多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:フリースクール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    シュタイナー教育とは?
    シュタイナー教育(ドイツ語 Waldorfpädagogik、英語Waldorf education)とは、
    20世紀初めのオーストリアの哲学者・神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが
    提唱した「教育芸術」としての教育思想、及び、実践である「ヴァルドルフ教育」を
    日本で紹介する際に名付けられた呼称のひとつである。

    シュタイナー教育では、教育の多様性を重視し、独自のカリキュラムを習得した
    教師により教育が行われるが、教員の法的な立場は、修了した組織により、それぞれ
    異なっている。 カリキュラムや授業内容も通常の学校とは大きく異なっており、
    独特の芸術教育などが有名だが、日本では、シュタイナー学校としてよりも、
    学校外の学びの場としての「フリースクール」と言った方が知られている。

    シュタイナー教育の主な特徴は、その芸術性にある。 どのような教育も、
    芸術を通して学ぶと身に付きやすい。 心で感じ、体で覚えたことは忘れない
    という考え方である。 教科書やテストが一切ないのも特徴となっている。


    シュタイナー教育の特徴
    シュタイナー教育では、こどもの成長期を3つの段階に分けて考えており、
    各年齢層の子供の成長に合った教育を取り入れている。

    成長の段階
    0才~7才(体の発達期)
    8才~14才(心の発達期)
    15才~21才(頭の発達期)

    体の発達期には、その発達の妨げになるものを排除するため、テレビなどの
    刺激の強いものは見せず、体を動かすことに重点を置く。 心の発達期には、
    想像力を伸ばして豊かな心を育む。 頭の発達期には、これまでに得た知識を
    自分のものにする思考力が出てて来るため、この時期にパソコンを使った授業も
    取り入れる始める。

    小中高一貫のシュタイナー学校では、1年生から12年生まで在籍しているが、
    1年生から8年生(一般的な学校では中学2年)までの間、同じ担任が子供たちの
    成長を見続るというのも特徴となっている。

    mg00981

    シュタイナー教育の3つの柱

    ① オイリトミー

    オイリトミーは「美しいリズム」という意味で、ギリシャの神殿舞踏が由来と
    なっているが、それを現代風にアレンジして、音楽や言葉を身体を使って表現する。
    「言葉のオイリトミー」では、子音や母音の響きを手の動きを使って表現し、
    「音楽のオイリトミー」では、流れるメロディや音符を表現する。 舞台となる
    空間では、さまざまな幾何学のフォルムを描きながら動いて行く。 低学年では
    メルヘンの内容を、高等部では高度な技術を必要とする音楽作品や文学作品に
    取り組み、12年生では大きな卒業オイリトミー公演を行う。 オイリトミーは
    シュタイナー学校において、幼稚園から高等部まで一貫して行われる、非常に
    大切な中心教科となっている。

    オイリトミー


    ② エポック授業
    シュタイナー学校では、毎朝2時間近く、自分の興味のある科目を選んで勉強し、
    それを2~4週間に渡り学習し、集中的に学びます。 これは「エポック授業」と
    呼ばれ、小中高一貫して、この勉強方法を取り入れている。 一番集中力の高まる
    午前中を利用してこのような活動をすることで、生徒たちは授業内容に深く没頭して
    行くことが出来るようになる。

    シュタイナー学校には教科書がないため、児童は帰宅後、エポック授業で学んだ
    ことを自分でノートにまとめ、翌日先生と生徒でそれに基づき話し合い、最終的に
    自分だけのエポックノートを完成させる。 そのエポックノートが、自分だけの
    教科書になるのである。

    フォルメン
    7651166715904

    ③ フォルメン
    フォルメンとは、シュタイナー学校では必須の授業となっており、直線や曲線、円や
    鋭角など、様々な形を色とりどりに描くことで、バランス感覚やリズム感覚を身に
    付けさせるもの。 フォルメンでの学びを活かして、色鮮やかで芸術的な自分だけの
    ノートを作り、それが自分だけの教科書(エポックノート)になって行く。 芸術に
    絡めて感動を伴った学習を行うことで、体験として身に付き、知識が定着すると
    いうのがこの教育の特徴となっている。

    シュタイナー学校
    シュタイナー学校は、1919年にドイツ南部のシュトゥットガルトで初めて学校が
    開設されたが、第二次世界大戦後にその数が増大し、現時点では、全世界で
    約780校の姉妹校がある。 シュタイナー学校は、発祥の地であるドイツが最も数が
    多く、次いでアメリカが多い。 シュタイナー教育は、私学やフリースクールの
    新たな可能性を切り開いたという点では、自由教育の象徴的存在とも捉えられて
    おり、教育の多様化に大きな貢献を果たした。

    日本でのはじまりと発展
    日本ではアジア圏の中でも、最も早くシュタイナー教育の普及が始まったが、
    1970~80年代、学校の荒廃が進む中、教育改革を求める声が上がり、シュタイナー
    教育への関心が高まった。 その後、勉強会や講座が日本全国で開催されるように
    なり、1987年に日本初のシュタイナー学校である「東京シュタイナー・シューレ」
    が東京都新宿区の店舗住宅の一室で始まった。 この時期は、校内暴力が表面的
    には沈静化して行く一方で、不登校児童の数が増加し始めた時期でもあり、1985年
    には不登校児童向けのフリースクールの先駆けとなった「東京シューレ」が東京都
    北区で始まった。

    当時、学校外における「学び場」としての事例はまだまだ少なく、就学義務違反の
    汚名を背負いながらの活動が続いた。 しかし、1990年代後半になると、不登校
    児童数は13万人を超え、教育行政もこの問題に対応せざるを得なくなって行った。

    icatch

    日本のシュタイナー学校
    日本を含むアジア地域には、「ヴァルドルフ」の名を冠した公式な組織は
    存在しない。 ヴァルドルフ教育連盟の「ヴァルドルフ学校リスト」に現在
    掲載されている学校は、以下の7校となる。

    学校法人シュタイナー学園 初等部・中等部・高等部(神奈川県相模原市)
    学校法人北海道シュタイナー学園(いずみの学校)(北海道虻田郡豊浦町)
    NPO法人横浜シュタイナー学園(神奈川県横浜市)
    福岡シュタイナー学園(福岡市)

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    現在、「不登校」により、多くの児童が学校に行くことを拒んでおり、
    社会問題となっている。

    10歳になる伊藤裕太君は、学校でいじめられ、クラス内でも孤立していました。
    その後、学校に行くことを嫌がるようになり、学校には行かなくなりました。
    裕太君は、両親に自分がどのように思っているのかを伝える機会をうかがって
    いたが、ゴールデンウィークに家族全員が集まった際に、もう学校には
    行きたくないと家族に告白した。

    この問題を解決するためには、両親と裕太君が共にカウンセリングを受けるか、
    自宅で学習を行うか、または、フリースクールに通うかの3つの選択肢が
    あったが、両親は最終的にはフリースクールを選んだ。  現在、裕太君は、
    自分のやりたいことをしているため、とても幸せな日々をおくっている。

    110068566527003924

    文部科学省は、健康面や経済的な理由とは無関係な理由により、年間30日以上
    登校しない子どもを「不登校」と定義している。 この「不登校」という単語は、
    日本語にしかないため、英語では、「absenteeism(欠席)」、 「truancy
    (ずる休み)」、 「school phobia(学校恐怖症)」または、「school refusa
    (登校拒否)」等と翻訳されてる。

    不登校に対する社会的な見方は、この数十年間で劇的に変化した。 「不登校」は、
    1992年以前までは、「登校拒否」と呼ばれており、「拒否」と言う非常に強い
    意味を持つ用語が用いられていたため、学校に対する「抵抗」と考えられ、
    精神疾患の一種と考えられていた。 しかし、1997年には、この言葉は、
    より中立的な意味を持つ「不登校」へと置き換えられた。

    日本政府は、2019年10月17日、小中学校における年間30日以上の欠席日数が
    過去最高を記録し、2017年の144,031人から、2018年に164,528人に増加した
    ことを発表した。

    82979b8db7f6

    フリースクールは、不登校児童の増加に応じて、1980年代に始まった。
    フリースクールとは、児童の自由と個性を尊重して運営されている代替学校です。
    フリースクールは、児童が自主学習をすることにより、義務教育の代わりと
    なってるのだが、児童らには、国から認定された卒業資格が与えられていない。

    フリースクールに通う児童の数は、1992年の7,424人から2017年の20,346人へと
    急増している。 不登校は、長期間に及ぶ可能性があり、若者が社会から完全に
    離脱し、部屋に閉じこもる「ひきこもり」として社会問題となっている。

    更に、自殺する児童数が増加し、2018年度の児童の自殺者数は、過去30年間で
    最も多く、332件となった。 2016年、児童の自殺者数の増加により、日本政府は
    学校に対して勧告を行う自殺防止法を可決した。

    多くの児童が学校を嫌がる理由は、さまざまあるが、文部科学省の調査によると、
    家庭問題、友人問題、いじめが主な原因となっている。 一般的に、不登校児は、
    他の児童、または、教師と仲良くないことが分っている。

    98438ae6c054

    12歳の森橋知恵ちゃんは、「多くの人達と一緒にいると落ち着きませんでした」
    「学校での生活は苦しかった」などと語り、不登校から選択性緘黙になり、
    外へ出る度に苦痛を感じていた。 家の外や家族以外の人たちとは話すことが
    できなくなったのである。

    知恵ちゃんは、現在の学校では支配的となっている非常に厳しい校則に違和感を
    感じていた。 タイツは無色、髪の毛を染めてはいけない、髪のゴムの色も
    決められており、更には、それを手首に付けることも禁止されていた。

    多くの学校では、児童の外見も規定しており、茶髪は黒く染めること、
    寒い時期でもタイツやコートを着用しないこととしている。 酷い場合には、
    児童の下着の色も決めている学校も存在している。

    70~80年代、校内暴力やいじめに対して、 厳しい校則が導入された。
    この問題は、90年代に一旦収束したが、近年になって、更に校則が厳しく
    なった。 この厳しい校則は「ブラック規則」と呼ばれ、労働者を搾取する
    「ブラック企業」がそのまま学校にも反映されている。


    現在、知恵ちゃんは、裕太君と同様に、東京のフリースクールに通っている。
    学校、保護者、児童による話し合いが持たれ、制服は廃止、更には、自分たちの
    活動を自由に選択できるようになった。 児童らは、それぞれが興味のあることを
    優先することが奨励されている。 国語と算数の授業には、パソコンが使用され、
    本や漫画のある図書館もある。

    8d4f42768abb

    このフリースクールの雰囲気は、まるで家族のように、非常に良好となっている。
    児童は共有スペースに集まり、おしゃべりや一緒に遊ぶことができる。
    このフリースクールの設置目的は、社会的なスキルを伸ばすことであり、
    運動、遊び、勉強の何れにおいても、大きなグループにいる際に
    パニックにならないようにすることを目指している。 このフリースクールは
    最近、より広いスペースの場所に引越しを行い、毎日約10人の子供が通っている。

    フリースクールの経営者である吉川氏は、2010年、東京都府中市の住宅街にある
    3階建てのアパートに最初のフリースクールを開設した。 当初は、15歳以上の
    児童を予想していたものの、実際に来所した児童は、7~8歳であった。 しかも、
    そのほとんどの児童は、選択性緘黙であったため、学校では特に何もしなかった。

    吉川氏は、コミュニケーションの問題がほとんどの児童の不登校の根本にあると
    考えている。 吉川氏は、企業での出世街道に見切りを着け、40代前半に
    サラリーマンを辞め、父親が医者であった影響で、社会に対する奉仕事業を
    やりたいと考え、ソーシャルワーカーとなった。 このキャリアチェンジにより、
    子供たちが抱えているさまざまな問題に気付き始めた。 貧困や家庭内暴力が、
    学校生活に少なからず影響を与えていることが分った。

    92a1a49ad271

    名古屋大学の内田教授は、児童が抱えている問題の1つとして、クラスの規模が
    大き過ぎる点を指摘している。 約40名もの児童が1年間を共に過ごす教室内では、
    色々なことが起きる。 クラス内では人口密度が非常に高いため、仲間意識が必須と
    なるが、これは学校のみならず、公共交通機関、その他公共の場でも同様のことが
    言えるのだが、これらの場所では、全て人口が過密状態となっている。 しかし、
    多くの児童らにとって、狭い空間での過密状態を強いることには問題がある。
    児童らは、狭いスペースで他の児童と共に過ごさなければならならず、このような
    過密状態では、快適には過ごせない。 このような状況下で不快感を感じることは
    当たり前なのである。

    更に、毎年同じ児童同士で固定されるため、何か問題が発生した場合、学校に
    行くことが苦痛となる。  このような意味では、フリースクールによる支援は、
    非常に有効的となるのである。 フリースクールでは、グループをあまり気にせず、
    一人一人の児童の考え方や、感情を重視できる傾向がある。 しかし、
    フリースクールが学校の代替施設として機能しているのにも関わらず、学校に
    おける教育システムには、依然として問題点が多く残っている。 児童の多様性を
    認めないことは、人権侵害であり、このことは、多くの人々が賛同している。

    cba9c6c839a0

    「ブラック校則」に対する批判は全国的に高まっており、東京新聞の最近の
    記事では、これらの問題を人権侵害と名指しし、児童の多様性を認めるべきで
    あると述べた。 8月には、「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」という
    グループが、[ブラック校則」を廃止するために6万人以上の署名を集め、
    オンラインで文部科学省へ嘆願書を提出し、理不尽な校則の調査を求めた。
    大阪府はすべての高校に校則の見直しを命じ、約40%の学校で修正が加えられた。

    文部科学省は現在、不登校を「異常」としてではなく、「傾向」として受け入れる
    よう求めている。 不登校の児童に問題があるのではなく、児童が望む環境を提供
    できない教育システムに問題があるのである。

    リソース: BBCニュース

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ