東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:バンド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本に初めてやって来た外国人とは、一体何人なのだろうか? 記録上、
    日本に初めてやって来た西洋人は、1543年種子島に漂着したポルトガル人商人、
    フランシスコとキリシタ・ダ・モッタと記録されている。

    sea-680169

    この様な経緯により、ポルトガル語が日本語に果たした役割は非常に大きく、
    日本語として日常的に使われるようになったポルトガル語の単語には、以下の
    ような物があります。

    ポルトガル語 本来の意味 外来語
    Bateira 小舟バッテラ
    Balanço ブランコ 左右の動き、横揺れ
    Bando ギャングバンド
    Biscoitoビスケット、ビンタビスケット
    Bôlo お菓子・ケーキボーロ
    Caramelo 焼き砂糖・カラメルキャラメル
    Cambodia カンボジアカボチャ
    Carta 手紙・トランプカルタ
    Castelo カステラ
    Capaマント・袖なし外套カッパ
    Charamelaチャルメラキャラメル
    Cristãoキリスト教徒キリシタン
    Confeito糖菓子
    Copoコップコップ
    frasco陶器の小びんフラスコ
    gibão肌着・シャツ襦袢
    jarro取手付きの水差しジョウロ
    ombroおんぶ
    órgão機関、器官オルガン
    padre神父、司祭バテレン
    pãoパン、食料パン
    raxaラシャラシャ(羅紗)
    saraçaサラササラサ(更紗)
    tempêro調味料てんぷら
    tabacoタバコタバコ
    veludoベルベットビロード
    vidroガラスビードロ
    zamboaザボンザボン

    >>トップーページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    邦楽 に参加中!

    みちのくを活動拠点とし、和太鼓、篠笛、津軽三味線を用いて、伝統民謡などを現代風に
    アレンジした新世代4人組邦楽ユニット。 バンドでの演奏スタイルが特徴となっており、
    これまでに、日本全国のみならず、台湾、韓国、アメリカ等の海外でも公演活動を行って
    きた。

    希望の音 和太鼓とともに

    IMG_1267
    IMG_1264
    IMG_1293
    IMG_1312
    IMG_1305
    IMG_1303
    IMG_1297
    IMG_1294
    IMG_1295

    現在の4期メンバーは、三浦公規、石田陽祐、千葉響の3名の和太鼓と、津軽三味線
    の高橋勇弥。 結成当初の初代メンバーから残っているのは、和太鼓の3名で、2005年の
    閃雷結成以来、数名のメンバーチェンジを行ってきた。



    東日本大震災以降は、ふるさと宮城を中心に、東北を支援する活動を積極的に行い、
    青いこいのぼりプロジェクト』では、全国から、青いこいのぼりを寄付して貰い、毎年、
    5月5日に東松島市内に青いこいのぼりを掲げ、犠牲になった子供達の鎮魂と、世界中の
    子供達の平和のシンボルとしている。

    瓦礫から再生した楽器を被災地に寄付する活動も行っており、これまでに、大太鼓5基を
    被災地に寄付している。



    2005年の結成以来、10周年を迎えた閃雷が、2015年12月6日(日)、結成の地である
    宮城県美里町文化会館にて、ツアーファイナルを行った。 本拠地なだけに、丸3時間の
    非常に見応えのあるライブでした♪ ライブの後は、恒例のサイン会o(^-^)o ロビーから
    客席に入ろうとしたところ、民謡歌手の庄司さんが突如現れたので、握手と記念撮影して
    頂きました♪ この場所には、云十年ぶりに入りましたが、中にある緞帳が大昔のままで、
    非常に懐かったです。 



    Facebookページ(日本語版)

    Facebookページ(欧米版)

    Facebookページ(中国語版)

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    先日、渋谷で開催された、ドイツのロックバンド、Tocotronic のライブに見に言って来た。
    この日の観客の約半数はドイツ人で、ドイツ人の平均身長は、何と!180センチ超なのだが、
    同じドイツ民族のオーストリア人の場合は、平均身長が、170センチ前後しかないため、
    ここでも、やはり、『北国の方が平均身長が高い』と言う理論が成り立つ事に気付かされた。

     

    この日は、数組のアーティスト達との抱き合わせのライブだったのだが、ドイツ政府からの
    ご好意により、チケットの値段は、2,000円という破格値であった。 30年ぐらい前の
    コンサートチケットの値段は、確か、これぐらいだったと記憶しているのだが、その後、
    チケットの値段は、うなぎ登りで上がり続け、現在では、7,000円前後がチケット相場の
    平均値となっているため、この値段は、かなり財布にも優しい。

    このライブ会場は、どこかで見た事があると思っていたのだが、川村カオリを最後に
    見に行ったライブ会場であった。
    IMG_0283IMG_0255IMG_0221
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ