多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ペテロパブロフスク要塞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1704年から、フィンランド湾内のコトリン島に海軍基地クロンシュタットの
    建設が始まった。 更にウサギ島の対岸、ネヴァ川の左岸には海軍造船所が
    作られた。 これが後の海軍本部となる。

    ピョートルは国の統治を引き続き、モスクワのクレムリンから行っており、
    戦争のため各地に転戦した。 スウェーデン国王軍との決戦は、遠くウクライナの
    地ポルタヴァで1709年春に戦われた。 ピョートル軍は、カール12世軍を
    撃滅した。 戦争はなお12年続くが、ポルタヴァの勝利以後は、ロシアは
    バルト海沿岸でスウェーデンを圧して行った。

    1710年、ピョートルの軍はペテロパブロフスク要塞の北のスウェーデンの要塞
    ヴイボルクを占領した。 更にこの年、スウェーデン軍からレーヴェリとリガ
    という重要な港湾を奪った。 これによって、バルト海の南岸かがロシアの
    占領地域に入った。

    ペテロパブロフスク要塞は最前線の要塞ではなくなり、この要塞の周りに生まれ
    つつある都市の安全性は強固なものとなった。 この年ピョートルはネヴァ川が
    南の方角に曲がっているところ、かつてのスウェーデンの砦ニエンシャッツがあった
    ところの対岸にアレクサンドル・ネフスキー公の名を冠した修道院を建てさせた。

    Petr1838

    1240年、ノヴゴロドの公アレクサンドルがネヴァ川の流域でスウェーデン軍を
    打ち負かした勝利を讃えて、その戦闘があったと考えられた場所を選んだのである。
    これが後のアレクサンドル・ネフスキー修道院の基である。 更に同じ年、
    ピョートルは海軍造船所の近くにイサーク寺院を建立した。 正教の暦では、
    ダルマチアのイサークという聖人の日が5月30日と定めされていたが、この日が
    ピョートルの誕生日であった。

    1711年には、ピョートルのための最初の宮殿、冬宮がネヴァ川のほとりに建て
    られた。 これは5年後に建て直しになる程度の建築だったが、今やピョートルの
    住居は小屋から宮殿になったのである。

    56789012

    この要塞と海軍造船所のある北辺の拠点について、ピョートルは1704年9月28日に
    メンシコフに送った手紙の中に3、4日後に首都ペテルブルグに行くと書いている。
    これがピョートルがペテルブルグについて首都と述べた最初の例外的なケース
    であった。 だからと言って、ピョートルがこの時ペテルブルグを首都にすると
    既に決めていたことにはならない。 いずれにしても、スウェーデン海軍の攻撃は
    1705年夏までは続いていたのである。

    1709年のポルタヴァでの勝利の後、1711年ピョートルはモスクワに元老院を
    設置し、9名の議員を任命した。 貴族会議に代わって、皇帝の命令を遂行し、
    重要案件については皇帝に代わって仮の決定を下す中央統治機関とした。
    この機関が1712年にペテルブルグに移ったのは、翌1713年だが、これは重要な
    決定であった。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ネヴァ川は、ラドガ湖から発してフィンランド湾に流れ込む。 全長74kmと
    短いが水量の豊富な大河である。 『ネヴァ』という名称は、フィン語の
    Nevajoki から出ているが、これは、 Neva(沼)という言葉が元となっている。

    確かにこの川の河口は、沼沢地帯であった。 この川の周辺に住んでいたのは、
    フィン人であった。 この地に勢力を伸ばしていたのは、スウェーデン国家と
    ノヴゴロドというロシアの都市国家である。

    1300年、スウェーデンはネヴァ川にオフタ川が流れ込むところにランズクローンの
    砦を造った。 1年後にその砦はノヴゴロド人によって破壊された。 1323年の
    講和で、ネヴァの流域は、ノヴゴロドのものとなり、ラドガ湖からネヴァ川が
    始まる辺りにオレーシュクの砦が造られた。 その状態が1609年まで300年近く
    続いた。

    17世紀始め、ロシアは『動乱』の世となり、国が乱れに乱れた。 ポーランド王の
    軍にモスクワが占領されるという事態も生じた。 1611年、スウェーデンも
    ロシアに兵を進めて、ノヴゴロドまでを占領した。 ネヴァ川流域も
    スウェーデンの支配下に入った。

    ed0020db

    破壊されていたランズクローンの砦の後には、ニエンシャンツの砦が造られた。
    オレーシュクの砦は、スウェーデン風にノーテブルグの砦と改称された。
    1613年、動乱を克服したロシアは、ミハイル・ロマノソフを皇帝に選んだ。
    彼は、4年後にスウェーデンのグスタフ・アドルフとストルホヴォの講和を結び、
    ノヴゴロドを取り戻したが、東カレリアとネヴァ川流域一帯に対するスウェーデンの
    領有を認めた。

    スカンジナビア半島から発して、バルト海沿岸に覇権を広げた強国スウェーデンの
    威光は、1世紀続いた。 反抗の時をうかがっていた各国は、1700年に行動を
    起こした。 ロシアの若き英主ピョートルもこの年にスウェーデンに戦いを挑んだ。
    だが、8月にスウェーデンの要塞ナルヴァを包囲したロシア軍は、ピョートルより
    年少のスウェーデン王カール12世の精鋭部隊に壊滅させられてしまう。
    ピョートルは兵を退き、カール12世がポーランドに転戦している間に、ネヴァ川
    流域のスウェーデン領インゲルマンランドを攻めた。

    1702年10月、ノーテブルグの砦がロシア軍の手に落ち、シュリッセリブルグと
    改名された。 1703年4月には、ロシア軍はニエンシャッツの砦を包囲した。
    ピョートルも七個中隊の兵を引き連れて到着した。 スウェーデン軍は降伏を
    否定して、ロシア軍の砲撃を受け、砦は5月1日(12日)に陥落した。 この時、
    スウェーデン軍の軍艦2隻が救援に来たが、ピョートルは、ニエンシャンツの
    砦を我が物とし、これにシュロットブルグ(城の町)という名を与えた。

    maxresdefault

    ピョートルは親政開始後、オランダ等に大使団を派遣し、オランダをあがめていた。
    命名はオランダ語によるものであった。 もっとも、彼にはこの砦の位置が不満
    であった。 海から離れていては、海軍基地と結びつかない。 そこで、ネヴァ川が
    3つに分かれているところの中央にある島エニサーリ(ウサギ)島に注目し、ここに
    要塞を造ることを決め、ただちに着工した。 1703年5月16日(27日)のことで
    あった。 ウサギ島は、ニエンシャンツの砦からは、ほぼ6キロ離れており、
    それだけ海に近い場所にある。

    この日ピョートルは、ここに居なかったので、着工は彼の意を受けた腹心の
    メンシコフの仕事であったが、恐らく、場所選びにはピョートルの意思も加わって
    いたのであろう。 数日後、戻って来たピョートルは、ただちに自分用の住居を
    ウサギ島から遠からぬ川岸に建てさせ、3日で完成した。 松の丸太で作られた
    この小屋が後に『ピョートルの小屋』と呼ばれるものであり、ペテルブルグの
    建築物第一号ということになる。 ピョートルは、ここに滞在する時は、この
    小屋に泊まった。

    105277

    要塞は土で盛った保塁で作られ、急ピッチで建設が進んだ。 6月29日(30日)、
    ピョートルは、建設中の要塞にサンクト・ペテルブルグという名を与えた。
    自分の名ではなく、自分の守護聖人であるペトロから取ったものであった。
    それと共に、この日ペテロともう一人の聖人、パウロの名前を合わせて冠した
    聖堂の建設を始めるように命じた。 これがペテロパブロフスク聖堂となる
    のである。

    木造の質素な聖堂は、要塞共々、1703年の秋には完成した。 その頃には、
    要塞もペテロパブロフスク要塞と呼ばれるようになり、サンクト・ペテルブルグ
    という名は、要塞の周りに住み着く人々の集落を指す言葉になっていた。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ