多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:プラハ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    チェコスロバキア共産党は、戦後初の総選挙で多数を獲得した。 3年間ベネシュを
    大統領としていた共産党は、諸党と連立を組んで政権の座に居た。 共産党の首相
    クレメント・ゴットワルドは、共産党から主要閣僚を任命した。 経済の国家管理を
    掲げる共産党をはじめ、諸党から参加した人民委員会が企業の国有化を決定した。
    共産党の権力が高まるにつれて、政府内の多くの反共産主義派は、危機感を高めた。

    1948年をはじめ、内閣の反共産主党閣僚は、新しい選挙を強行するために辞表を
    提出した。 選挙をすれば、共産党の敗北は確実との確信があったからである。
    しかし、共産党は、選挙戦に参加する代わりに、プラハで威圧的な集会を開いた。
    深まる混乱を避けるため、ベネシュは共産党幹部たちを新政権の閣僚に任命した。

    CommunistParty

    1948年、ベネシュに代って、共産党のゴットワルドが大統領になった。 政府は、
    反対党を禁止し、チェコスロバキアを厳しい一党支配の国に代えた。 報道機関、
    学校、経済は、国家に管理された。 チェコスロバキアは、ソ連へますます接近し、
    ヨーロッパ共産主義国の軍事同盟であるワルシャワ条約機構にも参加した。

    ソ連を模範として、チェコスロバキアは工業、銀行、農業分野も政府の管理下に
    置いた。 政府は、高い生産目標を設定し、同時に価格を賃金を固定した。 国家は
    ソ連からエネルギーを輸入し、チェコスロバキア製品は、ソ連を市場として輸出
    された。 新しい体制では、ほとんどの労働者は、低賃金で長時間働いた。

    地方では、農民は土地と農業機械を共有し、強制的に共同組合に加入させられた。
    価格が固定された協同組合の収穫や家畜の販売先は、政府に限られていた。

    政府によって没収された土地は、国営農場に組み込まれ、農民は賃金労働者に
    なった。 例え、収穫が増えても農民は、生産の増収に値する賞与を受けて
    いなかった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1939年、ドイツのポーランド侵攻で第二次世界大戦が始まった。 フランス、
    イギリス、アメリカ、ソ連の連合軍は、ドイツ、イタリア、日本の枢軸国と戦った。
    チェコスロバキアでは何十万人もの労働者、学生がドイツ軍の兵器調達のために
    強制労働をさせられた。

    反ナチス分子と、約10万人のチェコのユダヤ人は捕らえられ、強制収容所へ
    送られた。 ドイツが既にチェコスロバキアのほとんどの都市を占領していたので、
    チェコの都市は、市街戦や爆撃を受けず、他のヨーロッパの諸都市と比べれば、
    被害は少なかった。

    0a873f31f6

    イギリスへ逃れたベネシュは、戦時中、ロンドンにチェコスロバキア亡命政府を
    樹立した。 また、ソ連との友好条約に署名した。 その頃、チェコスロバキアの
    各政党は、ナチス占領軍に抵抗するレジスタンスを組織した。 例えば、
    チェコスロバキア共産党は、ソ連の首府モスクワで、レジスタンスを組織した。

    1944年、レジスタンスは、東部ヨーロッパ戦線でのドイツの劣勢を利用して、
    作戦を展開した。 1945年5月、連合軍がドイツの首府ベルリンに侵攻した時期に、
    プラハの抵抗も最高潮に達した。 ドイツ軍が全面降伏した5月7日、ソ連軍と
    チェコスロバキアのレジスタンスは、プラハを手中に収め、アメリカ軍は
    南ボヘミアを占領した。

    戦争終結後、アメリカ、イギリス、ソ連は、中央ヨーロッパの将来について
    ポツダムで会談を開いた。 3カ国は、チェコスロバキアを復活され、250万人の
    ズデーデン・ドイツ人をドイツへ強制移住されることに合意した。 ベネシュ
    大統領の下で、チェコスロバキア政府はソ連と同盟関係にあった。

    次第にソ連は、チェコスロバキアだけではなく、近隣諸国にも強い影響力を
    及ぼし、支配するようになった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    フランス革命のヨーロッパの人々に、社会変革に参加する勇気を与えた。
    1840年になると、チェコ人の作家や指導者たちは、政治改革とボヘミア、
    モラビア内部にあるドイツ権力に終止符を打つことを求めた。 パラツキーは、
    ボヘミア王国の歴史と文化を呼び覚ます『チェコ民族の歴史』を書いた。
    公立学校では、チェコ語を教え、詩人、作家、ジャーナリストはチェコ語で
    文章を書くようになった。

    15563983

    パラツキーは、有力な政治的指導者となり、1848年末、プラハ、ウィーンを
    はじめ、ヨーロッパ諸都市で革命が起こった。 しかし、ハプスブルグ皇帝、
    フランツ・ヨーゼフはスラブ民族会議の提案を拒否。 ハプスブルグ軍は、
    プラハの革命を鎮圧し、ボヘミアとモラビアに戒厳令を敷いた。 180年代に
    入ると、ボヘミア王国領であるボヘミアとモラビアは、オーストリア帝国に
    取って代わったオーストリア・ハンガリー二重帝国に編入された。

    1800年代終わり、ボヘミアとモラビアに住むドイツ人と、チェコ人との間の
    長年の対立が深まっていたが、政府は、帝国内の諸民族の平等の権利を打ち出す
    政策を採り、チェコ人のためにチェコ語で法律を書くようになった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1037年のヴラチスラフの死後、プシェミスル家は、ボヘミアの王冠を取り戻した。
    王家の争いを終わらせるために、ブレティスラフ王は、勅令を発布し、一家の
    最年長者だけが王位を継承する宣言をした。 ブラティスラフはまた、ドイツ人の
    ボヘミアへの移住を奨励した。 国王は、都市の外国商人と手工業者層を強化して、
    地方の領主達の力を弱めたいと考えた。

    bohmen2

    ドイツ人移住者は、主にボヘミアの西部と北部一帯に定住した。 ボヘミア王国は、
    ドイツ法を取り入れて、ドイツの諸都市と交易を続けた。 ドイツの影響力を強める
    ために、神聖ローマ帝国は、ドイツ人の教会関係者をボヘミアに送り込んだ。
    やがて彼らは、教会で支配的地位を占め、チェコ人との争いの原因を作った。

    13世紀になると、プシェミスル家の国王オタカル2世は、領土を南に広げ、
    ハプスブルグ家のルドルフと、神聖ローマ帝国皇帝の地位を争って、オーストリアを
    征服し、バルト海沿岸にまで及ぶ広大なボヘミア王国を築いた。 オタカル2世は、
    ルドルフとの戦いで1278年戦死した。

    1306年、ボヘミアのプシェミスル家は、突然に断絶した。 1310年、
    プシェミスルの王妃と結婚していたルクセンブルグのヤンが、ボヘミア王を
    名乗ったが、ヤンの時代に王国内部は荒廃した。 しかし、ヤンを継いだカレル
    4世は、プシェミスル家の国王としての自覚が強く、ボヘミア王国の黄金時代を
    築き上げた。 カレルは、巧みな外交政策で王国を拡張し、ボヘミア、モラヴィア、
    シュレジア(現在のポーランド南部)の3地方は、それ以後、ボヘミア王国の
    伝統の地と総称された。

    カレル4世は1355年、神聖ローマ帝国皇帝に選ばれて、ボヘミア王国の首都
    プラハは、今や帝国の首都として建物や橋、大聖堂、教会などが次々に建造された。

    プラハ城もボヘミア王の居城として作り変えられ、1348年に、プラハ大学が学問の
    拠点として創設された。 カレル4世は、神聖ローマ帝国皇帝を選出する7人の
    選挙候(ボヘミア、ケルン、マインツなど)を規定した金印勅令を発布し、選挙候の
    ひとつボヘミア王国は、中央ヨーロッパで最高権力を持つ国となった。

    【チェコお勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    チェコの都市が比較的発展したのは、19世紀の工業化と、鉄道の普及の
    お陰である。 現在、チェコの全人口1030万人の約半数は、人口2万人以上の
    都市に住んでいる。 プラハやブルノのような大都市は、大きな川の流域にあり、
    小規模な町や農村の多くは、ボヘミアとモラヴィアの山岳地帯にある。

    23015

    【プラハ】
    プラハは、人口120万人、中北部ボヘミアに位置している。 ヴァルタヴァ川
    両岸にそそり立つ岩と丘に広がる都市である。 歴史上、常にボヘミア王国の
    首都であったプラハは、現在ではチェコ共和国の首都として、経済、政治の
    中心であり、中央ヨーロッパの重要な文化の拠点ともなっている。

    現在のプラハのあたりには、遅くとも2000年以上前に、交易商人のたの宿屋が
    存在していた。 紀元後9世紀に町が作られた後、プラハは、ボヘミア王の居城の
    地となった。 1300年代に入ると、カレル4世は、市街地を拡張整備して、新しく
    王宮、教会、橋、新市街を建設した。 1883年にプラハ市は周辺の町村を合併し、
    市の人口と面積は急速に増大した。

    20世紀のヨーロッパが2回の世界大戦の戦場となったにも関わらず、プラハは
    爆撃と破壊を免れた。 歴史上、重要な建造物が多い新市街と旧市街の大部分は
    壊されずに残った。

    市街地を見下ろす堅固な岩丘の上に立つプラハ城は、貴重な美術収集品を所蔵し、
    チェコ大統領官邸としての役割も果たしている。 プラハの主要産業は、銀行、
    金融サービス、情報、教育、工業、観光である。 プラハは、長いことチェコの
    政治、経済の拠点ではあるが、重工業の生産工場は他の都市に移っている。

    brno300

    【その他の都市】
    チェコ第二の都市であるブルノの人口は、約37万人で、南モラヴィアに位置し、
    モーターバイク、繊維、機械製品工業の中心である。 ブルノ市は、1000年前に
    建設された。 13世紀始めまで、モラヴィアがハプスブルグ帝国領域であった
    時代に、ブルノは、モラヴィアの首都であった。 今では、市の観光名所の
    スピルブルグ城は、ハプスブルグの時代には悪名高い牢獄であった。

    チェコ第三の都市であるオストラヴァは人口32万人で、モラヴィアとポーランドを
    結ぶ峠であるモラヴィア山峡の近くに位置している。 オストラヴァ住民の多くは、
    ポーランド系で、市はポーランドと文化的にも経済的にも近い関係にある。
    オストラヴァの工場は鋼鉄、機械、化学製品を生産している。、 こういった
    企業は、高い雇用を生む一方で、環境汚染の大きな原因ともなっている。 その
    結果、オストラヴァは、チェコでも最も健康に悪い都市のひとつにあげられている。

    西ボヘミアの都市プルゼニは、人口17万人で、街の創立は10世紀に遡る。
    プルゼニは、ピルゼン・ビールで有名だが、兵器産業の中心としても知られて
    いた。 例えば、大シェコダ工場は、飛行機、機械、鉄道車両、繊維生産と
    並んで、兵器産業工場として有名であった。 プルゼニ市には、技術選科の
    工科大学があり、産業界の人材育成に貢献している。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ