考古学者によると、人々が初めてフィンランドにやって来たのは、紀元前
7000年頃だった。 当時はまだこの土地に氷河期の氷が残っており、今の
バルト海は淡水湖だった。 一番古い居住者達は、歴史学者がラップランド
先住民サーミ人の先祖とみなす人々で、フィンランド南部の海岸沿いに住んだ。
ムース(ヘラジカ)を射止め、魚を取って食料とした。 船を作くり、船首の
飾りにムースの頭を彫ったことが、この時代の出土品に示されている。

fad502c6

【新移住者の到来】
紀元前3500年頃、遊牧民の集団が現在のロシアを横切って、バルト海の沿岸地方へ
移動を始めた。 フィン・ウゴル語族と呼ばれるこの集団は、フィンランド南西部へ
移って行き、やがて何世紀もの間に北方へ広がって、フィンランドの先住民達を更に
北へ追いやった。 フィン・ウゴル語族の中には、20世紀まで、共にフィンランド
領だったカレリア地方やラドガ湖(現ロシア領)地方など、東方に移動した者も
居た。 そこに定住した者達の土器は、くしの歯に似た文様を刻んだ櫛文土器
となっている。

同じ頃、北ヨーロッパからフィンランドに渡来したゲルマン系の新しい移住者達を、
歴史家はその磨き上げた石斧の形から、舟形斧人と呼んでいる。  舟形斧人達は、
フィンランド南西部に広く住み着き、原住民と結婚して行った。

鉄器時代フィンランドの生活は、19世紀に集められた古い民話に描かれている。
この民話によると、鉄器時代のフィンランドの人々は、自分達をスオマライセット人
(フィンランド人の意味)と呼び、国をスオミと名付けた。 この人々は、今の
フィンランド南西部に住んで狩猟をした。

ハマライセット人は、(ハメ地方の人の意味)という別のグループは、現在の
ラハティ市からタンペレ市に至る内陸地方に住み、農業を発展させた。
フィン語族第3のグループであるカレリア人は、今のフィンランドの東部国境
沿いに住んだ。 各グループの居住地は、広大な原野で互いに隔てられていた。

【お勧めの一冊】


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村