多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ドラえもん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ドラえもんの作者として有名な藤子・F・不二雄(本名/藤本弘)氏は、
    1933年12月1日、富山県高岡市に生まれた。 彼を記念した博物館は、
    神奈川県川崎市にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」が有名だが、
    有名マンガ家の出身地である富山県高岡市にも彼を記念した
    高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリーがあります。

    532908541178

    同じ富山県氷見市出身の安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)と共に「藤子不二雄」
    としてコンビを組み、数多くの作品を発表した。 代表作には「ドラえもん」
    「パーマン」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」「21エモン」など多数。
    ファンタジーをモチーフにした作品が多いが、ドラえもんを含めて、哲学的な
    深い話題を扱うことも多かった。 作者名の間にある「F」は本名「藤本」の
    頭文字を意味している。

    IMG_0417



    川崎市にある大人気のミュージアムの方は、主に、作品の展示がメインだが、
    こちらのふるさとギャラリーは、彼の半生がテーマ。 よって、作品の展示は
    少なく、マンガを書く際に実際に使用していた物や、過去の歴史を主に展示
    しているため、歴史資料館と言った方が分かりやすい。 この日は、たまたま、
    「ドラえもん展」を開催していたため、ギャラリー内は、ドラえもん一色でした。

    【高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリー】
    IMG_0412
    IMG_0413
    IMG_0415
    IMG_0418
    IMG_0421
    IMG_0427
    IMG_0439
    IMG_0436
    IMG_0437

    高岡市にあるドラえもんに会えるマップ
    takaoka01

    【ドラえもんに会える街、高岡市】
    NEWS000000353301
    7E15116ALL
    PA310110
    25RNWUcAA90km
    ty1101small
    hokurikushin
    5a13152287
    bcc0cdff
    4d19a259db23

    人口約17万人、富山県第二の都市である高岡市内には、ドラえもんの他にも、
    高岡大仏や土蔵の街山町筋など、見所が多いため、ドラえもん以外の歴史散策も
    同時に楽しみたい。 東京駅からは、北陸新幹線で1本で行けるドラえもんに
    会いに旅はいかがでしょうか。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    どっちも、自分が正しいと思ってるよ。 戦争なんて そんなもんだよ。

    fd141113e001

    立派すぎる決心は、きっと三日坊主になるから。

    fd141113e002

    あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。

    fd141113e003


    一番いけないのは、自分なんかだめだと思い込むことだよ。

    fd141113e004

    きみはかんちがいしてるんだ。 道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい
    安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ。

    fd141113e005

    ぼく、ひとりでおきるよ。 これからも、何度も何度もころぶだろうけど・・・。

    fd141113e006

    友達に助けを求められて、知らん顔なんてしてられるか!

    fd141113e007

    ときどき理屈に合わないことをするのが人間なのよ。

    fd141113e008

    一生懸命のんびりしよう。

    fd141113e009

    あったかいふとんで、ぐっすりねる!こんな楽しいことがあるか。

    fd141113e010

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2011年9月に開館した、川崎市にあるマンガ家の藤子・F・不二雄こと、藤本弘氏の博物館。
    1日の入館者数を2,000名と制限しており、事前予約制を導入しているため、PCによる
    予約の後、ローソンでのチケットの発行が必須となっている。

    藤子・F・不二雄ミュージアムは、元々は、『向ヶ丘遊園』という名前の遊園地で、当時は、
    モノレールが、小田急線の向ヶ丘遊園駅とこの地を結んでいたが、今では、それも廃止され、
    線路自体も完全に撤去されている。
    IMG_7556
    開館から既に数年程度が経過しているものの、今でもかなりの入場者数を誇るため、もう少し
    早く、このミュージアムが開園していたならば、このモノレールも廃止の憂き目にはあわな
    かった筈。 但し、この向ヶ丘遊園跡地は、数年ほど遊休地として眠っていたものを、藤子プロが
    自費でミュージアムを建設して、川崎市に寄贈したもの。 よって、この施設の所有者は、
    藤子プロではなく、川崎市。 入館の際に、『おはなしデンワ』なるものが無償で貸し出され、
    日本語の他にも、英語、中国語、韓国語での解説を聞く事が出来る。
    IMG_7560
    展示品のメインは、やはり、藤子・F・不二雄氏の代表作の『ドラえもん』。 マンガの仕上がり
    度合いから言っても、『不朽の名作』と言って間違いないと思います。 『サザエさん』に続く
    長寿番組であるため、親子2世代で楽しめる夢のような施設。 館内は、一部を除き、
    撮影禁止。 ドラえもんの原画は、必見で、この作品が、単なる子供向けの娯楽マンガなど
    ではない事が良く分かります。 よって、子供よりも、むしろ、昔子供だった大人の方が
    楽しめる施設なのかも知れません。 この他にも、館内には、藤子・F・不二雄氏のオリジナル
    キャラクターを使った、料理を提供するレストランや、オリジナルキャラクターグッズの販売も
    行っている。
    IMG_7614
    ドラえもんは、作風が、かなり哲学的な部分が多いため、大人になった今こそ、改めて読み
    返す価値のある作品だと思います。

    IMG_8937
    IMG_8947
    IMG_8953
    IMG_8957
    IMG_8941
    IMG_8964
    IMG_8967
    IMG_7697 IMG_7676

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    このページのトップヘ