たちはゴキブリみたいに
    騒ぎ回っていたが、全く問題を解決できなかった。君たちは、君たち自身の野心、
    能力のなさ、どん欲さによって、労働者を人質に取っている」

    その後、同工場の株主たちは公の場で、工場の操業維持を保証した契約書に
    サインしなければならなかった。
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ◆ドイツ◆ に参加中!

    11742773_10153460944054869_8124138111284329732_n

    - 残念ながら、全ての難民がここに残る事は出来ません。。。
    - じゃ、あんたもまた東ドイツに帰らなければならないの?w

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ