多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:フランス革命

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【百年戦争とユグノー戦争】
    1328年にカペー朝が絶えると、バロア朝が起こった。 これに対して、
    カペー朝の血を引くイギリス国王エドワード3世が、王位継承を主張して、
    1339年にフランスに攻め入った。 これが百年戦争の始まりである。 1429年、
    ジャンヌ・ダルクが現れてイギリスの支配下にあったオルレアンを解放。
    これに力を得たフランス軍は、1453年にイギリス軍を破り、百年戦争は終わりを
    告げた。

    15世紀末からフランスは、イタリアに何度か侵入し、領土を広げると共に、
    イタリアのルネッサンス文化を移入した。 一方、16世紀中頃、フランスには
    キリスト教プロテスタントのカルバン派(ユグノー)が広まり、カトリック教徒
    との間で国を二分するユグノー戦争(1562年~1598年)が起こった。 やがて、
    優勢となったアンリ・ド・ナバルが、カトリックに改宗しアンリ4世として
    ブルボン朝を開いた。

    32809df2

    【絶対主義王政の確立とフランス革命】
    アンリ4世の後、ルイ13世とルイ14世の時代に、中央集権化が進み、絶対王政の
    最盛期を迎えた。 ルイ14世は、外国との貿易を進め(重商主義)、強力な
    常備軍を整え、フランスの国力を高めた。 18世紀後半には、教会や絶対王政を
    批判するボルテールや、法のあり方を論じたモンテスキューら啓蒙思想家が現れ、
    社会体制を批判した。

    ルイ16世の時代に、財政危機や凶作等から民衆の不満が高まり、1789年、王政が
    廃止され、共和制が成立した。 しかし、政局が安定しない中、1799年、
    ナポレオンがクーデターを起こし、1804年に皇帝となった。 ナポレオン1世は、
    強力な軍事力を元に、ヨーロッパ各地に遠征した。 しかし、1812年のモスクワ
    遠征に失敗したのを切っ掛けに、エルバ島に流された。 1815年には、再び軍を
    起こすが、イギリス軍に敗れて、セントヘレナ島へ流された。

    60422809

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    フランス語 に参加中!

    1789年7月14日、フランス王国パリの民衆が同市にあるバスティーユ牢獄を襲撃した
    事件は、民主主義を求めるフランス革命の始まりとされている。 この事件の一周年を
    記念して、フランスでは、翌年1790年に建国記念日が行われ、現在でも、それを
    記念して、7月14日がフランス共和国の成立を祝う日となっており、国民をあげての
    祝日となっており、特に、パリでは、花火やパレード等の大々的な催しが例年開催
    されている。



    当時のバスティーユ牢獄は、王の恣意的な拘禁令状により拘束された人々の刑務所と
    なっており、特に著作が王統政府の気分を害した等の政治犯を拘束する事で知られて
    いたため、バスティーユ牢獄は、君主専制政治の象徴となっていた。 バスティーユ
    包囲の段階でここに収容されていた政治犯は、7人だけであった。 バスティーユ
    襲撃は、結集と反乱の象徴としてより重要な意味を持っている。 この襲撃から間もなく、
    8月26日には、人間と市民の権利の宣言『フランス人権宣言』が採択され、近代における、
    民主主義の幕開けとなった。 フランス革命時のスローガンは、『自由、平等、友愛』

    Bastille

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ