20世紀のはじめのチェコ人は、ハプスブルグ統治からの独立を要求していた
多くの民族のひとつに過ぎなかった。 数世紀に渡ってバルカン半島を支配
していたオスマン・トルコ帝国は衰退し、答辞の南東ヨーロッパは不穏な情勢
だった。 オーストリアとトルコの勢力に挑戦して、ロシア帝国などの列強が、
中央ヨーロッパに領土拡大と支配の手を伸ばして来た。

オーストリア対ロシアの不穏な情勢が、第一次世界大戦(1914年~1918年)の
引き金となった。 オーストリアはバルカン半島で、ハプスブルグからの独立を
求めるセルビア人と戦うこととなった。

ドイツとオーストリアは同盟を結び、東でロシアと、南でイタリアと戦った。
しかし、チェコ人は同じスラブ民族であるセルビア人はロシア人を相手に戦い
たくなかった。 多数のチェコ人がロシアへ脱出して、チェコとスロバキア
共同の軍隊を組織した。

009327

対戦中、チェコの指導者トマシュ・マサリクとベネシュ、スロバキアの指導者
ミラン・シュテファニックは、チェコとスロバキアにそれぞれ独立国を建て
ようと計画していた。 しかし、情勢の成り行きを見たマサリクは、両者を合体
したチェコスロバキア連邦共和国の建国を決心した。 アメリカ合衆国の州政府の
ように、連邦政府の下にチェコとスロバキアそれぞれに、共和国政府をつくる
ことを約束した。

ドイツとオーストリアの敗北が目前となった1918年10月、マサリクは、チェコ
スロバキアの独立を宣言した。 10日後、マサリクは、初代大統領に就任した。

1918年11月のドイツとオーストリアの降伏の後、ハプスブルグ王朝は崩壊し、
オーストリアとハンバリーも独立国となった。 旧オーストリア領内の国々も
独立を勝ち取った。 同じ頃、ロシア革命が起こり、やがて、東ヨーロッパの
国々を支配する共産主義国であるソビエト連邦共和国設立の切っ掛けとなった。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村