フランス革命のヨーロッパの人々に、社会変革に参加する勇気を与えた。
1840年になると、チェコ人の作家や指導者たちは、政治改革とボヘミア、
モラビア内部にあるドイツ権力に終止符を打つことを求めた。 パラツキーは、
ボヘミア王国の歴史と文化を呼び覚ます『チェコ民族の歴史』を書いた。
公立学校では、チェコ語を教え、詩人、作家、ジャーナリストはチェコ語で
文章を書くようになった。

15563983

パラツキーは、有力な政治的指導者となり、1848年末、プラハ、ウィーンを
はじめ、ヨーロッパ諸都市で革命が起こった。 しかし、ハプスブルグ皇帝、
フランツ・ヨーゼフはスラブ民族会議の提案を拒否。 ハプスブルグ軍は、
プラハの革命を鎮圧し、ボヘミアとモラビアに戒厳令を敷いた。 180年代に
入ると、ボヘミア王国領であるボヘミアとモラビアは、オーストリア帝国に
取って代わったオーストリア・ハンガリー二重帝国に編入された。

1800年代終わり、ボヘミアとモラビアに住むドイツ人と、チェコ人との間の
長年の対立が深まっていたが、政府は、帝国内の諸民族の平等の権利を打ち出す
政策を採り、チェコ人のためにチェコ語で法律を書くようになった。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村