多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:マレーシア航空機

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    アメリカのオバマ大統領は、CNNのインタビューの中で、「米国は、ウクライナにおける
    権力の移行をやり遂げた」と認めた。 いこれまで、『ユーロマイダン』は、汚職に満ちた
    ヤヌコヴィチ体制に反対する一般大衆の抗議行動を基盤とした、ウクライナ内部から
    生まれたものだと言われてきたが、よくよく考えると、キエフでのクーデターが本格化
    したのは、ロシアでソチオリンピックが開催されていた期間中
    であるため、『世界の警察』を
    自認してやまないアメリカが、口ばしを突っ込んで来ない方が不自然と考えるのが
    妥当な考え方。

    4482557_n

    米国務省のヌーランド報道官は、既に1年前に『米国は、ウクライナにおける民主主義
    発展のために50億ドル出した』と述べており、日本の某新聞記者も、ユーロマイダンでの
    クーデターが勃発した折に、暴動に参加したウクライナ人達は、日給3,000円程度で
    雇われているとハッキリと述べている。 その直後に発生したマレーシア航空機の撃墜
    事件も、腑に落ちない点が多過ぎるため、アメリカの関与は、当初から決定的であったが、
    日本の報道機関や、専門家たちは、一方的に、アメリカとウクライナの味方をした。



    見方を変えると、他国の関与によって、政権交代をしたのだから、明らかに内政干渉に
    なる筈だが、世界で唯一の超大国は、世界で何をやっても良いらしい。 元々、アメリカや
    カナダには、ウクライナ人の移民が多く、100年ほど前に起きた飢餓や、スターリンの
    粛清から逃れて、遠く北米大陸に移り住んだウクライナ人の子孫たちが、今でもその
    恨みを抱いて生きており、その2世、3世の世代になっているため、その恨みが増幅して
    いる。

    93003642

    カナダ最大の都市であるトロントには、世界最大のウクライナ街があるが、そこで、
    ロシア語で話し掛けると、あからさまに嫌な顔をされる事が多々ある。 そもそも、
    ロシア語とウクライナ語は、そのまま喋っても、その殆どが理解可能な言語であるため、
    本来は、喜ばれるべきだが、その逆の状況となっているのは、歴史的な湾曲が進んでる
    証拠。 元々、被害者意識は、増幅されやすく、ありもしない妄想を生み出すのが世の常。



    現在の政権に代わった当日に、ポロシェンコ大統領は、ウクライナ南東部のドンバス地域で
    大々的な空爆を開始し、総勢で8,000名以上の罪のない一般市民が殺され、数十万人にも
    及ぶ、ロシア系住民たち(日本では、親ロ派と呼ばれている)が、ウクライナ国外へと逃れた。
    特に、ウクライナ南部のオデッサでは、親ロ派がウクライナ人らによって、大量に殺された
    事件があったが、日本では、ほぼ報道すらされなかった。

    6e5bef2c

    今回のこのウクライナでの大規模な内戦を見ていると、日本には、ウクライナとロシアを
    正確に見ている専門家が皆無に近いことが良く分かる。 所詮、アメリカのバイアスしか
    入ってない英語からの直訳のニュースの垂れ流しは、そろそろ止めにしないと、アメリカに
    よる洗脳がますます酷くなるばかり。 何もかも、イメージだけで物事を判断していると、
    このような醜態を晒すという事を肝に銘じるべし。

    999796740_n

    何度か、ウクライナに関する大学での講演会にも出席して見たが、まともな意見を聞く
    ことはなかったため、あの人たちは、一体何のために専門家面して長年大学に居座って
    いるのかと非常に疑問を感じたが、そのような適当な仕事であったとしても、仲良し
    ごっこでどうにでも出来るのが、日本社会の長年の悪しき習慣だといつになったら
    気付くのか?

    出典:オバマ大統領 ウクライナでの国家クーデターへの米当局の関与ついに認める

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年度の『世界で最も影響力のある人物ランキング』で1位を獲得した、
    ロシアのプーチン大統領。

    10698428_742193009149898_1717028210058710822_n

    日本は、何もかも、全てアメリカの言い成りで、単に、英語のニュースをそのまま
    直訳して垂れ流しているため、未だに、テレビなどでは、『親露派』や、『ロシアが
    不法占拠しているクリミア』などという、情報を明らかに、操作するような表現を
    用いて、国民を洗脳しているが、『親露派』とは、『ロシア系住民』の事であり、
    ウクライナ正規軍を相手に、武装をして暴れまわっている、恐ろしい武装集団と言う
    イメージが日本では強いものの、実際のところは、単なる『ロシア系住民』で、常に、
    ウクライナ軍の攻撃にさらされており、今回のウクライナ危機の後に、ロシア系
    住民、約4,000名が、ウクライナ軍によって、殺されたと言われている。

    そのような緊急を要する状況下であるため、『親露派』と呼ばれる、ロシア系住民
    たちも、当然、武装をしなければ、ウクライナ政府に、殺されてしまうという非常に
    厳しい状況下にあります。 元々、このロシア系住民の人たちは、旧ソ連の時代は、
    ウクライナ国内を支配するような立場に居た人たちでしたが、ソ連の崩壊と共に、
    ウクライナが、漁夫の利で独立を果たし、何もかもが、取って付けたように、完全に
    ウクライナ化される中で、このロシア系住民は、今度は、それまでの恨みを一心に
    受けて、差別、暴行、レイプの対象となりました。

    元々、クリミアを始めとする、ウクライナ南東部~クリミア半島に掛けては、ロシア語圏
    であり、住民の殆どが、ロシア語だけで、生活をしていたものの、ウクライナの
    独立後は、ロシア系住民と言えども、国語として、ウクライナ語が強要されたため、
    これが、ウクライナ政府への反発ともなっています。 分かりやすく言うと、『言語戦争』
    とも言い換えられるのですが、元々、支配をしていた階層が、今度は、支配される側に
    回ると、このようになるという事実を如実に表しているのが、ウクライナです。 

    同じロシア語圏でありながら、アメリカが介入してくると、ここまで対立を深めるのか
    という事実も、見逃してはなりません。 特に、自ら望んで独立を果たした訳ではない
    国が、ファシズムにより、急速にウクライナ化されたため、あちらこちらに、その歪が
    出ております。

    マレーシア航空機の撃墜事故は、事故当初から、アメリカとウクライナの自作自演
    だとされており、キエフで、騒乱が始まったのが、昨年の年末、その戦いが、更に
    激化したのが、ロシアのソチオリンピック開催期間中であったため、アメリカのユダヤの
    大金持ちたちが、金にものを言わせて、後ろで、ウクライナの糸を引いていたと
    見るのが、妥当な見方。

    長年に渡る汚職により、国民も疲れ果てたところに、アメリカの甘い汁が舞い込んで
    来たため、ついつい、それになびいて、争いが激化したもの。 首都キエフでの争いの
    当初、戦いに参加すれば、アメリカから、日当にして、3,000円程度が支払われる
    という日本の新聞会社の記事があったが、そういう不都合な事実は、何も伝えない
    のが、世界の大手メディアなのか。

    1538897_718855538189078_3630505947128854101_n

    マレーシア航空機墜落直前の衛星写真。 やはり、ウクライナ軍の戦闘機スホイが
    至近距離から攻撃した模様。 墜落したマレーシア航空機の機体にも、機関銃の
    ようなもので撃たれた跡が残っていたため、やはり、戦闘機による攻撃と見るのが、
    一番無難な見方。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ