多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:マクドナルド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ボスニアの首都であるサラエヴォからバスで約3時間強で、ヘルツェゴビナの
    中心都市であるモスタルに到着します。 宿は、バスターミナルから歩いて
    数分のところに予約をしていたため、安心していたところ、その宿が一切何の
    連絡もなしに、急に3日間も閉鎖となり、急遽、すぐそばの宿に泊まることに
    なったものの、こちらの奥さんが凄く親切なお方で英語も堪能であったため、
    むしろ、こちらの方が良かったと思いました。

    とりあえず、モスタルに到着したら、世界遺産である『古い橋』を見なければ
    何も始まらないため、バスターミナルから約1キロほど離れた世界遺産へと
    出掛けました。

    【夜のモスタル】
    IMG_1918
    IMG_1919
    IMG_1920
    IMG_1921
    IMG_1925
    IMG_1926
    IMG_1927
    IMG_1928
    IMG_1929

    モスタルでは、モスクが乱立しており、完全にイスラムの世界。 もしろ、
    ヨーロッパ的な要素は何もありません。 強いて言えば、石造りの街並みが、
    若干ヨーロッパ的なだけで、街中から聞こえて来るのは、コーランばかり。
    1ヶ所だけカトリックの教会がありましたが、単なるお慰み程度の教会であるため、
    稀にしかないクロアチア人のためだけにある教会なのでしょう。 尚、
    Julius Meinl は、オーストリアでは、BILLAと並んで、非常にメジャーな
    スーパーですが、何故かモスタルにもありました。

    この日は実は、夜まで何も食べていなかったため、モスタルの雰囲気のある橋の
    たもとで食事を取ることにし、ボスニア風ケバブとボスニアのビールを注文
    しました。

    翌朝は、午後12時30分にドゥブロブニク行きの最終バスが出てしまうため、
    朝一番でバス乗り場に行き、切符を購入し、そのまま、街中の観光へと繰り出し
    ました。 と言っても、モスタルは、基本的に、『古い橋』以外、特に見る物が
    ない街であるため、今度は中心部を通って、『古い橋』へと向かう途中、銃弾の
    跡が、あちらこちらに残っていました。

    【モスタル中心部】
    IMG_1931
    IMG_1934
    IMG_1936
    IMG_1937
    IMG_1938
    IMG_1939
    IMG_1941
    IMG_1942
    IMG_1944

    モスタル市中心部を流れる川を渡る途中、山頂にある十字架が見えましたが、
    カトリック教会は、ボスニアでは、存在感が極めて薄いため、至る所で、これ見よ
    がしに巨大な十字架が建っていました。 この十字架を見て、このすぐそばには、
    カトリック教会があるという風に分かるシステムの様です。

    海外に行って、最も行く場所と言えば、マクドナルドw 基本的に、地元の料理
    なんぞは一切食べませんので、時間の掛からない、かつ、味が予想出来るマックで
    十分w 材料すら分からない得体の知れない食べ物は、非常に苦手。

    単に、橋の反対側を歩いて来ただけで、川のどちら側から来ても、『古い橋』
    までの距離は、余り変わりません。 ボスニアではカトリック教会は多少なりとも
    あるものの、セルビア正教の教会は見掛けなかったため、恐らく、内戦で破壊
    されたものと思われます。

    【モスタル市中心部】
    IMG_1945
    IMG_1946
    IMG_1947
    IMG_1948
    IMG_1949
    IMG_1951
    IMG_1953
    IMG_1955
    IMG_1956

    それ以外は、100%イスラムの世界であるため、観光客もほぼ全員イスラム教徒
    ばかりでした。 その後に行った、ドゥブロヴニクとは、客層が全然違っています。
    正に、イスラムがイスラムを呼ぶという感じでした。 世界遺産である
    『モスタルの古い橋』は、内戦中に破壊されてしまったため、内戦が収まった後に
    再建されたため、よくよく見ると、修復後の境界線が分かります。 イスラム教徒に
    大人気の観光スポットであるため、昼間に行くと、満員電車並みの混雑に遭遇する
    こととなります。

    毎日、定時になると、川のほとりに複数あるモスクから、コーランの祈りが響き
    渡るため、ヨーロッパに居るとは思えない程の完璧なイスラムの世界です。 尚、
    ボスニア・ヘルツェゴビナは、旧ユーゴ内での民族浄化等により、ヨーロッパでも
    最貧国の部類に入りますが、月給にして2万円程度のウクライナと比較すると、
    平均月収は13万円程度あるそうなので、ウクライナと比較すると、相当ましです。
    物価も日本よりは若干安い程度なので、東京とさほど差はないと感じました。
    恐らく、東京での現在の平均給与は25万円程度で、横浜だと20万円程度しか
    ありません。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    連合カナダ植民地と大西洋沿岸諸州の代表が集まり、カナダ連邦の構想が討議
    された。 1866年、この会議でまとめられた計画がイギリス政府に提出され、
    翌年、イギリス領北アメリカ法を制定した。 カナダ自治領は、下院(選出制)と
    上院(任命制)より成る議会制度を採った。 元首は依然としてイギリス国王
    であり、国王の代理として総督が置かれた。 よって、自治の権限は拡大
    されたが、まだ完全な独立国家ではなかった。

    カナダ自治領を結成したのは、オンタリオ(旧アッパーカナダ)、ケベック
    (旧ローワーカナダ)、ノバスコシア、ニューブラウンズウィックの4州だった。
    ニューファウンドランドとプリンスエドワードアイランドの2州は、加盟を拒んだ。
    自治領カナダの初代首相には、カナダ保守党の党首ジョン・A・マクドナルドが
    就任した。

    これらの政治改革に対して、メティス(フランス系とインディアンの混血)と
    呼ばれた農民たちは抵抗した。 メティスは自治領が拡大されて、レッドリバー
    植民地周辺の自分たちの農地が脅かされることを恐れたのである。 1869年、
    ルイ・リエルに率いられたメティスは反乱を起こしたが、政府軍によって静め
    られた。

    1870年にカナダ政府はハドソン湾会社の広大な土地を買い入れ、マニトバ州と
    ノースウェスト準州をつくった。 1871年に大陸横断鉄道の敷設が計画されると
    (1885年に完成)ブリテュッシュ・コロンビアがカナダ連邦に加盟、1873年には
    プリンスエドワードアイランドも加わった。

    canadaap

    【カナダ自治領初期】
    1873年、マクドナルド政権は、政治献金と鉄道建設をめぐる汚職が元で総辞職
    した。 次の選挙では、自由党の党首アレグザンダー・マッケンジーが勝利を
    おさめ、首相となった。 新政権は、カナダの自治を一層強化する改革を行った。
    だが、経済が行き詰まり、不況を抑えることが出来なかったマッケンジーは、
    1878年の選挙で敗北し、再びマクドナルドが政権の座に就いた。

    マクドナルドは、先の総辞職の原因となった大陸横断鉄道を完成させなければ
    ならなかった。 鉄道敷設に反対していたメティスは、歓声が間近になったのを
    切っ掛けに、70年代の末から80年代に掛けて、再び反乱を起こした。 前回の
    蜂起のうち、サスカチュワン川流域に移住していたメティスは、鉄道の敷設に
    より、カナダ中部への殖民者が増えたため、自分たちの新しい農地から追われる
    危険を感じたのである。

    JTB00701

    1885年にルイ・リエルが呼び戻され、メティスを率いてノースウェスト反乱を
    起こした。 だが、反乱を再び、瞬く間に鎮圧され、リエルは反逆罪で処刑された。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ソ連崩壊直前の1989年当時、ロシアの通貨であるルーブルは、360円だった。
    但し、その年にロシアルーブルは一気に下落して、10分の1の価値である、36円
    まで暴落した。 ここからロシアの経済危機とハイパーインフレが始まった。
    90年1月には、モスクワのプーシキン広場に初めてアメリカ資本のマクドナルドが
    進出し、ソ連の歴史が始まって以来、身分の高い店員様が客に対して、
    『ありがとうございました』と言ったことが非常に話題となった。 それまでの
    ソ連の店では、客が店を後にする際に『ありがとう』と言い、店員の言葉と言えば、
    『どういたしまして』が普通だった。
     
    当時、和食レストランは、モスクワでは『サクラ』という一店しか存在していな
    かったのだが、今では、モスクワ市内だけでも、700店を超えるのだとか。 今や、
    ユニクロや丸亀製麺までもが進出を果たしており、この25年間のロシアの変貌振り
    には驚きを隠せない。 恐らく、この25年間でここまで変貌を遂げた国は、ロシア
    以外にはないであろう。 中国も大変貌を遂げてはいるものの、社会主義から資本
    主義への転換はしていない。 ロシアが最も変わったところは、やはり、社会主義
    から資本主義へと転換し、地獄の底を這いながらも、ここまで経済発展したところに
    尽きる。 現在のモスクワ・シティーは、新宿と何ら遜色がないばかりか、むしろ、
    発展している。 これが、経済危機で何年も完成が遅れた建物群かと見まごうばかり
    である。

    15356683_1529884713695611_5424959815758522771_n

    ソ連当時、バスのチケットは、運転手から買うものだった。 よって、車内で隣の
    人にお金を渡せば、めぐりめぐって、自分のところへチケットとおつりが返って
    来るという、非常にのどかなものだった。 その後、ソ連が崩壊してしまったため、
    このような風習はすっかりと消え去った。 ソ連時代の最大の特徴は、民族友好で、
    ソ連国内に約180も居る多民族は、皆平等なソ連人だった。 基本的に国民全員が
    公用語であるロシア語を操り、社会主義の時代は、国をあげて教育にも熱心に力を
    入れたため、あれだけ広大な国であるのにも関わらず、ロシア語には方言という
    ものがほぼない。

    社会主義とは、アメリカ的なイデオロギーから見ると、悪らしいが、国家が計画的に
    経済を建設する社会であったため、国民全てに、マンションと別荘も与えられる
    という、強欲資本主義では到底あり得ない特典もあった。 よって、贅沢さえしな
    ければ、皆が幸福で居られる社会でもあった。 それゆえに、逆に発展性がなく
    なり、働いても働かなくとも、給与は同じという生温い社会が70年間も続いたため、
    ソ連は崩壊したとも言える。


    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    資本主義の象徴、アメリカ。 その実態は、世界一の肥満帝国。 そのアメリカの
    肥満の元となっている原因は、単なる食べ過ぎ。 比較的小食な日本人と比較
    すると、その数倍は食べているため、太らない理由がない。

    日本人が、アメリカに
    行くと前菜のサラダの時点で既にお腹が一杯になる。 砂糖が
    たっぷりと入ったコカコーラや、炭酸飲料のガブ飲みは当たり前。 ファーストフードに
    行くと、飲み物は、フリードリンク形式が多いの肥満の原因と
    なっている。 その
    アメリカを痛烈に皮肉った画像がこちら。

    541862905364.jpg



    33479355274.jpg

    9087888435646.jpg

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    90年代後半以降、日本では、外国人を見掛ける機会がメッキリと増えたが、それは、
    日本への観光客が増加傾向にあるのと、地方にある工場での労働者が増えたため。
    最近の首都圏のコンビニ、ファミレス、マクドナルド等では、日本人の店員を探す方が
    困難だが、更に近年になって、大手家電量販店では、 中国人の店員が増加している。

    1441

    日本では、一見、何の変哲もない風景になりつつあるが、問題なのは、その労働条件。
    日本人労働者と比較すると、明らかに差があるのが分かる。 最近のブラック企業では、
    人件費の高い日本人の雇用を避け、安い労働力として、外国人を雇う事が多い。 つい
    数年前までは、不景気のどん底に沈んでいた日本経済は、多少なりとも上向き傾向に
    あるため、最下層の労働市場では、労働力不足に悩んでいる。 このような職場には、
    必ずブラジル人が働いていたが、数年ほど前に、帰国政策を行ったため、ブラジル人の
    数は、激減し、最大時に比較すると、概ね半分以下まで減少している。

    これは、日本の景気が余り良くないのと、母国であるブラジルの景気がかなり上向いて
    いるためで、ブラック企業での労働に疲れ果てて母国に帰国する外国人も実はかなり
    多い。 それでも、数年間だけ日本で働けば、母国での給与の何倍ものお金を稼げる
    ため、日本を目指してやって来る外国人は多い。 実際に、日本へやって来てから、
    説明された仕事の内容と違うというトラブルが発生しており、帰国後に、日本が嫌いに
    なる外国人も出る始末。

    kannkoku

    日本政府は、『クールジャパン』政策により、国外でのある一定のイメージの形成に
    成功しているが、日本にやって来て、まともな仕事を見るけられるのは、英語が母国語で
    ある場合にほぼ限定される。 ドイツ人やフランス人の場合は、母国の企業から送られて
    来ている人達が殆どであるため、そこそこの生活を維持出来るが、それ以外の外国人は、
    社会の底辺での労働を課せられる。

    日本人よりも劣悪な労働条件の元で、しかも、安い賃金での労働となるため、当然、
    日本人の労働賃金も上がらない。 労働賃金の賃上げを要求しようものなら、経営者は、
    外国人の労働者を雇うためだ。 安倍政権が目指している、外国人労働者の受け入れ
    問題は、単に安い労働者を大量に確保したいだけであり、経営者にとっては、安い使い
    捨て人材が容易に確保出来るようになるため、願ったり叶ったりだが、そのような事
    ばかりを繰り返していると、経済が立ち行かなくなるため、日本はいつまで経っても、
    デフレスパイラルからは抜け出せない。 外国人労働者たちも、日本語を喋れないという
    理由により、日本社会から孤立している場合が多く、声すら上げられずに葬り去られて
    いるため、日本における外国人労働市場の闇はかなり深いと言わざるをえない。

    jinkoyou

    現在、日本では、中国人労働者が最も多く、韓国、ブラジルおよびペルー(主に日系
    労働者)、フィリピン等からの労働者が多いとされ、外国人登録者数では、在日中国人
    (台湾人を含む)が最も多くなっている。 不法滞在者数は、毎年韓国人が1位となって
    おり、それ以外にもタイ、アメリカ、インドネシア、イラン、インドからの労働者の流入が
    見られるが、その中には、渡航費用や滞在費を作ろうとして、家財道具を含む家屋を
    売り払って来るケースも見られる。 斡旋ブローカーに渡航費用を前借りして来日する
    ケースも多いが、ブローカーに多くの借金を抱えている為、これが人身売買に該当すると
    指摘されている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ