多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ドンバス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本では、『親露派』と呼ばれている、ウクライナのロシア系住民達は、いわゆる、
    『西側』では、完全に悪者扱いをされていたが、実際のロシア系住民達がウクライナ
    政府から受けた酷い仕打ちは、この動画の通り。

    【ドンバスでの衝撃の事実を伝えた西側メディアは、極々一部のみ】


    ウクライナ東部のドンバス地域よりも一足先にウクライナから独立を果たし、無事に
    ロシアへの返還が果たされたクリミアでも、ここまでは酷くなかったものの、
    ウクライナ人による度を過ぎた横行が日々まかり通っていた。 クリミアでは、
    そのような理不尽な仕打ちに耐えかね、住民投票によって、正式にウクライナ
    からの独立の道を選んだが、ロシア系住民の多いドンバス地域の先行きは未だ
    不透明なまま。

    【ドネツク市内で途方に暮れる高齢者にパンの差し入れをする撮影者】
     

    西側諸国では、このようなウクライナ東部での内戦を『ロシアが侵攻している』
    としたが、実際は、ウクライナ軍が自国民である、ロシア系住民を空爆したもの。
    アメリカによって操られているウクライナ政府は、自国民の安全すら守らず、
    このような殺戮を繰り返した。 アメリカやイギリスの報道では、全くと言っても
    良いほど、このような報道がなされなかったが、日本でなされている報道とは、
    全く真逆の現実が、そこにはあった。

    【ウクライナ東部のドンバス地域】
    f50e8ec983

    ウクライナは、今後、EU入りを目指すそうだが、このような殺戮を平気で繰り
    返した国がEUに入る事など到底あり得ず、これからも、ウクライナは、世界
    からは孤立して行くであろう。 つい最近では、『ロシアへ一方的に併合された』
    とするクリミアへ取材に行った日本のテレビ局が、ウクライナ検察の捜査の
    対象となったが、そのような自由すら認めない国が西側諸国の一員になるのは、
    未来永劫あり得ない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナは、10年ぐらい前の時とは、全く別の国に成り果てた。 元々旧ポーランド領、
    旧ハンガリー領、旧ルーマニア領、旧ロシア領とバラバラの広大な領土を抱えている国で
    あるため、本来、良いものであるはずの『愛国心』が『ファシズム』と化し、それらの地域を
    束ねる唯一の方法として利用されてしまったため、こうなったものだが、元々は、
    オーストリア領であった、ウクライナ西部地域に対する、オーストリア人の対応は、かなり
    ひややかなものがある。 ドイツ人の対応も似たり寄ったりで、フランス人に至っては、
    興味すらないと思われる。

    米国は間違っていた ウクライナ政府は「バラバラ」だ
     
    2014年末にウクライナのユーロ・マイダンで蜂起が起きた際には、日本の某新聞社も、
    『マイダンで戦って死んでいった英雄たちは、アメリカ側から日給にして30ドル程度を受け
    取ってテロ活動を行っている』と報じたのだが、その後、一切何も言わなくなった。
    ウクライナ内部から始まったとされているこのマイダンも、そもそもが、アメリカが後ろで
    糸を引いていたため、何もかもが、アメリカ寄りの報道しかなされなかった。 よって、
    ロシア側から、ウクライナに対して、人道支援が行われた際にも、国境付近で1週間も
    待たされたり、ウクライナに住んでいるロシア系住民が空爆で何千人も殺されようが、
    西側では一切報道されず、逆に、ロシアがウクライナに侵攻しているとされた。

    >>ウクライナとロシアの自己決定

    d6729f24.jpg


    クリミアのロシア返還に関しても同様で、元々、住民達がウクライナ支配を嫌い、
    住民投票を開き、正式にウクライナから独立した後に、クリミア住民達の意思に
    従い、ロシアへと正式に返還されたものなのにも関わらず、日本では、『ロシアが
    不法に占拠しているクリミア』の枕詞が消えることは最後までなかった。

    今回のウクライナ危機は、『情報戦争』とも呼ばれており、各国が、自分達に都合の
    良いように報道を広めたが、その証拠となるようなものは、一切提示されない
    ばかりか、後に、アメリカのバラク・オバマ大統領ですら、アメリカのウクライナへの
    関与を認めている。

    >>オバマ大統領、ウクライナへの政治的関与を認める

    3a1a339a.jpg


    日本では、外国語教育としては、英語のみしか選択出来ないため、一斉にアメリカ寄りの
    報道がなされたが、ヨーロッパの報道は、これとは全く異なる。 ヨーロッパで、アメリカが
    好きな人は、むしろ稀で、アメリカが嫌いと答える人がその大部分を占める。 物事は、
    一点ばかりから見ると、判断を完全に誤るという、典型的な事件が、今回のウクライナの
    内戦から得た日本の教訓なのでは? 早急に英語以外の外国語を小学校から学べるように
    すべし。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    戦争 に参加中!

    【ウクライナ事情】
    旧ソ連から独立を果たしたウクライナは、欧米諸国では、常にロシアに虐げられた
    可哀想な国という扱いで、10年程前までは、ここまで極右化した国ではなかった。

    アメリカのグランドゼロで起こった9.11も、アメリカの自作自演だと言われて
    いる通り、世界の警察を自称して止まないアメリカがくちばしを突っ込んでくると、
    世界各地では必ず戦争が起きるため、アメリカは、常に、差別する相手と敵を
    探していると言える。


     
    日本では、徹底して悪者扱いをされている、ヤヌコビッチ ウクライナ前大統領は、
    それまで、公の場では、ウクライナ語でしか喋る事を許されなかったのを、これまで
    通り、ロシア語でも喋れるように戻した人物。 ユーシェンコの時代には、
    ロシア語を外国語扱いとし、公の場で話す事を禁止していた。 ウクライナ全土
    では、概ねロシア語のみで話していのにも関わらず、このような愚かな言語統制を
    行ったのは、世界広しと言えども、ウクライナぐらいであろう。

    obamaputin

    【クリミアの帰属】

    クリミアは、元々が、ロシアの領土であり、第二次大戦の末期に、クリミア半島の
    ヤルタで、スターリン、チャーチル、ルーズベルトの三者会談が開かれたのだが、
    その時に、クリミアがソ連邦内のどこの共和国の所属だったかというと、ロシア。

    その後、ウクライナ人のフルシチョフ書記長によって、クリミアは、ウクライナに
    一方的に併合され、当時は、それを「友好の証」と称していたが、その当時の
    ロシアとウクライナの国境線は、日本で言うところの、県境程度の簡単なもので、
    国境を超える際に、特にパスポートも必要なかったため、ロシア人達もクリミアの
    併合を特に気にも止めていなかったのだが、ソ連邦が崩壊して、ウクライナが独立を
    果たしてからは、それまでの支配層・特権階級であったロシア系住民は、逆に、
    ウクライナ人から迫害や乱暴狼藉をされる側になった。



    クリミア住民は、20年以上にも渡り、ウクライナ人からの差別、乱暴、レイプ等に
    耐え抜いたものの、2014年になって、ついに、堪忍袋の尾が切れて、住民達による
    正式な住民投票を経て、ウクライナから一旦独立の後、住民達の意思に従って、
    クリミアはロシアに返還された。

    12227561_948506601_n

    【ドンバスへの被害の拡大】

    その後、ロシア系住民(日本では、親ロ派と呼ばれている)の不満が東部へと拡大
    したのが、現在のウクライナであり、旧ソ連時代のウクライナ東部は、ロシア人の
    移住が進み、元々は、支配的な立場であったロシア系住民の多くは、ウクライナ人の
    事を田舎者扱いし、一時期ウクライナ語は禁止されていた。

    ウクライナの独立後、ウクライナは、ウクライナ人だけの国となってしまったため
    (これは、旧ソ連邦の他の国も状況は同じ)、ロシア系住民は、逆に、差別、弾圧の
    対象と成り下がった。 ウクライナ東部では、ロシア系住民への空爆や、殺戮が
    繰り返され、数十万人単位でのロシアへの避難民が出ているが、そのような不都合な
    事実は、西側メディアでは一切伝えられていない。

    >>無誘導ロケット砲での民間人殺害 人口集中地域でのグラート・ロケット砲使用停止を

    【忍び寄るアメリカ】
     
    独立後、事あるごとにロシアに楯突いて来たウクライナに目を付けたのは、
    アメリカで、前回のオレンジ革命でも、ロシアを陥れるために、アメリカが
    大々的に裏で糸を引いていたのは、明白な事実。 その結果、ウクライナでは、
    数年間に渡り、ロシア語が禁止になったのは、既に述べた通り。

    ウクライナでは、ポーランド寄りにある西部の極一部を除いて、皆ロシア語で
    話しているのだが、そのロシア語は、ウクライナでは、外国語扱いとされ、
    ロシア語放送には、全てウクライナ語の字幕が義務付けられ、日本から、
    ウクライナへ何か製品を輸出したければ、ウクライナ語のマニュアルの添付が
    強制化された。

    >>日本が見習うべきはロシア。プーチンのようにユダヤ金融資本を日本から追い出せ

    それを解除したのが、今回追放された、ヤヌコビッチ元大統領。 ウクライナの
    政治は、汚職が蔓延しており、政治家は、国民のためではなく、自分たちのため
    だけに暴利をむさぼり、その不満を愛国心に転化して、ロシアに非難の矛先を
    向けている。 ウォール街のユダヤ資本家に操られて、世界中で戦争を繰り返して
    いるのは、むしろ、アメリカの方で、戦争でお金儲けをしている人たちがいなく
    ならない限り、この世から戦争はなくならない。

    >>マレーシア17便は墜落していなかった。ボストンと同じように役者たちが演技していた
    マレーシア航空機17便最後の映像 ウクライナ空軍が撃墜したと言われている

    5059471288541

    この事実を完全に無視して、アメリカ寄りの報道しかしていない日本のメディアは、
    ウソ、偽り、間違を平気で公共の電波を通して垂れ流しているが、そもそも、
    ドイツ、フランス等のまともなヨーロッパ人は、この事実を知っているため、
    ウクライナをまともには助けようとはしない。

    ロシアは、これまでにも、アメリカの一方的な偏見により、数々の嫌がらせや、
    ウソのプロパガンダばかりを流されて来たのだが、このような事実関係をしっかりと
    知っていれば、日本政府やマスコミの情報操作には騙されずに済んだと思うのだが、
    そもそも、日本には、ロシアの事をまともに認識出来ている人間が、皆無に近い
    ため、この先も、ロシアと日本との関係は、一向に改善しない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    アメリカのオバマ大統領は、CNNのインタビューの中で、「米国は、ウクライナにおける
    権力の移行をやり遂げた」と認めた。 いこれまで、『ユーロマイダン』は、汚職に満ちた
    ヤヌコヴィチ体制に反対する一般大衆の抗議行動を基盤とした、ウクライナ内部から
    生まれたものだと言われてきたが、よくよく考えると、キエフでのクーデターが本格化
    したのは、ロシアでソチオリンピックが開催されていた期間中
    であるため、『世界の警察』を
    自認してやまないアメリカが、口ばしを突っ込んで来ない方が不自然と考えるのが
    妥当な考え方。

    4482557_n

    米国務省のヌーランド報道官は、既に1年前に『米国は、ウクライナにおける民主主義
    発展のために50億ドル出した』と述べており、日本の某新聞記者も、ユーロマイダンでの
    クーデターが勃発した折に、暴動に参加したウクライナ人達は、日給3,000円程度で
    雇われているとハッキリと述べている。 その直後に発生したマレーシア航空機の撃墜
    事件も、腑に落ちない点が多過ぎるため、アメリカの関与は、当初から決定的であったが、
    日本の報道機関や、専門家たちは、一方的に、アメリカとウクライナの味方をした。



    見方を変えると、他国の関与によって、政権交代をしたのだから、明らかに内政干渉に
    なる筈だが、世界で唯一の超大国は、世界で何をやっても良いらしい。 元々、アメリカや
    カナダには、ウクライナ人の移民が多く、100年ほど前に起きた飢餓や、スターリンの
    粛清から逃れて、遠く北米大陸に移り住んだウクライナ人の子孫たちが、今でもその
    恨みを抱いて生きており、その2世、3世の世代になっているため、その恨みが増幅して
    いる。

    93003642

    カナダ最大の都市であるトロントには、世界最大のウクライナ街があるが、そこで、
    ロシア語で話し掛けると、あからさまに嫌な顔をされる事が多々ある。 そもそも、
    ロシア語とウクライナ語は、そのまま喋っても、その殆どが理解可能な言語であるため、
    本来は、喜ばれるべきだが、その逆の状況となっているのは、歴史的な湾曲が進んでる
    証拠。 元々、被害者意識は、増幅されやすく、ありもしない妄想を生み出すのが世の常。



    現在の政権に代わった当日に、ポロシェンコ大統領は、ウクライナ南東部のドンバス地域で
    大々的な空爆を開始し、総勢で8,000名以上の罪のない一般市民が殺され、数十万人にも
    及ぶ、ロシア系住民たち(日本では、親ロ派と呼ばれている)が、ウクライナ国外へと逃れた。
    特に、ウクライナ南部のオデッサでは、親ロ派がウクライナ人らによって、大量に殺された
    事件があったが、日本では、ほぼ報道すらされなかった。

    6e5bef2c

    今回のこのウクライナでの大規模な内戦を見ていると、日本には、ウクライナとロシアを
    正確に見ている専門家が皆無に近いことが良く分かる。 所詮、アメリカのバイアスしか
    入ってない英語からの直訳のニュースの垂れ流しは、そろそろ止めにしないと、アメリカに
    よる洗脳がますます酷くなるばかり。 何もかも、イメージだけで物事を判断していると、
    このような醜態を晒すという事を肝に銘じるべし。

    999796740_n

    何度か、ウクライナに関する大学での講演会にも出席して見たが、まともな意見を聞く
    ことはなかったため、あの人たちは、一体何のために専門家面して長年大学に居座って
    いるのかと非常に疑問を感じたが、そのような適当な仕事であったとしても、仲良し
    ごっこでどうにでも出来るのが、日本社会の長年の悪しき習慣だといつになったら
    気付くのか?

    出典:オバマ大統領 ウクライナでの国家クーデターへの米当局の関与ついに認める

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナ西部のガリツィア地方(青い場所)は、元々はポーランド領であったため、
    どうして、そこまで、ウクライナ政府は、そこまでガリツィヤにこだわるのか、到底
    理解出来ない。 どちらかと言うと、ウクライナよりも、ポーランドに属した方が自然
    なのだが、ウクライナ人達も、ポーランドを西へと追いやっているため、南東部の
    ドンバス(緑色の場所)の事を余り強く言えない筈なのだが。 ベルリンの壁が崩壊
    した際に、ドイツの国境が画定され、ポーランドとの国境問題がなくなった今となっては、
    ポーランドも今更、ガリツィアを返せとも言えず。

    現在のウクライナ語は、このガリツィア方言が元になっていると思われ、言語的には、
    ロシア語よりも、ポーランド語と酷似している。

    Map_468

    南西部のベッサラビア(北ブコビナ)は、元々、ルーマニア領、カルパチアは、スロバキア
    統治の後、ハンガリー領となったものなので、それらを束ねるのは、『愛国心』だけなの
    かも知れない。 

    日本から見た場合でも、京都が急に共産圏に入ると言い出したら、反対するの同じ。
    いくら東日本の人間が、関西の事を嫌っていたとしても、実際に、関西が別世界に言って
    しまう可能性が出てきた場合、東京も当然、大反対するであろう。

    ヨーロッパは、どこの国でも侵略や、奪い合いの末、国境が画定された場所が多いため、
    ウクライナに限らず、隣国との関係は、どこも全て微妙。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    На Украине убили много безоружных людей, а в Японии нормально живут
    безответственные люди, и они даже не ходили на выборы из-за холоды.
    Разве это имеет справедливость? Вы меня понимаете, японцы?
    Ваш монументальный идиотизм всегда убивает ваших окружающих.



    In Ukraine killed many unarmed people and in Japan, still normally living
    irresponsible people, and they didn't even go to the elections because of the cold.
    Is is fair? Can you imagine Japanese people? Your monumental idiocy kills
    always your associates.

    ウクライナでは、武器を持たない人たちが、大勢殺されました。 日本では、責任を
    持ちたくない人たちが、寒さで選挙にすら行きませんでした。 これが公平な世界だと
    言えるのでしょうか? 日本人のお花畑は、周囲を見殺しにして、成り立っています。Putin-reviziya-itogov-Vtoroy-mirovoy-voyny-nedopustima
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年度の『世界で最も影響力のある人物ランキング』で1位を獲得した、
    ロシアのプーチン大統領。

    10698428_742193009149898_1717028210058710822_n

    日本は、何もかも、全てアメリカの言い成りで、単に、英語のニュースをそのまま
    直訳して垂れ流しているため、未だに、テレビなどでは、『親露派』や、『ロシアが
    不法占拠しているクリミア』などという、情報を明らかに、操作するような表現を
    用いて、国民を洗脳しているが、『親露派』とは、『ロシア系住民』の事であり、
    ウクライナ正規軍を相手に、武装をして暴れまわっている、恐ろしい武装集団と言う
    イメージが日本では強いものの、実際のところは、単なる『ロシア系住民』で、常に、
    ウクライナ軍の攻撃にさらされており、今回のウクライナ危機の後に、ロシア系
    住民、約4,000名が、ウクライナ軍によって、殺されたと言われている。

    そのような緊急を要する状況下であるため、『親露派』と呼ばれる、ロシア系住民
    たちも、当然、武装をしなければ、ウクライナ政府に、殺されてしまうという非常に
    厳しい状況下にあります。 元々、このロシア系住民の人たちは、旧ソ連の時代は、
    ウクライナ国内を支配するような立場に居た人たちでしたが、ソ連の崩壊と共に、
    ウクライナが、漁夫の利で独立を果たし、何もかもが、取って付けたように、完全に
    ウクライナ化される中で、このロシア系住民は、今度は、それまでの恨みを一心に
    受けて、差別、暴行、レイプの対象となりました。

    元々、クリミアを始めとする、ウクライナ南東部~クリミア半島に掛けては、ロシア語圏
    であり、住民の殆どが、ロシア語だけで、生活をしていたものの、ウクライナの
    独立後は、ロシア系住民と言えども、国語として、ウクライナ語が強要されたため、
    これが、ウクライナ政府への反発ともなっています。 分かりやすく言うと、『言語戦争』
    とも言い換えられるのですが、元々、支配をしていた階層が、今度は、支配される側に
    回ると、このようになるという事実を如実に表しているのが、ウクライナです。 

    同じロシア語圏でありながら、アメリカが介入してくると、ここまで対立を深めるのか
    という事実も、見逃してはなりません。 特に、自ら望んで独立を果たした訳ではない
    国が、ファシズムにより、急速にウクライナ化されたため、あちらこちらに、その歪が
    出ております。

    マレーシア航空機の撃墜事故は、事故当初から、アメリカとウクライナの自作自演
    だとされており、キエフで、騒乱が始まったのが、昨年の年末、その戦いが、更に
    激化したのが、ロシアのソチオリンピック開催期間中であったため、アメリカのユダヤの
    大金持ちたちが、金にものを言わせて、後ろで、ウクライナの糸を引いていたと
    見るのが、妥当な見方。

    長年に渡る汚職により、国民も疲れ果てたところに、アメリカの甘い汁が舞い込んで
    来たため、ついつい、それになびいて、争いが激化したもの。 首都キエフでの争いの
    当初、戦いに参加すれば、アメリカから、日当にして、3,000円程度が支払われる
    という日本の新聞会社の記事があったが、そういう不都合な事実は、何も伝えない
    のが、世界の大手メディアなのか。

    1538897_718855538189078_3630505947128854101_n

    マレーシア航空機墜落直前の衛星写真。 やはり、ウクライナ軍の戦闘機スホイが
    至近距離から攻撃した模様。 墜落したマレーシア航空機の機体にも、機関銃の
    ようなもので撃たれた跡が残っていたため、やはり、戦闘機による攻撃と見るのが、
    一番無難な見方。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカとヨーロッパは、ウクライナ政府によるドンバスでの自国民の殺戮を完全に
    隠している。 日本で『親ロ派』と呼ばれているのは、実は、ウクライナ国内に住んで
    いるロシア系住民の事。 極々一部は、確かに武装しているのだが、その他は、
    単なる一般市民、旧ソ連の時代は、ウクライナ人を支配する、支配者層であった
    人達を指している。

    ウクライナ内戦による死者数は、つい最近まで、死者2,200名と言っていたのだが、
    あっという間に2,500名を超えた。 これまで、ご都合主義のアメリカのメディアは、
    この事実は、完全に隠していたのだが、アメリカメディアもようやくウクライナ東部
    地域での惨状を報道し始めたのか?



    1990年代、アメリカを中心とするNATO軍は、コソボの独立を認めないとして、
    旧ユーゴスラビアの中心国だったセルビアの首都ベオグラードを空爆したが、
    コソボの独立を認めなかったセルビアのミロシェビッチとクリミアの独立を認めていない
    ウクライナのポロシェンコの具体的な違いは何なんでしょうか? コソボの独立を
    認めずに空爆されたセルビアと、クリミアの分離独立とウクライナの連邦制以降を
    一切認めずに、『悲劇の国』扱いのままのウクライナの具体的な違いは、アメリカが、
    どちらの国の見方をしたかだけの差だと思う。

    マレーシア航空機撃墜に関しても、アメリカ側は、ロシア側からの再三の要求に
    対して、何一つ具体的な回答は行わなかった。 この時点で、アメリカがウクライナに
    政治的に関与していたことが裏付けられると思われるのだが、日本のメディアは、
    こぞって、クリミアに関す情報にアメリカの湾曲した情報を織り交ぜてくるため、
    始末に負えない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ