東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ビザ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2018年9月8日~9月17日まで、旧ユーゴスラヴィア縦断の旅に行きました♪

    旅の始まりは、両替からw ものの18年ほど前までは、ロシアの通貨である
    ルーブルは、ロシア国外には一切持ち出し禁止だったのだが、最近では、
    日本国内でも普通にルーブルの両替が出来るようになたったため、1997年の
    経済危機の時から考えると、隔世の感が否めない。

    アエロフロートに限らず、ロシアの飛行機は、基本的に奇跡が起きない限り、
    時間通りには絶対に飛ばないのだが、この日も1時間半遅れで成田空港第一
    ターミナルを出発。 モスクワ・チェレメーチェヴォ空港までのフライト時間は、
    約10時間あるため、この間、ロシア映画を4本見た♪

    【成田空港】
    IMG_1534
    IMG_1532
    IMG_1535
    IMG_1538
    IMG_1539
    IMG_1540
    IMG_1541
    IMG_1542
    IMG_1543

    成田空港を飛び立ち、ようやくモスクワ・シェレメーチェヴォ空港に到着したが、
    その間、機内食と飲み物は、それぞれ2回づつ出たのだが、この日の機内食は、
    鶏肉以外はもうないと言われた。

    ロシア国内には、基本的にローマ字による表記はないが、空港内だけは、
    英語と中国語による併記があるため、ロシア語が読めない人でも比較的楽に
    移動出来る。

    【モスクワ・シェレメーチェヴォ空港】
    IMG_1544
    IMG_1545
    IMG_1547
    IMG_1548
    IMG_1550
    IMG_1553
    IMG_1554
    IMG_1555
    IMG_1556

    まずは、矢印の通りに進み、入国審査を経て、モスクワの街へ出ます。 今年は、
    ロシアでFIFAワールドカップサッカーを開催したため、ファンID所持者は、
    今年度中はロシアのビザが免除されています。 念のため、ロシア大使館にも
    問い合わせ、入国審査時には、更に念のため、口頭で入国審査官に対して、
    「ファンID所持者は、ビザが免除されていますよね?」と確かめたところ、
    「はい」との回答が返って来た。

    ロシアの入国審査は、結構面倒で、昔は色々と質問やら、スーツケースを開けろは
    当たり前で、財布の中身を見せろも当たり前でした。

    >>トップページに戻る



    【お勧めの一冊】


    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1993年当時、カザフスタンの首都であった、アルマ・アタ(現在の首都は
    アスタナ)は、『緑の街』の別名を持っている通り、緑豊かな中央アジアの
    大都市で、旧ソ連邦の中では、かなり南に位置しているため、果物や野菜も
    豊富だった。 当時のノボシビルスクは、ロシア第3の都市とは言うものの、
    外国から最も遠い位置にあるため、ロシア国内でも物資が最も足りていない
    場所であった。

    10339055

    カザフスタンにあって、ロシアにはないものを挙げるとすると、馬乳酒の
    クムイスと餃子のお化けのような食べ物マンティを思い浮かべることが出来る。
    クムイスは、若干すっぱく、少々癖のある味で、かなり苦手な味がしたため
    それ以来、一切飲んではいない。

    マンティは、時々、カザフ人の友人宅でご馳走になっていたので、結構馴染みが
    あった。 旧ソ連の中では南国の部類に入るのだが、実際の緯度は札幌と同じ
    程度であるため、冬はかなり寒い。
     
    実は、このアルマ・アタ滞在中に、天山山脈を越えて、中国のウルムチへ行き
    たかったのだが、残念ながら、ロシア側の学生ビザが下りなかったため、断念
    した。 後日ドイツのベルリンにも行こうとしたのだが、こちらも許可され
    なかった。 許可が下りなかった理由は、『学生には必要ないから』という、
    非常に理不尽なものであった。

    当時のロシアのビザには、写真2枚が必要で、そのうち、一枚は、ロシア入国時に
    提出させられ、ビザの中には、滞在都市の記載があったのだが、そこに記載されて
    ある都市以外へ行くことは当時は禁止されていた。 よって、このアルマ・
    アタへの旅行は、ロシアの出入国と滞在都市以外へ行ったという、2重のリスクを
    犯しての旅であった。

    但し、電車に乗る際に、たまたま駅で出会ったカザフ人の友人の知り合いが
    一緒の電車に乗ることになったため、万事事なきを得たが、周囲が全員カザフ語で
    喋っていたため、全く気付かなかったのだが、実際には、車掌に何度もお金を
    要求されたとその知り合いから教えて貰った。

    1338

    ビザが下りなかったため、ウルムチに行くのは諦めたが、せめて、キルギスの
    首都であるビシケク(ソ連時代はフルンゼという名前だった)にだけは行きた
    かったのだが、時間的にこちらも無理だった。 その後、キルギスの担当をして
    いたため、毎日キルギスには電話をしていたが、今でもキルギスには行った
    ことがない。

    尚、アルマ・アタからは、天山山脈がハッキリと肉眼でも見えており、その山脈を
    越えると、そこは中国の新疆ウイグル自治区となっている。 カザフスタンの北の
    端には、世界最大の核実験場であったセミパラチンスクが、また、この新疆ウイグル
    自治区も中国の核実験場として有名な場所となっている。

    ソ連崩壊とは何だったのか? その①
    ソ連崩壊とは何だったのか? その②

    ソ連崩壊とは何だったのか? その③
    ソ連崩壊とは何だったのか? その④
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑤
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑦

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本を含む、ビザ免除プログラム参加国から、航空機でカナダへ入国する入国者に
    対し、eTA(Electronic Travel Authorization)、カナダ出入国カードの取得の
    義務化が決定された。 2015年8月から出入国カードの申し込みは開始されるが、
    施行は、2016年3月15日からとなるため、実際に eTA が必要になるのは2016年
    3月15日からとなる。



    カナダは、これまで、ビザ等の事前の入国審査書類の準備は特に必要なかったが、
    米国のESTAと同じようなものが、カナダに入国する際に必要となるため、注意が
    必要。
    • eTA の申請は2015年8月1日から開始
    • 2016年3月15日から施行
    • 日本を含むビザ免除プログラム参加国の国民が対象
    • 航空経由の入国が対象(陸、船などは対象外)
    • eTA の申請はカナダ政府ウェブサイトからオンラインで出来る
    • 申請・取得代は7カナダドル
    • 有効期間は5年間(期間中は何度でも入国が可能)
    • eTA 有効期間中にパスポートが切れた場合、eTA を再度申請・取得する必要性がある
    • カナダのpermanent resident 所持者は、取得の必要性はないが、カナダへ入国
      する際、PRカードの持参が義務付けられる
    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    最近は、かなり簡素化されたロシアへの渡航手続き。 昔は、ビザ申請時に、希望する
    滞在地を全て記載しなければならず、基本的に、ビザに記載された都市以外には行く事が
    出来なかった。

    ビザに貼り付ける写真も現在では1枚になっているが、かつては、切り離して入国の際に
    提出するものと、手元に残すものの2枚が必要であった。  ロシア入国時には、必ず、
    トランクを開けて中身をチェックされ、もしも、グラビア系や、ポルノ系の雑誌が入って
    いたら、全て没収の対象。

    出国時には、財布のチェックが行われ、当時は国外への持ち出しが一切禁止されていた、
    ロシアの通貨、ルーブルが見つかった場合も、全額没収の対象であった。 その後、
    硬貨だけは、国外に持ち出せたが、札だけは、2000年近くまで、持ち出し禁止のままで
    あった。

    イミグレーションカード

    ロシア入国後には、72時間以内に、必ず、滞在地の申告、並びに、登録をしなければ
    ならず、この際に発行される証明書は、パスポートと共に、常に携帯をし、警官に提示を
    求められた場合には、必ず提示をしなければ、国外退去の対象となったが、今では、
    その申請も、7営業日以内までに登録をすれば良いため、かなり簡素化されています。

    その昔、知り合いが、この手続きを怠ったため、国外退去となったが、日本のいい加減な
    職員たちとは異なり、ロシアの入国管理官が、ハバロフスクの空港で飛行機に乗り込ま
    せる最後の登場ゲートまで、付きっ切りで付いて来たそうです。 何を隠そう、この私も、
    この72時間以内の手続きに間に合わなかった事があり、当時は、燃料不足で飛行機が
    全便欠航していたにも関わらず、そのような屁理屈は一切通らないのがロシア。 当然、
    罰金を科せられました。

    ロシアのビザ発給の条件は、毎年何らかの変更があるため、常に最新の情報を調べて
    から、ロシア大使館領事部へ行く事をお勧め致します。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ