多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:マニトバ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    カナダ・オンタリオ州のキャスリーン・ウィン首相は、今年の春後半から3年間の
    期限付きでベーシックインカム(政府が生活に最低限必要な現金を、国民に
    無条件に支給する構想)の試験導入を行うと発表した。

    このベーシックインカムの対象者は、現在オンタリオ州内で貧困ライン以下で
    生活する4,000人で、3年間実験的に支給される。 キャスリーン・ウィン首相は
    『ベーシックインカムが人々の暮らしに良い影響をもたらすかどうか見極めたい。
    オンタリオ州の経済成長の恩恵は全ての人が受けるべきだ』と述べた。

    fujisawa01

    オンタリオ州はカナダで最も人口が多く、同国の全人口3,650万人のうち
    38%が居住している。 一方、カナダ統計局(Statistics Canada)によると、
    オンタリオ州の住民のうち13%が貧困ライン以下で生活している。

    収入を補助する額は各年、単身者の場合で1人当たり最高1万6,989カナダドル
    (約140万円)、夫婦で最高2万4,027カナダドル(約195万円)で、障害者には
    さらに6,000カナダドル(約50万円)が支給される。 同州では試験事業全体に
    掛かる額を年間5,000万カナダドル(約40億ドル)と見積もっている。

    総額1.5億カナダドル(約123億円)のプロジェクトは、貧困、肥大した官僚制度、
    不安定な仕事の増加への対応策としての試みだが、以前同国で行われた同様の
    実験が政治的理由から途中で終了しており、オンタリオ州でも同じ道をたどる
    のではと危惧されている。

    4d6852d1fef

    ベーシックインカムは、同じカナダのマニトバ州ドーフィンで1974~79年の5年間
    (実施期間は4年間)、ピエール・トルドー首相の下、カナダ連邦政府とマニトバ
    州政府が共同でベーシックインカムのパイロットプログラムを実施し、『MINCOME』
    と呼ばれている。

    『MINCOME』の目的は、無条件に支給される所得によって『人々の労働意欲は
    削がれてしまうのか否か』を明らかにすることであった。 しかし、当時の政権が
    力を失い、この実験はやむなく終了し、そのデータは分析されることのないまま
    お蔵入りとなってしまった。 そのデータが2009年に分析され、2011年に報告書
    として発表された。

    cut005a

    【従来の手当ても継続受給】
    今回発表されたこの実験では、オンタリオ州の3地域に住む18歳から64歳の
    ランダムに選ばれた低所得者4,000人が対象となっており、単身者の場合は、
    最大1万6,989カナダドル(約139万円)がベーシックインカムとして支給
    されるが、就労している場合は、それによって得た収入の半分が減額される。
    例えば年1万カナダドル(約81万円)を稼いでいる人は、BIと併せた年収が
    2万1989カナダドル(約179万円)となる。 医療、子育て、障がい者手当
    などの給付を受け取っている場合は、BI支給後も継続して受けることが出来る。

    州政府は、このプログラムにより、弱い労働者をサポート出来るのか、低所得者の
    健康や教育を改善出来るのか、誰もが州経済の成長を分かち合うことが出来る
    のかを見極めたいとしており、精神衛生、食事、住宅、教育、雇用に関する基準で、
    参加者をモニタリングする予定だという。 プログラムは、あくまでも参加者に
    働くことを推奨するようデザインされているとのことだ。

    ガーディアン紙によれば、世論調査では、現在の自由党政府が次の州選挙で過半数を
    取ることはないとされており、電気料金値上げ、2015年の補欠選挙での買収疑惑
    などで、ウィン首相の支持率は12%まで落ち込み、カナダの州首相のうち最低を
    記録したという。 首相落選、政権交代となれば政策も変わり得るわけで、
    オンタリオ州のBI実験は始まる前からその存続が危ぶまれている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    18世紀になると、イギリスは、カナダに加えて、建材のアメリカにも13州の
    植民地を所有するようになっていた。 アメリカで独立戦争(1775年~1783年)が
    起こり、植民地側が勝利すると、イギリスを支持する多くの英国派(ロイヤリスト)
    達は、独立した新国家に住む事を嫌い、カナダに移り住んだ。 1791年、
    イギリスは、拡大する植民地をアッパー・カナダ、ローワー・カナダとに分割した。

    入植者や探検家が西へ進むにつれて、カナダは、更に拡大し、1812年に
    レッドリバー植民地(現在のマニトバ州)、そして、1848年にブリティッシュ・
    コロンビアを獲得した。 1812年に10万人にも満たなかった人口が、1860年代は、
    300万人に達し、その後もイギリス等からの移民がどんどん入って来て、人口は、
    急激に増加した。

    41261a72.jpg

    1812年、アメリカとイギリスの間で1812年戦争が勃発した。 アメリカ軍が
    カナダに攻め入ったが、イギリス軍は、小部隊ながら、毛皮商やファースト・
    ネーションズ、それに、アメリカに対する忠誠心を既に失っていたロイヤリスト達に
    助けられて、アメリカ軍の攻撃を食い止めた。 この経験により、彼等には、
    侵略者に対抗 する仲間としての意識が芽生えた。 しかし、フランス系の人達は、
    不満だった。 ファースト・ネーションズの指導者達も自分達の土地が入植者に
    取られるのは、面白くなかった。

    1837年、フランス系カナダ人のルイ・パピーノは、ローワー・カナダのイギリス
    政府に対して、反乱を起こしたが、失敗に終わった。

    16ee6411.jpg

    1867年、アッパー・カナダとローワー・カナダは、それぞれ、オンタリオと
    ケベックとなり、この2つとノバ・スコシア、ニューブラウンズウィッグとが
    連合して、政府、議会、首相を持つ英自治領のカナダが出来た。 レッドリバー
    植民地のメディス達は、その一部となる事に反対した。 オンタリオの入植者に
    土地を奪われるのではないかと恐れたのだ。

    1869年、ルイ・リエルは、反乱軍を率いて、植民地の指揮権を握った。 彼は、
    レッドリバー植民地が1870年にカナダの一部となる時に、必ず公平な条件になる
    ように交渉した。 その結果、レッドリバー植民地は、新設されたマニトバ州の
    一部となり、ケベックと同じく、マニトバでも英語とフランス語
    (メティスの言葉)が同等に扱われる事となった。

    リエルは、1875年にアメリカへ亡命をせざるを得なくなった。 1885年に彼は、
    今のサスカチェワン州に戻り、そこで、ファースト・ネーションズを率いて、
    同じような反乱を起こしたが、その時は、リエルは捕らえられ、反逆者として
    レジャイナで処刑された。 しかし、ケベックでは、リエルは、英雄と
    見なされた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ