バイカル湖は、世界で最も透明度の高い湖で、シベリアのイルクーツクの
近郊にあります。 深さも世界一で、元々、バイカル湖周辺に住んでいたのは、
モンゴル系のブリヤート人であった。 その後、ロシア人が大量に西進して
来たため、少数民族へと転落した。 バイカル湖にはアザラシが多く、
イルクーツクのお土産は、ブリヤートの民芸品とアザラシのぬいぐるみが
中心となっている。

baikal01

【ロシアの空港の常識】
ロシアの空港では、ほんの数年前まで、空港職員による窃盗が極当たり前で
あったため、サランラップのお化けのような設備が必ず空港にはあるのだが、
有料で1,000円程度も掛かるため、経済成長により、今更盗む必要性すらなく
なった過去の異物とも言える。

IMG_1336

ロシアでアジア人に対する差別が非常に少ないのは、自分達の体の中にも、
アジアの血が流れている事を知っているため。 ロシアは、400年近くも
モンゴルの支配を受けていたのだが、そのモンゴル人が西に進むに連れて、
ヨーロッパ化したのが、現在のタタール人。

【イルクーツク】
IMG_1332
IMG_1331
IMG_1335
IMG_1340

IMG_1337
IMG_1338
IMG_1341
IMG_1344
IMG_1345

ロシアではさほど珍しくはなくなった中国語の看板。 多くの空港等にある漢字は、
短いものだと日本語と同じだったりするため、一見、日本語にも見えのだが、
全て中国語。 ロシアにとって、最も友好的な国は、中国とセルビアであり、
セルビアでも時折、ロシア語を見掛けた。 20年ほど前までは、日本企業の
看板だらだったのだが、今となっては、全て中国企業と韓国企業の看板のみと
なっているため、この20年間の日本の凋落振りが分かる。

IMG_1342

イルクーツクまでは、ほんの数年前までは、新潟空港からしか飛べなかったのだが、
今は、新潟に成り代わり、成田から直行便が飛んでいる。 ロシアへの窓口としての
新潟の役割は、既に、富山へと完全に移行しており、時の流れと共に、新潟の
役割は、もう終わったのかも知れない。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村