多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ブラック企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    糸井重里氏が、30年以上も前に書いた、キャッチコピー、『まず、総理から前線へ』。
    自分や身内には甘く、他人には、とことん手厳しい国、日本での日常を賢く生き抜く方法と
    致しましては、まず、敵を作らず、身内になってしまう事が大事。 よって、『お世辞』やら、
    『歯の浮くような台詞』は、生活必需品。 むしろ、『正義』やら、『正直さ』などと言うものは、
    力のある者しか持てない、贅沢品となっております。

    BrXl1oACUAA1bXU

    不況の嵐が20年以上にも渡って社会に吹き荒れた結果、企業側の体質もこの
    失われた20年間で大幅に変貌を遂げ、リストラなど、日常茶飯事、それに乗じて、
    文句のある者は、今すぐ辞めても構わないとばかりに、横暴な事ばかりを繰り返す
    ようになったのが企業側。 売り手と買い手が対等な関係を保てなければ、
    このような社会になってしまうという、絵に描いた見本のような国が日本となっている。

    今では、お金さえ支払えば、誰でも、どこでも、気軽に『神』になれるため、何をしても
    許されるというところまで、社会全体が落ちぶれ果てております。 その最たるものが、
    給与さえ支払っていれば、そこで働く人たちをどう扱おうが、文句どころか、個性や
    意見すら許さない、ブラック企業。 但し、最近では、その知名度が上がったためか、
    逆に誰も相手にはしなくなったため、相対的に、その収益もマイナスに。

    リストラの対象者となるのは、ブラック企業の社蓄ばかりではなく、大手企業の社員も
    対象となるが、リストラをした場合、まずはじめに、転職が出来る能力のある人材から、
    次々と会社を出て行ってしまうため、逆に、その企業に残れる人材は、無能、かつ、
    人を平気でけり落とせる才覚を持った人間だけ。 但し、当のご本人は、無意識に、
    他人を蹴落としている事にすら、気付いてはおらず、それが、逆に、社会の足を引っ張る
    事に。

    よって、リストラを敢行する場合は、一番立場の弱い、非正規雇用社員から切捨てる
    のではなく、本来、影響力があり、強い立場の経営陣から、身を引いて貰った方が、
    企業体質も劇的に変えられ、尚且つ、報酬が多過ぎる役員クラスの人材を1名切捨てた
    だけで、非正規雇用者を3~4名雇用したままに出来るため、社会貢献にもなり、正に
    一石二鳥。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    残業とは、時間以内で処理し切れずに『残ってしまった仕事』なのか、はたまた、
    『残されてまで無理やりやらされる仕事』なのか、『ブラック企業』花盛りの昨今と
    なっては、後者の方が現代における『残業』の意を得ており、既に、この『ブラック企業』
    なる言葉自体が、市民権を得るまでになっておりますが、そもそも、業(ごう)とは、
    仏教の基本的概念で、サンスクリット語の『karman』を日本語に意訳したもの。
    本来の意味は、『行為』を表す。 業そのものは、善悪に応じて果報を生じ、死に
    よっても失われず、輪廻転生に伴って、代々伝えられると考えられた。
     

    今日、一般的にこの語を使う場合は、『因縁・因果による行為』で生じる罪悪を意味し、
    例えば、『業が深い』とは、前世の罪深さにより、多くの報いを受けているさまを表す。
    または、運が悪かったり、酷い想いをしたりする際に用いられる。 その他、不合理
    だと思ってもやってしまう宿命的な行為という意味で使ったりする事が多い。 よって、
    残ってしまった『業』とは、このまま残してしまうと、『死をもってしても消せない来世や
    その先まで未来永劫続く宿命的な行為』と解釈出来るため、『残業』とは、いわば、
    仏教的な『強制観念』とも言える。 よって、この無意味で無報酬な『残業』をなくすため
    には、元を断つという意味でも、この名前を何とかしなければならない。 とりあえず、
    英語大好きな日本民族と致しましては、英語からの直訳である『過剰労働』、略して、
    『過労』などとしておけば、社内で口に出すのもはばかられ、目に見えて残業が減る
    かも知れない。
     

    d758cca62d661e0270af4db7801c9062

    現在、『過労死』なる単語はあるものの、『残業死』なる単語はないため、中身は同じで
    あるものの、単に言い方を若干変えるだけで、的確で非常にイメージしやすい表現
    方法となり、これぞ、日本における言葉のイリュージョンとなっている訳だが、日本に
    おけるイリュージョンとは、夢や希望を国民に抱かせるために存在しているのではなく、
    マイナス面を全て隠し通すために存在している。 例えば、職場で『今日は『過労』を
    して作業を終わらせて下さい』と言われた場合、『過労死するから嫌です』と気軽に
    断れる世の中になるかも知れない。


    現在、マンモス企業などでは、この残業が完全に禁止されており、1分たりとも残業が
    禁止されていたりするが、このように書くと、一見非常に楽そうに見えるものの、
    実際のところは、『何が何でも時間以内に仕事を全て終わらせなければならない』
    という、かなり過酷なもの。 但し、このような大企業さまでは、自分から前もって、
    時間以内に間に合わない旨を通達しておけば、納期の延期もかなり融通が利くため、
    そこまで過酷ではない。 以前働いていた、某経団連企業さまなどでは、納期の延期
    などというものは一切なく、非常に難しい技術系の文章を日本語と外国語の双方向で
    1日に何本も翻訳するために、トイレに行く間も惜しんで、ただひたすら作業に打ち
    込んでおりました。 但し、そこまで努力をしたところで、ものの数カ月程度で
    『雇用主都合』により、気軽に切られてしまったため、そもそも、そんな企業のために、
    本気などを出す必要性すらなかったのかも知れない。

    その次に働いていた企業では、定時に帰宅をしてしまうと、無理な制作業務で残業を
    しまくっている周囲の部署に示しがつかないという非常に安易な理由により、本来の
    労働時間である筈の作業時間内には、特に何も行わずにダラダラと時間を過ごし、
    定時が終了し、残業が始まった途端、やっと通常通りに働き出すというかなり非生産的な
    職場であった。 但し、殆どの日本企業では、30~40時間までの残業時間が、作業
    時間内として強制的に組み込まれているため、当然このような無意味な残業をした
    ところで、『残業代』などと言う概念すらない。
     

    本来、仕事を効率的に進めて、定時以内で全て作業を終えられる能力を持った人間
    こそが、評価されなければならないところが、日本の場合は、これが全て真逆となって
    おり、単にダラダラと席を温めていれば、一生安泰となっている。 但し、このような
    非生産的な人間が増え過ぎたため、最近では、リストラの嵐が吹き荒れているのだが、
    リストラをしたところで、真っ先にその企業を出て行くのは、転職が出来る『能力のある人材』
    ばかり。 よって、安易に企業内でリストラを進めると、無能な人材に限り、決して
    その企業を辞めず、逆に忠誠心のある社員として祭り上げられるのだが、そのような
    時代錯誤な時代は、昭和と共に過ぎ去ったため、いい加減、社会全体が目を覚まして
    頂かないと、日本全体が、過労死と無能な正社員たちによって、滅びます。

    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    最近の日本のブラック企業は、外国人を法外な報酬で雇っており、中国人に限らず、自分達
    よりも下等な民族だと判断した場合、まともな報酬は支払わない。 最近では、ファミレスや
    コンビにでも、中国人と韓国人の店員が極端に目立つようになったが、既に日本人の人件費
    では、やって行けないため、安い外国人労働者を雇用しているものと思われる。
    10698698_853513461366217_1857691506416520940_n
    六本木等の水商売でも、ロシア人がかなり働いているのだが、大概そのような場合は、ヤクザ
    絡みで、日本では考えられないような安い報酬しか貰ってはいない。 それでも、国に帰れば、
    かなりましな報酬であるため、半ば泣き寝入り状態となっている。 そのような状況とはつゆ知らず、
    鼻の下を伸ばして、ホイホイと外国人のお姉ちゃんに会いに行っている日本人の男達も相当
    どうかと思うのだが。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    関東の電車に乗っていると、立ちながら寝ている人に少なからず遭遇するが、通勤時間が
    片道2時間などという話は、特に珍しくはなく、会社に到着する前に、疲れ果ててしまう。
    これでは、労働生産性が上がる訳もなく、それでも、当然のように電車に揺られる日々が続く。
    20dd-1
    そのような状況下でも、仕事があるだけ相当ましな方で、関東では、ブラック企業が幅を
    効かせているため、まともな雇用条件すら既に存在せず、ブラック企業の社畜に
    すらなれずに、不安定この上ない身の上で、この先も一生過ごさなければならないという
    不安と日々戦わなければならない。 この先も超高齢化社会の日本で生きて行かなければ
    ならないと考えると、先が全く見ず、いっその事、日本から出て行った方が賢いと常々
    考えているのだが、この国は、そんな余裕すら与えてはくれないため、既に、日本から
    出て行く事すらままならない。



    国民には、ギリギリ生活出来るだけの報酬を与え、後は、生かさず殺さずがこの国の
    理念だと思う。 それを愛国心で誤魔化しては、自分達だけのうのうと暮らしているのが、
    世界の権力者。 『パンがなければ、お菓子を食べれば良い』と言って断頭台の露と消えた
    マリー・アントワネットの時代とさほど大差はないため、この国には、民主主義など存在
    した事がない事が良く分かりる。 火縄くすぶるバスティーユ、フランスで自由を求める
    革命が起きたのは、1789年の話し。 今は、既に2014年となっているが、その当時と
    一体何が違うのだろうか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ