多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ブラチスラバ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1740年にハプスブルグ帝国の女帝として戴冠したマリア・テレジアは、帝国内に
    画期的な変化をもたらした。 彼女は、ハンガリー領内の支配を強化し、
    ハンガリー人地主と議会の力を弱め、ハプスブルグ領内でのドイツ語の使用を
    広めた。

    この『ドイツ化』政策による弾圧は、ハンガリー人とスロバキア人指導者の間に
    強い民族主義を呼び起こした。 スロバキアとハンガリーで初めての新聞が、
    ブラチスラヴァで発行された。 1787年、カトリック神父アントン・ベルノラクは、
    古くから教会で使われていたラテン語に代って、初めてスロバキア語の文法書を
    出版した。

    19世紀初めに、ハプスブルグの領土は、フランスの将軍ナポレオン・ボナパルトの
    攻撃にさらされた。 1805年、ナポレオンはハプスブルグ軍をモラビアの
    アウステルリッツの戦いで破った。 しかし、ナポレオンは1815年、ヨーロッパ
    から追放された。

    後の条約で、オーストリアはハンガリー、スロバキア、ルテニア、ボヘミアの
    支配権を強めた。 ハプスブルグは同時に、ハンガリー議会も含めて地方議会の
    支配を強化し、議会で決議された法でも拒否権を行使した。

    mapslovakia

    【民族の反抗】
    19世紀半ば頃には、ハプスブルグ支配下のスロバキア人たちは、自由を求める
    ようになった。 スラブ人の指導者でも、オーストリア帝国に留まることを希望
    した者もあったが、多くはハプスブルグからの完全な独立を望んだ。 学校や
    教会でハンガリー語の使用を強要されたために、スロバキア人の怒りは増していた。

    1848年に民族革命がヨーロッパ各都市に起こり、スラブ民族議会がボヘミアの
    首都であるプラハで開かれた。 スロバキア代表は、オーストリア帝国の支配下で、
    チェコとスロバキアの連邦を形成しようとした。 しかし、ハプスブルグは会議を
    非難し、要求を無視した。

    同年、ハンガリー議会のスロバキア代議員ルドヴィト・ステュルは、他の
    スロバキア地方議会をつくり、学校でスロバキア語を使う権利を国会に請願した。

    しかし、スロバキアをハンガリーの領土とみなすハンガリー議会は、これに強く
    反対した。 議会がスロバキアの請願を拒否すると、スロバキアでは反乱が起こり、
    ハンガリー軍はすぐに蜂起を鎮圧し、反乱首謀者を処刑した。

    同じ時、ハンガリー人はハプスブルグに、民族の自治を求める反乱を起こしていた。
    反乱軍は、オーストリア・ハプスブルグ家と同盟を結んだ、スラブの強国ロシア軍を
    敵に回して戦った。 しかし、その後も20年間、ハプスブルグは帝国をしっかと
    支配し、スロバキアとハンガリーの独立要求を無視した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    9世紀の終わりに、中央アジアからマジャール人が、大挙してヨーロッパに侵入
    して来た。 マジャール人は、906年にブラチスラバでスラブ人を破り、
    大モラビア帝国を滅亡された。 戦いの後、現代のハンガリー人の先祖である
    マジャール人は、スロバキアの都市や街を占領した。 一方、ボヘミアと
    モラビアは、ドイツの諸侯と同盟を結んだ。

    スロバキアの支配者となったハンガリー人は、村や都市を占領し、南の平原の
    彼方から指令を発して支配した。 スロバキアは今や、ハンガリー王国に属し、
    スロバキアの鉱山収入の権利はハンガリーに奪われた。

    大部分のスロバキア人は、法的に自由のない労働者、すなわち、農奴となった。
    マジャール王は、スロバキア人の奴隷を所有財産とみなし、貿易と鉱業で王や
    貴族は富を蓄えた。

    JT082

    1217年に、ハンガリー人支配者は、ブラチスラバをハンガリー王家から独立した
    都市として認める勅令を出した。 ドナウ川の通交税でブラチスラバは潤い、最も
    豊かな商業の中心地となった。 しかし、1241年にドナウ川流域は、東アジアから
    来たモンゴル遊牧民族の残忍な侵入に悩まされた。 モンゴル人は、中央
    ヨーロッパの街を焼き払い、略奪の限りをつくし、翌年撤退した。

    モンゴル人侵略の後、ハンガリー人は東から最侵入を防ぐ決心をした。 多くの
    地主は、中央スロバキアの川に沿った平野に要塞を建設した。 東スロバキアの
    人口のまばらな平野の守りを固めるため、ハンガリー王は、北ドイツから
    サクソン人を招いて、この地方に新しく建設した街に定住するよう求めた。
    国王は、コシツェに王発令の営業許可を与えた。 同時に24の新しい街と
    鉱山の街にも認可を授けた。 この許可のお陰で、鉱業と手工業から利益を上げる
    商人や、手工業者、貿易商などの豊かな階層の人たちが生まれた。

    a677af24

    ドナウ川沿いの交易は、スロバキアにも、中央ヨーロッパ諸国にも大きな
    利益をもたらした。 ボヘミア王国オタカール2世は、兵力をスロバキアに進め、
    領土を地中海の内科医であるアドリア海まで広げた。 しかし、1278年、
    オタカールは、隣国オーストリア公国の統治者であるハプスブルグ家の
    ルドルフと戦って死んだ。 戦いの後、ハンガリーは、ブラチスラバと
    西スロバキアの支配権を取り戻した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ