多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ホウレンソウ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現在の日本社会では、誰も責任を取らず、何もかも上へのホウレンソウで時間が
    掛かり過ぎるため、一切何も変わらない。 例え、待っていたとしても、明確な
    回答は得られないため、自分の頭で考えて、自ら行動した方が遥かに早い。

    海外では、このような当たり前のことが当然のように行われており、自らの仕事を
    責任を持って遂行しているが、日本の場合は、全くの真逆で、このような思考停止は
    非常に危機的だと感じる。

    管理者や経営者は、誰も全く責任を取らず、次々と金儲けばかりをしては、その負の
    部分ばかりを従業員に押し付けて来るため、今の社会構造を根本的に変えない限り、
    この閉塞感は何も変わらない。 日本の場合は、このようなことを言い出すと、何も
    かもその言いだしっぺにおんぶに抱っこで、誰も手伝わないどころか、むしろ
    見殺しにされるため、誰も何も言えない社会となっている。

    他人と自分を一々比較するのは、不幸になるので止めるべきなのと、ありもしない
    噂ばかりを信じて、周囲に迷惑ばかりを掛けているという自覚がない国民性なので、
    付き合う人間と正しい情報は、自分の頭でしっかりと考えてから選ぶべき。 
    最終的に、それが出来ない人間は、足を引っ張られるだけの人生で終わる。 周囲の
    しがらみや過去を捨てられない人間には、まともな未来など開けないことも自覚
    すべき。 『両手に一杯荷物を抱えた人間は、新しい荷物を持つことが出来ない』
    とは、どこぞのお方のありがたいお言葉。

    tcm1021603077

    日本が他国と比較して、劣っていると感じる部分は多々あるが、最も酷いと感じる
    のは、何か不満や変だと感じた事を人前では一切口に出来ないところ。 いわゆる、
    暗黙の了解が社会を支配しているため、言わなくても分かるだろうから、何も
    言わせない社会へと変貌を遂げている。 このような社会では、不幸な人間か
    バカな人間しか育たないため、稀に文句を言ったとしても、何の裏づけや知識も
    ないまま、ただ感情の赴くままに、とりあえず否定するしている人間が多過ぎる。

    何かを否定する際には、必ずその裏付けが必要なのだが、最も面倒なのは、何の
    知識も持ち合わせていないのに、感情だけで押して来る人間で、単に気に入る
    入らないの低レベルな会話を持ち掛けて来るのだが、これはハッキリ言って、
    迷惑としか言いようがない。 更に厄介なのが、勝手な決め付けだけで話して来る
    人間で、実は日本人には、このタイプが非常に多い。 よって、最終的には、
    八方美人的な、誰にでも受け入れられるような玉虫色の回答が好まれるのだが、
    そのような曖昧極まりない回答では、誰も納得しないばかりではなく、誰も幸せ
    にはなれない。

    at0302030

    日本の学校教育では、良いことも悪いことも全て一緒くたにして、何もかも丸く
    治めることばかりしか教えてはいないため、議論が全く成り立たない。 誰かの
    意見を否定する際には、まずは、その人の意見に耳を傾け、真摯な対応をする
    必要性があるのだが、ネトウヨなどに代表される、一方的、かつ、極端な人間の
    場合は、話す価値すら見出せない。 相手を認めることすら出来ない人間の
    場合は、当然、相手からも認められないのが世の常識なのだが、そのような
    基本的なことにすら気付いてはいないため、一向にらちが明かない。

    会話や議論というものは、相手があってこそ成立するものなので、一方的に自分の
    意見ばかりを述べるのは、相手に対して非常に失礼。 その失礼が原因で、相手
    にも受け入れられないのだが、東日本大震災以降に渋谷と銀座で沸いて出た数々の
    デモ団体は、この部分を完全無視して、ウソでも大勢で騒ぎ立てれば事実になると
    ばかりに、一方的に物事を述べているので、一切近寄りたくない。

    このような愚かな人間は、どこの国に行っても必ず一定数居るのだが、似たような
    人間ばかりがおのずと集まるのは、その思考回路が元々似ているのと、好きと
    嫌いは表裏一体で紙一重であるため。

    何かを否定する際には、資料となるデータだけを基準とし、感情などという無用な
    ものは一切入れて欲しくはない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ブラック企業が社会問題となって久しいが、最近では、厚生労働省や労働基準監
    督署からの抑制が実質ない事を理由に、ますますその酷さに磨きが掛かっている。
    ブラック企業と一口に言っても、その種類は千差万別なのだが、その主な特徴
    としては、以下のものを挙げることが出来る。 

    1.  経営者が社員に対して、多くの事柄を求め過ぎる。
    2.  ワンマン社長が経営しているため、経営者の考え方を100%押し付けられる。
    3.  選択肢が一切用意されていない。 当然、誰も経営者を批判出来ない。
    4.  会社を辞める選択肢がない。 なかなか会社を辞めることが出来ない。
    5.  24時間体制で働かなければならない。 深夜まで働くのが当たり前。
    6.  祝日や土曜日は基本的にない。 深夜や日曜日も必要に応じて働かなければ
         ならない。
    7.  連絡用として、携帯電話を持たされるが、時間を気にせず、24時間体制で
         連絡がある。
    8.  何か間違いを犯した場合、『社員の過ち』と称して、実名入りで社内で
         大々的に公開される。
    9.  通勤時間を短縮するために、引越しが強要される。
    10. 会議やミーティングがやたら多く、しかも、長い。
    11. 会議の準備と称して、更に前倒し、或いは、後ろ倒しで会議が行われる。
    12. ホウレンソウが徹底されているため、自己決定権がない。
    13. 長年働いている社員は、飼い慣らされているため、このような状況を変だと
          思っていない。
    14. 入社したが最後、完全に社畜扱い。
    15. 経営者目線で物事を考えろと言われるものの、情報が公開されていない。
    16. 社則は、基本的に目に見える場所にはない。
    17. 社則自体に理不尽な事柄が平気で記載されている。
    18. 自分の頭で考えろとしょっちゅう言われるものの、そのような社員は、
          早々に辞めて行く。
    19. 長時間労働、休日出勤が常習化しているため、社内の雰囲気が重い。
    20. 残業代は、当然出ない。
    21. 社長の機嫌が悪いと、終電が終わるまで全員が叱られる。
    22. 残業をするために仕事をしている。 仕事内容がコロコロと平気で変わる。

    c7c98_1385_0569f9bb_c619a764

    この他にもブラック企業の特徴は、職種によって、色々とあるのだが、主たる特徴
    としては、長時間労働、祝日、深夜労働が常習化しているところで、正に、人生の
    その全てを企業に捧げない限り、到底勤まらない。 最近では、右も左もブラック
    企業化してしまったため、周囲にこのような事柄を相談したところで、同じような
    状況ばかりで、何ら問題の解決にはならないことが多い。

    ブラック企業の経営者にとっては、社員を思考停止へを導き、己の欲望を満たす
    ために社畜を思い通りに使いこなさなければならないため、結果的にこうなる
    のだが、責任だけ自分に押し付けられて、無能な社員に毎月給料を支払わ
    なければならないと考えている経営者がその殆どであるため、そもそも、
    このような悪徳経営者は、経営者になるべきではない。

    7587b1385

    社員に多くのことがらを求める割には、経営者と社員は、決して対等になることは
    ないのだが、ブラック企業の経営者たちの多くは、まともな社会経験がなかったり
    するため、まともな考え方が出来ていないことが多い。 あるいは、長年大企業等に
    属しており、長年の悪習に慣れ切っているため、いざ、自分の順番が回ってくると、
    威張り散らす人間が多い。

    新興のブラック企業と長年の悪習によりブラック化した企業とでは、その転換過程に
    大きな違いがあるのだが、大手メーカーに代表される悪習派ブラック企業では、
    己の分け前を死守するために、派遣社員ばかりを採用し、正社員の数が年々減り
    続けており、『協力会社』という名前の『奴隷』に何もかもを丸投げするため、
    その下請け企業も当然ブラック化する。 新興派ブラック企業の場合は、悪習派を
    十分に参考にしつつ、更に、理不尽な事柄が追加されているため、手に負えない
    ことが多い。

    総じて、ブラック企業の経営者、何もせずにダラダラと作業をするなんちゃって
    社員双方に問題があるため、日本の労働生産性は、先進国の中で最も低い部類に
    入る。 その場を暖めているだけで、特に結果を求められない職種の場合は、
    その傾向が顕著になっており、市役所等のお役所仕事が周囲にブラック企業
    ばかりを作り出しているとも言える。

    日本の長時間労働の問題点は、『ホウレンソウ』が徹底されているため、自分では
    判断が出来ずに、長時間待たされることが多いのと、むしろ、何も考えてはいけ
    ない『思考停止』が主な問題だと思われる。 ブラック企業一掃のためには、
    厚生労働省、労働基準監督署、ハローワーク等が、積極的にブラック企業一層に
    動かなければならないのだが、現在の政府がこの問題に関して、かなり消極的で
    あるため、国民ひとりひとりが声を出して、現状を改善するしかない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    転職する?続ける? に参加中!

    長時間労働が多く、残業がなかなか減らせないのが日本社会なのだが、その日本では、
    ビジネスマナーとして、仕事をスムーズに進めるために欠かせない『報告』『連絡』『相談』の
    事を省略して、『ホウレンソウ』と言うが、目を海外に向けて見ると、ドイツやロシアなどでは、
    そもそも、作業上の『ソウレンソウ』なるものが特にないため、それぞれの社員が自分の
    仕事を責任を持って全うする事が常識となっている。

    KTS08-0310-0101

    日本の場合は、1人の社員に対して、何もかも責任が一極集中するため、それを避ける
    ために、他者への『ソウレンソウ』でとりあえず誤魔化し、自分の責任ではない事を
    主張しなければならないが、この『ソウレンソウ』は、そのシステム上、承認が降りる
    までに、極端に時間が掛かるため、なかなか話が先に進まない事が多いのが現実。
     
    日本には、『石の上にも三年』というありがたい諺がある事でも分かるように、同じ場所に
    長く居さえすれば、特に何かをしていなくとも、仕事をしていると周囲から評価されるため、
    無能な人間に限って、率先して無駄な残業をしている場合が多く、このような人材が
    そっくりそのまま上司に繰り上がっているお陰で、日本社会においては、定時で帰宅する
    事は、正に夢物語。 更に、日本では、女性の社会進出が極端に遅れているが、それは、
    そもそも、収入の男女格差があり過ぎるのと、転職は『悪』という認識しか持ちあわせて
    いないため、例え、出産で会社を辞めたとしても、周囲からは、マイナス評価しか受けない。

    東京では、バスの24時間運転が定着せずに終わったが、その理由は、『最終バス』を
    理由に帰宅出来るという理由が恐らく第一で、バスが24時間化されてしまうと、いつまで
    経っても家には帰れない。

    2015042000066_2

    女性の社会進出が遅れている煽りで、仕事は、何もかも男性ばかりに押し付けられるため、
    日本の男性の自殺率は、女性の2倍以上となっている。 日本で長時間労働がなくならない
    根本的な理由として考えられるのは、『一切何も自分では判断をしてはいけない』が
    大前提であるため、とりあえず、何もかも右から左に流し、その間、何も考えずにボーっと
    待っていなければならないため。 他の社員との仕事の役割分担も全くもって明確化
    されてはおらず、例え、自分の仕事が全て終わったとしても、周囲にまで声掛けをして、
    仕事が遅い社員の仕事までをも率先して抱え込まなければならないため、一筋縄では
    行かない。

    仕事が遅いのであれば、早急に辞めて行って欲しいところなのだが、仲良しごっこが
    大好きな日本では、そのような不都合な事実は口が裂けても言えない。 最近では、
    何もかも中国に丸投げしているため、実際の仕事はかなり激減りしている筈だが、
    それでも、仕事をしているフリだけは欠かせないため、残業は無くならない。 無能な
    人間が、会社で自己主張出来るのは、残業だけと言っても過言ではない。 よって、
    日本人の作業効率の悪さは、世界最低ランクとなっている。

     img01-big

    戦後の日本は、たまたま、このような『ド根性理論』の仕事の進め方で上手く行って
    しまったため、その悪しき風習がそのまま残った訳だが、仕事が出来ない人間は、
    とっとと切り捨てて、まともな人間だけで仕事を進めた方が、効率的には、かなりまし。
    但し、仕事が出来ない人間に限って、絶対に会社を辞めないという恐ろしい規則が
    あるため、企業側は、怖過ぎて、正社員をまともには雇えない。 バブルボケ世代の
    場合は、高卒であろうが、短大しか卒業していなかろうが、楽に大手企業に入れた
    ため、仕事の出来なさ加減は、尋常ではない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本では、仕事をする際に、徹底して『ホウレンソウ』が刷り込まれているのだが、
    これを世界レベルに水平展開出来るのかと言えば、まず無理と言える。 その
    理由は、国民のそれぞれの常識水準がバラバラであるため、Aと言われたことに
    対する反応が、1にも2にも3にもなり得る、つまり、答えは一つではないという事が、
    裏目に出てしまう事が多くなるため、このような事を未然に防ぐために、アメリカでは
    マニュアル文化が非常に発達した。

    アメリカでは、技術のぶれがないように機械化を進め、どこでも同じ味の
    スターバックスが味わえるが、それは、労働者個々のブレが極力少なくなるための
    秘策とも言える。 更に、従業員に対しては、マニュアルを用いて徹底的に社員
    教育を行い、一定の質のサービスを維持している。

    日本では、『ホウレンソウ』が骨の髄まで染み渡っているため、極論すれば、社員
    教育等がなくても学校教育や日常生活を通じて基本が出来ているため、
    『習うよりも慣れろ』の精神に則り、多少強引ではあるが、即戦力にはなりやすい。
     
    20081225

    では、マニュアルに書いていない『意地悪』を日本と北米でするとどうなるのか?
    北米の場合は、従業員がアドリブを効かせて、気の利いたことをしてくれることが
    往々にあるのだが、それは個人の判断に寄るところが大きく、常日頃から自分の
    意見を口に出しているがゆえの判断力の賜物とも言える。

    一方の日本は、ある一定レベルまでは完璧なものの、そこから一歩でも外れると、
    途端に訳が分からなくなり、対応出来なくなる事が実は多い。 敷かれているレールの
    上では、能力以上の仕事ぶりを発揮するものの、それ以外では、むしろマイナス。
    これは、応用力等一切問われない学校での『詰め込み教育』の賜物とも言える。 

    そもそも、日本の協調性とは、高いところに合わせるのではなく、低いところに全て
    合わせるため、やる気のない人間には打って付け、やる気のある人間には、地獄と
    なっている。 この国の一番ダメなところは、上のレベルの人たちを寄ってたかって
    引き釣り下ろしているため、単に足の引っ張り合いになっているところ。

    最近では、この『協調性』が余りにも勢力を増したため、既に『全体主義』の域にまで
    達しているのだが、 あくまでも、他者と違う事を極端に嫌う民族性であるが故、
    更には、それを他人にまで無理やりゴリ押しし、自分を常にその中心に置いて、
    安心するという妙な空気すら漂っているため、一言で分かりやすく日本社会を説明
    すると、『物の豊かな北朝鮮』とも言えるのかも知れない。

    元々、ひとりひとりの考えや行動が異なるのは、むしろ、自然な事であるため、
    それを無理やり他者にまで押し付けるのは、やはり、全体主義と言わざるをえない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ