962年、ローマ教皇は、オットー1世に初代神聖ローマ帝国の帝冠を授けた。
この新帝国は、ドイツやイタリアにある数多くの小さな王国や、公国
(公爵の領地)などの領邦から成り立っていた。 それらの領邦の君主の
中で、7人が選挙候と呼ばれる地位を持ち、選挙候が皇帝を選ぶ仕組み
であった。 976年、オットー1世の後継者であるオットー2世は、
バーベンベルク家のレオポルドをオーストリア辺境伯(比較的地位の低い君主)
に任命した。 オーストリアのバーベンベルク王朝の始まりである。

teaser

バーベンベルク王朝の初期には、バイエルンから多数がオーストリアに
入植して、村落や農場を作った。 この王朝の君主達は、オーストリアと
東のマジャール人の土地との境界のライタ川に防衛線を築いた。 道路網が
新たに整備されて近隣諸国との交易が拡大された。 オーストリアは、
神聖ローマ帝国内の一領邦ではあったが、実質的には、独立国の要素が
大きかった。

heinrichiiobv

12世紀中頃に、皇帝とローマ教皇との権力闘争が激しくなったが、
バーベンベルク家は皇帝を支持した。 1156年、皇帝フリードリヒ1世は、
オーストリア辺境伯ハインリッヒ2世ヤソミルゴットの地位を公爵に
引き上げて、功労に報いた。 この初代オーストリア公は、初めて
ウィーンに定住した君主である。 この時期のオーストリアは、平和で
繁栄を続けた。

バーベンベルク家の君主達はまた、十字軍の後援者でもあった。 十字軍の
戦士達は、イスラム教徒と戦うために、ドナウ川を経由して中東に向かう
ことが多かったため、オーストリアの経済的重要性が大きくなった。
リンツやクレムスなど川沿いの都市がこの時期に誕生した。 1192年、
隣国シュタイヤーマルクの君主が相続者のないまま死ぬと、
バーベンベルク家は、事前の協定に従って、この公国の支配権を得た。

【お勧めの一冊】


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村