東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:フィギュアスケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

     2018年8月9日、カザフスタンの最大都市、アルマトイで7月19日に刺殺された
    デニス・テン選手にちなんで名付けられた公立財団が設立されることが発表された。
    刺殺現場となったアルマトイ市内の現場には記念碑が建設されるという。

    旧ソ連国内で放送された追悼ドキュメンタリー番組


    デニス・テン選手の母親であるオクサーナ・テンさんは、家族が多大な困難に
    直面している際にも、カザフスタン国民の方々に支えて貰ったことに対して、
    まずは感謝し、デニスの友人、ファン、彼の教え子らに対して、デニスの記憶を
    永続的に残すための今後の取り組みについて語った。 現在、カザフスタン
    国内では、多くのアイデアや提案が表明されており、文化スポーツ省と
    アルマトイ市と共に話し合いと行い、公的資金の調達と今後の活動に対する
    理解を両者から得たと語った。

    denisten

    その上で、既にこのプロジェクトは動き出しており、『デニス・テン特別公立基金』
    が創設され、カザフスタン文化スポーツ省は、デニス・テン記念スケート・
    アカデミーの創設を計画していると言う。 更に、アルマトイ市側は、デニス選手の
    功績を称えて、毎年スケートの国際トーナメントを開催することを約束し、殺害
    現場となってしまった場所には、デニス選手の記念碑を建設するため、彫刻家の
    選定を行っており、デニス選手の生家にプレートを取り付けて、本の出版も
    約束した。 そのため、オクサーナさんは、デニス選手の友人らと共に出版へ
    向けての準備を行っていると語った。 このため、デニス・テン公式Instagram
    では、本に掲載出来るデニス選手の画像を募集している。

    我々は、援助の手を差し伸べてくれた全ての人達に感謝しており、全ての
    プロジェクトの実現に向けて、近々、デニス・テン基金の公式な住所を発表すると
    述べた。

    【カザフスタン】デニス・テン選手の突然の死に5,000人超が彼の死を悼む

    inx960x640

    ドキュメンタリー番組『テンと言う名の星』


    >>トップページに戻る



    【お勧めの一冊】


    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    東日本大震災の復興支援を目的としたフィギュアスケートのアイスショー

    『NHK杯スペシャルエキシビション』が2016年1月9日、盛岡市アイスアリーナで
    行われ、
    昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルで男子の歴代世界最高得点を
    マークして3連覇した
    羽生結弦(ANA)、女子の浅田真央(中京大)らが演技した。







    今年最初の演技となった羽生は、エキシビションのプログラム『天と地のレクイエム』で
    荘厳な滑りを披露。 『まだまだ僕たちが力になれることがある。 頑張って行きたい』
    とあいさつした。



    613444004989.png




    浅田は『踊るリッツの夜』でシルクハットとステッキを手にコミカルに演技。 終盤に
    再登場して震災のあった2011年にエキシビションで使用した『ジュピター』を滑った。

    幕あいでは、休養していた昨年に被災地を訪問した際のエピソードを披露し、
    『また復帰して』と言われ、逆に(被災者から)元気をもらった。 これからも少しでも
    元気をあげられたらと思」と話した。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    神奈川スケートリンクは、1951に開業した日本最古の屋内アイススケート場で、以来、
    60年以上もの間、こども達のフィギュアスケートやアイスホッケーの練習場として広く
    親しまれてたが、国際規格を満たすスケートリンクの整備等を目的に、2014年6月から
    建替工事のため営業を終了していた。

    2015年12月21日(月)に名称を改め、
    『横浜銀行アイスアリーナ』としてリニューアル
    オープンを果たした。 実は、この神奈川スケートリンクは、東日本大震災で被災し、
    活動拠点を失った羽生結弦選手が、仮の拠点として使ったスケートリンクで、復興支援
    目的のアイスショーへ多数出演して各地を転々としながら練習を続けた場所。

    その後、
    7月24日になって、アイスリンク仙台が営業を再開したため、羽生選手も拠点を
    戻した思い出の場所となっている。

    AS20151221000979.jpg

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィギュアスケートのシーズン前半戦・世界一を決定する『グランプリ・ファイナル』は、

    2015年12月12日スペイン・バルセロナで男子フリープログラムが行われ、ショート
    プログラムで世界最高点を更新した羽生結弦が219.48点という高得点をマーク。
    合計330.43点で優勝し、男子史上初の3連覇を達成した。

    羽生は冒頭の4回転ジャンプ2つを軽々と決め、後半の4回転+3回転、3回転+2回転
    などのジャンプも見事に成功。 初めてフリーで200点を超えたNHK杯の時よりも、
    後半でさらに
    点数を伸ばした。 点数が発表されると涙が溢れ、膝に抱えたくまの
    プーさんのぬいぐるみに
    顔をうずめた。



    演技後のインタビューでは、『全てのエレメントにおいて、完璧な演技を目指した。
    点数と
    演技は異なるものだから』と英語でコメント。 確固たる自信はどこから来る
    のかとの質問には、
    『とても緊張していた。 私の方こそ、どうやって自信をつける
    のか誰か教えてほしい』などと
    答えた。

    e6846564.jpg


    後に開かれた記者会見では、NHK杯の点数や演技を意識しており、かなりの
    プレッシャーが
    あったことを告白。 『ワールドレコードに追われて演技した感じが
    あった。 点数とか、NHK杯のパフォーマンスがあったからこそ、今回は自分を
    追い込んだ。 しかし、フリーをやっている最中に
    吹っ切れた。 今できることを
    考えながら滑った』などと語った。

    歴史的な記録更新。 自分の演技を見た子供へのコメントを求められたインタビュー
    では、『私も小さいころ、プルシェンコらを見ていた。 どうかスケートを、練習を、
    夢をあきらめないで』
    などとアドバイスした。

    出典:Huffingtonpost

    >>【羽生結弦】~数々の困難を乗り越えての金メダル獲得~

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィギュアスケートのグランプリ・シリーズ最終戦、NHK杯の第2日目は2015年
    11月28日、長野市で
    男子フリープログラムが行われ、ショートプログラムで
    世界最高得点を出し首位に立った羽生結弦が216.07点をマーク。 合計322.40点
    となり優勝した。 フリーでの200点超え、そして
    総合得点の300点超えは世界初の
    快挙となっている。

    7ffe1812.jpg


    羽生は冒頭の4回転ジャンプ2つを軽々と飛び、後半の4回転-3回転、3回転-1回転-
    3回転などの連続ジャンプも見事に成功。 この日は全てのジャンプを成功させる
    離れ業を見せ、中継を担当
    していたNHKのアナウンサーも思わず『次元が違います』
    とコメントするほどだった。



    演技の後、羽生は『応援という大きな力をもらいました。 皆さんのおかげです』と
    コメント。 点数については、『まだ信じられていないです。 スコアは本当にびっくり
    しましたが、ここまで、カナダからNHK杯まで、本当に血の滲むような、本当に辛い
    練習をしてきたので、練習をさせて
    くださった周りの方々、サポーターの皆さま、
    カナダのクリケットのリンク、生まれ育った仙台のリンク、全てに感謝したい』と話した。





    そして、『緊張したんですが、長野のオリンピックがあったリンクで滑ることで、自分
    自身に
    プレッシャーをかけて、絶対王者だぞと言い聞かせてやっていた。 とにかく、
    ここまで、すごい
    ハードな練習をしてきましたけれども、ケガをしないでこれた自分の
    体、ケアしてくれた先生たちに
    感謝しつつ、これ以上の演技ができるよう、練習を
    積んでいきたい』などと語った。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    アイスリンク仙台は、日本国内で唯一、フィギュアスケートで荒川静香
    (トリノ五輪1位)、羽生結弦(ソチ五輪1位)の2人の金メダリストを輩出した
    名門スケートリンク。 本田武史(ソルトレイクシティ五輪4位入賞、並びに、
    世界選手権3位)や、鈴木明子(バンクーバー五輪8位入賞、ソチ五輪8位入賞、
    並びに、世界選手権3位)も当リンクを拠点として活動をしていた。

    この他にも、高橋大輔が一時期、遠方から、このリンクへと通っており、夏合宿を
    中心に、浅田真央や安藤美姫といった、そうそうたるメンバーがこのリンクで
    練習を重ねた。 東北地方では、唯一の24時間通年滑走可能なスケートリンク。

     

    アイスリンク仙台は、仙台市営地下鉄の終点である、泉中央駅からほど近い場所に
    あるが、元々は、バブル景気期時代に、ダイエーが当時の泉市内に建設し開業した
    もの。 ダイエー新松戸店に続いて2例目となるスケートリンク併設のダイエー
    店舗であったため、新松戸店から転勤して来た長久保裕コーチを初めとする
    指導陣が数々の日本代表級のフィギュアスケート選手を育てた。

    このような輝かしい実績とは裏腹に、ダイエー泉店は、一時期、売上で日本一を
    獲得するも、2000年代に入ると、周辺の郊外大型商業施設との競争にさらされた
    結果、入居店舗の入れ替えが激しくなり、親会社であるダイエーが経営不振の
    ために、様々な再建策が実施された結果、ダイエーの子会社が運営する
    『泉DOSCアイスアリーナ』と改称され、2002年には、コナミスポーツ
    (東京都)に譲渡されて『コナミスポーツクラブ泉スケートリンク』となった。
    2002年1月に閉鎖された新松戸アイスアリーナから都築章一郎コーチが仙台に
    移って来たため、指導者は充実し、羽生も小学2年から中学3年まで都築に
    指導を受けた。

    2004年12月25日に当リンクは閉鎖されてしまったが、閉鎖後の仙台都市圏には
    スケートリンクが通年滑走可能な勝山スケーティングクラブ、並びに、冬季営業の
    ウェルサンピアみやぎ泉の2つとなったため、長久保コーチとその教え子達は、
    当初は当リンクに近い後者に活動拠点を移したが、2005年5月からは、前者へと
    移り、長久保コーチは埼玉県川越市のリンクに転出し、都築コーチらも仙台を
    去った。

    IMG_9323
    IMG_9324
    IMG_9325
    IMG_9326
    IMG_9327
    IMG_9328
    IMG_9329
    IMG_9334
    IMG_9335

    2006年、長久保コーチが春から名古屋に転勤する事が決まると、鈴木に加え、
    中村愛音や本郷理華らジュニア世代以下の有望選手数人も名古屋へと移住を決めた。
    この状況は地元マスメディアでも報道されていたが、2月23日にトリノ五輪
    フィギュアスケート女子シングルで荒川静香が金メダルを獲得すると、記者会見で
    仙台のアイススケートの指導環境や練習環境の悪化を懸念していると発言し、
    全国的に知られる事になった。 また、荒川は、仙台で凱旋パレードを行い、
    宮城県のアイススケート人気の底上げにも寄与した。 しかし、有望選手らの
    流出を抑える事は出来ず、4月には名古屋に去って行った。

    荒川らの意を汲んだ村井嘉浩宮城県知事は、新たに当リンクの運営を任せられる
    企業探しを県教育庁スポーツ振興専門課の職員に命じ、2007年1月に加藤商会
    (東京都)が手を挙げた。 この時に県と市の補助金支出も決まり、2003年
    3月より『アイスリンク仙台』として営業を再開した。



    2011年3月11日の東日本大震災で当リンクは被災し、営業を休止した。 大規模
    停電が発生し、停電が解消されても、東北電力管内では、津波被害を受けた
    複数の発電所の復旧に時間が掛かり、電力危機に陥った。 このような中、
    4月7日には、宮城県沖を震源とする余震(最大震度6強)が発生し、節電協力に
    より氷を張っていなかった当リンクでは、露出していた冷却管に落下物が
    直撃して、営業再開の目途が立たなくなってしまった。

    当リンクで練習中に震災に遭遇し、実家が地震により被災したため、避難所での
    生活も経験した羽生は、各地で開催される復興支援チャリティーアイスショーに
    多数出演しながら、各地のリンクで練習を続けた。 アイスリンク仙台は様々な
    復興支援を受けて、被災から約4ヶ月後の7月24日にようやく営業再開に漕ぎ
    着けた。 自身の著書の印税全額を当リンクに寄付してきた羽生は、2014年
    2月14日、ソチ五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した。

    帰国後の会見で羽生は、報奨金を被災地支援やリンクに寄付すると話し、4月26日に
    仙台市都心部の東二番丁通りで実施された凱旋パレードの出発式において、報奨金
    600万円を県と市に寄付した。



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ