多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:マリー・アントワネット

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    在位73年間の後、1715年にルイ14世が亡くなると、曾孫ルイ15世がわずか5歳で
    即位した。 この時、フランスの勢力は絶頂期で、ヨーロッパ情勢を左右する
    程だった。 フランスは世界最大の殖民地帝国のひとつとなった。 帝国の支配を
    支えたのは、商船の大船団だった。 フランス語は、ビジネス、科学、外交の
    国際語になった。 フランスの作家は、平等と市民権という新思想でヨーロッパに
    知れ渡った。

    しかし、同時に、フランスの労働者は重税と農作物の不作で生活が苦しかった。
    腐敗した官吏は、職責を悪用して私腹を肥やした。 ルイ15世は、これらの問題に
    取り組もうとも、フランス経済を状況の変化に合わせようともしなかった。
    大きくなった中産階級は貴族たちと一緒になって、政府を改善し、王政へもっと
    自分たちの声を反映させることを要求した。

    351arge

    1774年に王位を継いだルイ16世は、いくらか改善を試みたが、行政官たちの反対に
    あった。 国王による政府の掌握力は、急いでしなければならない政治、財政の
    改革に失敗したために弱まった。 ヨーロッパの他の強国との貿易競争にも
    立ち遅れて、フランス帝国は弱くなった。 田舎では激しいデモが起き、民衆は
    代表議会を要求した。 このため、ルイ16世は1788年に三部会を招集した。

    三部会は、1615年以来、有名無実となっていた。 三部会は僧侶(第一身分)。
    貴族(第二身分)、中産階級(第三身分)の代表で構成されていた。 1789年に
    三部会の第1回会議が開かれた後、第3身分の代表たちは、国民議会を組織して、
    新憲法を制定した。 ルイ16世がこの新しい議会を解散しようとしたため、
    パリ市民は、7月14日にバスチーユ牢獄を襲って占領してしまった。 こうして
    フランス革命が始まった。 革命はパリで続き、地方にも広がった。 国王の
    軍隊はデモ隊の人数よりも少なく、圧倒されてばかりいた。

    一方、国民議会はフランスの政府と社会を全面的に変革する法律を制定した。
    議会は、貴族所有の土地を取り上げ、腐敗した地方の裁判官や徴税官を辞めさせた。
    議会はまた、ローマ・カトリック教会の所有地も取り上げた。 ローマ教皇は、
    この措置ににはもちろん、フランスでの他の変革にも腹を立てた。

    フランスは、国王に忠誠である王党派と国民議会の権限を守る共和派とに分裂した。
    フランスはまた、革命に反対するイギリスとハプスブルグ家のオーストリアの軍事
    干渉を受けた。

    ハプスブルグ軍は1792年春、フランスに侵略し、フランスを負かすと、国内では
    またも民衆が反乱を起こし、ルイ16世とブルボン王朝を倒した。 ルイ16世と
    オーストリア人の王妃マリー・アントワネットは1793年に処刑された。 こうして
    国民議会は第一共和制を打ち立てた。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1790年のヨーゼフ2世の死後、弟のレオポルド2世と、その息子、フランツ2世は、
    相次いで皇帝となり、ヨーゼフの改革に逆行して、言論と出版を厳しく制限した。
    この頃、フランスでは革命が起こり、レオポルド2世の妹でフランス王妃となって
    いたマリー・アントワネットは処刑された。 1795年、オーストリアとフランスの
    戦争が始まり、オーストリア領ネーデルランド(現在のベルギー)は占領された。

    1800年、フランスの将軍ナポレオン・ボナパルトは、オーストリア軍を討ち
    破った。 1804年、フランツ2世は、自らオーストリア帝国皇帝と称した。
    この新しい帝国は、現在のオーストリア諸州の他、ハンガリー、ベーメン、その他、
    東南ヨーロッパの諸小国を含むものだった。 1806年、領邦の弱い連合体になって
    いた神聖ローマ帝国は、崩壊した。

    ナポレオンは、フランスの皇帝となり、フランツ2世は、これに対抗して、
    イギリス、ロシア、プロイセンと同盟を結んだ。 ナポレオンは、1809年
    オーストリアに侵入して、フランツ2世は、娘マリー・ルイズをナポレオンと
    結婚させた。 だが1812年、ナポレオンがロシアに敗北すると、フランツ2世は、
    再度同盟を結んで、ナポレオンと戦った。 1815年、同盟国側は最終的な勝利を
    おさめ、ウィーン会議を開いてヨーロッパ各国の国境を定めた。

    この会議でオーストリアはヨーロッパの中心および、東部での支配権を確立した。
    独立の領邦だったザルツブルク大司教管区と、北イタリアのヴェネツィア共和国も
    オーストリアの領域となった。 神聖ローマ帝国に代わって、オーストリアを盟主
    とするドイツ連邦が成立した。

    1c747f24

    【メツテニッヒの時代】
    ウィーン会議でオーストリア代表として活躍したクレメンス・フォン・
    メツテニッヒは、その後、国内の政治を一手におさめた。 彼は、ハプスブルク
    王朝を維持するため、政治活動を制限し、出版の自由を規制する政策をとった。

    新しい産業の興隆によって、オーストリアの各都市には、膨大な数の労働者が
    流入した。 労働者の多くは、不健康な住居に群れをなして住み、賃金は低かった。
    ウィーン、リンツ、グラーツなどの都市では、労働者は、農民と連帯して、
    ハプスブルク政府の変革を要求し始めた。

    1835年にオーストリア皇帝となったフェルディナント1世は、統治者としての力が
    弱く、ハプスブルク一族の者たちに権限を委ねた。

    一族同士の反目から、賃金や労働条件の改善は一向に進まず、1840年代半ばには、
    経済危機と食料不足のため、農民と労働者の間に暴動が続発した。 大学の
    学生たちも労働者と合流して、新しい政府と憲法を要求した。 主席大臣の
    メルテニッヒは、民衆からも政界からも強い批判を受けた。 1848年、
    メルテニッヒは辞任して、イギリスに亡命した。

    メルテニッヒ政権に代わって、比較的リベラルな政権が出来、人民代表議会が
    開かれた。 人民代表議会は、まだ残っていた領主の特権を廃止したが、その他の
    法律については、合意に達することが出来なかった。 ウィーンの街頭で暴動が
    起こり、フェルディナント1世は、首府から逃亡した。 1848年10月、
    ハプスブルク家に忠実な軍来がウィーンに進駐して、街頭デモを暴力的に鎮圧した。
    12月、ハプスブルク一族や顧問官たちは、フェルディナントを説得して退位させ、
    その甥のフランツ・ヨーゼフを即位させた。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 - ユーザー登録完了画面

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1790年のヨーゼフ2世の死後、弟のレオポルド2世と、その息子のフランツ2世が
    相次いで皇帝となり、ヨーゼフの改革に逆行して、言論と出版を厳しく規制した。
    この頃、フランスでは革命が起こり、レオポルド2世の妹でフランス王妃と
    なっていたマリー・アントワネットが処刑された。 1795年、オーストリアと
    フランスの戦争が始まり、オーストリア領ネーデルランド(現在のベルギー)は
    占領された。

    2073858413

    1800年、フランスの将軍ナポレオン・ボナパルトは、オーストリア軍を打ち
    破った。 1804年、フランツ2世は、自らオーストリア帝国皇帝と称した。
    この新しい帝国は、現在のオーストリア諸州の他、ハンガリー、ボヘミア
    (チェコ)、その他、東南ヨーロッパの諸小国をも含むものだった。 1806年、
    領邦の弱い連合体になっていた神聖ローマ帝国は、ナポレオンによって、解体
    された。

    ナポレオンは、フランスの皇帝となり、フランツ2世は、これに対抗して、
    イギリス、ロシア、プロイセンと同盟を結んだ。 ナポレオンは、1809年に
    オーストリアに侵入、ウィーンを占拠し、フランツ2世は、娘であるマリー・
    ルイズをナポレオンと結婚させた。 だが、1812年、ナポレオンが、ロシアに
    敗北すると、フランツ2世は、再度同盟を結んで、ナポレオンと戦った。
    1815年、同盟国側は最終的な勝利をおさめ、ウィーン会議を開いて、
    ヨーロッパの国境を定めた。 この会議で、オーストリアは、ヨーロッパの
    中部、および、東部での支配権を確立した。 独立の領邦であった、
    ザルツブルグ大司教管区と、北イタリアのヴェネツィア共和国も
    オーストリアの領域となった。 神聖ローマ帝国に代わって、オーストリアを
    盟主とするドイツ連邦が成立した。

    57894116

    【ウィーン会議】
    ウィーン会議は、19世紀前半のウィーン体制を成立させることとなった
    重要な会議であり、パリ会議(1856年、クリミア戦争後の講和会議)、
    ベルリン会議(1878年、東方問題での国際会議)と並んで、19世紀の
    三大国際会議のひとつとされている。 ウィーン会議では、オーストリアの
    代表として活躍した、クレメンス・メッテルニヒは、その後国内の政治を
    一手におさめた。 彼は、ハプスブルク王朝を維持するために、政治活動を
    制限し、出版の自由を規制する政策を採った。

    『会議は踊る、されど進まず』という句は、ウィーン会議の議事が進行
    しないことを皮肉った言葉で、オーストリアの将軍リーニュ公が言った
    という。 ザクセン帰属問題、ドイツの組織問題、ワルシャワ大公国処理
    問題でオーストリア、プロイセン、ロシアが対立。 イギリスは、ロシアの
    進出を警戒し、各国代表は互いに牽制し合って話し合いは進展せず、舞踏会
    だけが綺羅びやかに続けられた。 しかし、1815年3月、ナポレオンの
    エルバ島脱出の知らせを受け、急遽結束することになった。

    新しい産業の興隆によって、オーストリアの各都市には、膨大な数の労働者が
    流入した。 労働者の多くは、不健康な住居に群れをなして住み、賃金は
    低かった。 ウィーン、リンツ、グラーツ等の都市では、労働者は農民と
    連帯して、ハプスブルク政府の変革を要求し始めた。

    1835年にオーストリア皇帝となったフェルディナント1世は、統治者としての
    力が弱く、ハプスブルク一族同士の反目から、賃金や労働条件の改善は、
    一向に進まず、1840年代半ばには、経済危機と食料不足のため、農民と
    労働者の間に暴動が続発した。 大学の学生達も労働者と合流して、新しい
    政府と憲法を要求した。 首相大臣のメッテルニヒは、辞任してイギリスへ
    亡命した。

    メッテルニヒ政権に代わって比較的リベラルな政府が出来、人民代表会議が
    開かれた。 人民代表会議は、まだ残っていた領主の特権を廃止したが、
    その他の法律については、合意に達することが出来なかった。 ウィーンの
    街頭で暴動が起こり、フェルディナント1世は、首府から逃亡した。 1848年
    8月、ハプスブルク家に忠実な軍隊がウィーンに進駐して、街頭デモを暴力的に
    鎮圧した。 12月、ハプスブルク一族や顧問官達は、フェルディナントと説得
    して退位させ、その甥のフランツ・ヨーゼフを即位させた。

    【ウィーン会議の時代のヨーロッパの国境】
    06024009309

    【フランツ・ヨーゼフ皇帝】
    フランツ・ヨーゼフ皇帝は、人員代表会議廃止して、ハプスブルク政権の
    権威を回復した。 1855年、皇帝は、国内の学生の管理を、ヨーゼフ2世の
    改革の以前のようにカトリック教会に委ねた。 皇帝はまた、ロシア軍の
    来援を要請してハンガリー内の反乱を鎮圧した。

    皇帝は、国内ではこのような強圧策をとる一方、外交の上では、数々の戦争で
    敗北を重ねた。 1859年、オーストリアは、イタリア北西部の王国
    サルディニアに敗北し、イタリア北部の領土を半ばを失った。 これは、
    1864年、プロイセンとの戦争に敗れ、ドイツ領邦の盟主としての地位を
    放棄した。 この時プロイセンに味方したイタリアにヴェネツィアを割譲し、
    帝国はイタリアの領土をことごとく失った。

    これらの失敗が続くなか、国内の各都市に民衆のデモが起こり、皇帝は新たな
    立法機関として、帝国議会の設置を認めねばならなくなった。  帝国議会は、
    全てのオーストリア市民に基本的な人権を保証する法律を制定した。

    1867年、皇帝は、ハンガリーに別個の憲法の制定と独立した王国の成立を認めた。
    こうして、オーストリア帝国は、オーストリア・ハンガリー帝国として、2つの
    君主国の合同国家となった。 1870年には、プロイセンを盟主とする新たな
    ドイツ帝国が創設されたが、1882年、オーストリア・ハンガリー帝国は、
    ドイツ帝国、および、新興のイタリア王国と三国同盟を結んだ。

    100odestag

    【帝国の内紛】
    19世紀末に、更に新たな市民権を認められたオーストリア人達は、次々に
    新生党を結成した。 成長する中産階級を代表する政党として、自由党が出来、
    カトリック教会を支持する農民と労働者の党として、キリスト教社会党が
    出来た。 社会民主党は、経済システムの変革と私営企業の国営化を主張した。

    国内では、チェコ人、スロヴァキア人、ポーランド人、スロヴェニア人、
    クロアチア人等のグループが自治を望んでいた。 だが、これらの諸民族に
    自治を認める立法は、どこの政党の支持も得られなかった。 これらの少数
    民族グループには、ロシア帝国と東南ヨーロッパの新興国セルビア王国の
    後援があった。

    1908年、オーストリア・ハンガリー帝国が、セルビアに隣接するボスニア・
    ヘルツェゴビナの両州を併合するにおよんで、帝国とセルビアとの関係は、
    増々悪化した。 元々、トルコの領土であった両地域は、かねがねセルビアが
    併合したいと望んでいたのである。

    1914年、セルビアの一青年がオーストリア皇帝フランツ・フェルディナントを
    暗殺した。 同盟関係によって、ヨーロッパのほとんどの国々が戦乱に巻き
    込まれ、第一次世界大戦が始まった。 何週間としないうちに、オーストリア・
    ハンガリーとドイツは、ブルガリアとトルコだけを同盟国として、イギリス、
    フランス、セルビア、イタリア、ロシア、日本を敵として戦っていた。
    この連合国側には、後に、アメリカが加わった。

    【お勧めの一冊】





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    関東の電車に乗っていると、立ちながら寝ている人に少なからず遭遇するが、通勤時間が
    片道2時間などという話は、特に珍しくはなく、会社に到着する前に、疲れ果ててしまう。
    これでは、労働生産性が上がる訳もなく、それでも、当然のように電車に揺られる日々が続く。
    20dd-1
    そのような状況下でも、仕事があるだけ相当ましな方で、関東では、ブラック企業が幅を
    効かせているため、まともな雇用条件すら既に存在せず、ブラック企業の社畜に
    すらなれずに、不安定この上ない身の上で、この先も一生過ごさなければならないという
    不安と日々戦わなければならない。 この先も超高齢化社会の日本で生きて行かなければ
    ならないと考えると、先が全く見ず、いっその事、日本から出て行った方が賢いと常々
    考えているのだが、この国は、そんな余裕すら与えてはくれないため、既に、日本から
    出て行く事すらままならない。



    国民には、ギリギリ生活出来るだけの報酬を与え、後は、生かさず殺さずがこの国の
    理念だと思う。 それを愛国心で誤魔化しては、自分達だけのうのうと暮らしているのが、
    世界の権力者。 『パンがなければ、お菓子を食べれば良い』と言って断頭台の露と消えた
    マリー・アントワネットの時代とさほど大差はないため、この国には、民主主義など存在
    した事がない事が良く分かりる。 火縄くすぶるバスティーユ、フランスで自由を求める
    革命が起きたのは、1789年の話し。 今は、既に2014年となっているが、その当時と
    一体何が違うのだろうか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ