多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ドイツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ワールドミュージック に参加中!

    日本では、『ネーナ』として知られている、ネーナ・ケルナーは、1980年代
    初頭に、『ロックバルーンは99』で世界的な大ヒットを飛ばしたドイツ出身の
    歌手、並びに、女優。 ドイツ人は、長期休暇の際に、好んでスペインに行くが、
    『ネーナ』の語源は、スペイン語で『小さな女の子』を意味する『ニーニャ』が
    元になっており、3歳の頃から周囲からは、『ネーナ』の愛称で呼ばれていた。

    nena

    ハーゲンのギムナジウムに通っていたが、17歳の時に中退、手に職をつける
    ために、両親の勧めで金細工の技術を習っていた。 1977年11月にディスコで
    ギタリストのライナー・キッツマンと知り合い、そのバンドThe Stripesの
    ヴォーカルに誘われたのが音楽活動の始まりだった。 1978年には、ライブ
    活動を開始し、翌年最初のシングルである『Strangers』を発表した。

    1980年には、アルバム『The Stripes』を発表したが、シングルの方こそ、
    そこそこの販売を記録したが、アルバムは余り売れなかった。 1981年にこの
    バンドは解散した。

    ネーナは、当時の伴侶であったThe Stripesの元ドラマー、ロルフ・ブレンデルと
    共に、西ベルリンへと移ったが、そこで知り合ったキーボードのウヴェ・
    ファーレンクローク=ペーターゼン、ベーシストのユルゲン・デーメル、
    ギタリストのカルロ・カルゲスと共に、ロックバンド『ネーナ』を結成し、
    1982年に最初のシングル『Nur geträumt』を発表。 その後、テレビにも
    出演して知名度が急上昇した。



    1983年、2枚目のシングル『ロックバルーンは99』を発表すると、ドイツ国内で
    ヒットチャート第1位を獲得するだけには留まらず、この曲を偶然聞いた
    カリフォルニア州のDJの耳に止まり、アメリカ西海岸にあるラジオ局を通じて
    大ヒットとなり、ついには、アメリカ国内チャート第2位を獲得し、更に、
    そこから火が付いて、全世界(スイス、オーストリア、イギリス、オランダ、
    スウェーデン、ポーランド、ニュージーランド、オーストラリア、日本、カナダ、
    メキシコ、コロンビアでヒットチャート第1位)規模での大ヒットとなった。 尚、
    この曲はヨーロッパでは反戦歌として定着している。



    しかし、その後発表したシングルに数曲のヒットがあったものの、次第に
    人気が衰え、低迷期へと突入し、映画出演で知り合った俳優との間に最初の
    子供を妊娠したため、バンドは活動休止へと追い込まれ、1987年には
    バンドが解散した。



    バンドの解散後も、ネーナ自身は、1989年からソロ活動を続けていた。
    子育ての時期の楽曲は子供向けの性格が強く、余りヒットしなかったが、
    音楽活動の傍ら、声優、司会者などとして出演していたものの、歌手としての
    キャリアは完全に忘れられつつあった。

    ところが、ドイツにおける長期的な80年代ブームの中、2002年に『ネーナ』の
    元キーボード、ウヴェ・ファーレンクローク=ペーターゼンと組んで、かつての
    大ヒット曲である『ロックバルーンは99』を新ヴァージョンで発表すると、
    瞬く間に人気が復活、奇跡的なカムバックを果たした。

    2005年に発表したシングル『Liebe ist』は、ドイツの人気ドラマ
    『Verliebt in Berlin』の主題歌になったこともあり、『ロックバルーンは99』
    以来、22年振りのヒットチャート1位を獲得した。 アルバム
    『Willst du mit mir gehn』もヒットチャート2位を記録。 同年には、
    フランクフルト・ブックフェアでアルバムと同名の自伝を発表、その年3位の
    売上となり、ベストセラーとなった。 ドイツ、オーストリア、スイスでの
    ツアーも開始。 携帯電話のコマーシャルにも出演。 2007年にはマレーネ・
    ディートリッヒのカヴァー曲を発表している。

    ただし、かつてのようなドイツ語圏の枠を超えてのヒットは今のところ
    見られない。



    【お勧めの一枚】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    音楽好きな母方の親類の影響により、8歳でピアノを習い始め、学校でも合唱団に
    加わっていたが、高校在学中に、演技の才能も見出され、音楽活動の他にも、舞台に
    立つようになった。 演劇学校に通った経験はないものの、テレビドラマにも出演して
    おり、1977年には映画にも初出演し、同年にはジャズロック・バンドのリードヴォーカル
    として、初めてのレコードを発表した。
     
    groenemeyer

    1979年には、出演したテレビドラマにより、ドイツ国内では広く知られるようになり、
    1981年には、ヴォルフガング・ペーターゼン監督の映画『Uボート』に出演、世界的な
    大ヒットとなり、俳優としては、成功を修めた。 翌年には、東西ドイツの合作映画
    『Frühlingssinfonie』でナスターシャ・キンスキーと共演、ロベルト・シューマン役を演じて、
    俳優業は順調だったものの、最も力を入れていた音楽活動の方は、不遇の時代が続き、
    コンサートには殆ど客が入らず、中止が相次ぎ、1983年にはついにレコード会社との
    契約を打ち切られた。

    1984年、EMIと契約して再起を期し、アルバム『4630 Bochum』を発表、これが大ヒット
    となり、79週に渡りドイツのアルバム売上げチャートで100位以内に入った。 当時は、
    マイケル・ジャクソンの『スリラー』が世界的に大ヒットしていた時期だったが、
    『4630 Bochum』はその年、ドイツ国内で最も売れたアルバムとなった。 その
    アルバムの中のシングル曲『Bochum』と『Männer』で流行歌手としての彼の地位は
    ゆるぎないものとなった。



    1988年には、アルバム『Ö』を発表し、初めて英語詞の曲を収録した。 その後、初の
    海外ツアーとして、カナダ・ツアーを行った。 1993年、アルバム『Chaos』を発表、
    これもヒットチャート1位を獲得、ツアーには60万人を動員した。 1994年には、
    非英語圏のアーティストとして、初めてMTVのMTVアンプラグドに出演した。

    1998年には、家族と共にロンドンに移住したが、音楽活動はドイツ語で続けた。 同年
    アルバム『Bleibt alles anders』を発表、4週間足らずでプラチナ・ヒットとなった。 ツアー
    には35万人を動員。 しかし、この年11月に兄と妻が相次いで死去し、ショックの
    あまり1年間の音楽活動休止に追い込まれた。

    2000年のハノーファー万博に合わせて、オーケストラ用の曲を発表。 2002年、アルバム
    『Mensch』を発表、大ヒットとなり、同名のシングル曲でも初めてヒットチャート1位を
    獲得した。 その年に始めたツアーは、2003年7月に終了する予定だったが、150万人を
    動員し、更に2005年1月までツアーが延長された。



    2006年に開催された、『2006 FIFAワールドカップ・ドイツ大会』に合わせて、シングル
    曲である『Zeit, dass sich was dreht』を発表たが、この曲はマリ共和国の歌手との
    合作だった。 6月9日のミュンヘン・アリアンツ・アレナにおける開会式でも、全世界が
    注目する中この曲をライブで披露した。 この曲も大ヒットとなり、彼にとって2度目の
    ヒットチャート1位となったが、地元ドイツ代表は、この大会は3位に終わった。



    2007年にはアルバム『12』を発表。 シングル曲『Lied 1 – Stück vom Himmel』は彼に
    3度目のヒットチャート1位をもたらしている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    この季節のオーストリアの定番と言えば、ランゴス♪ 元々は、ハンガリー
    料理だったものが、オーストリアにも入って来たもの。 同じドイツ語圏である
    筈のドイツでは、食べないらしい。

    調理方法は、パイ生地のような小麦粉の生地を、ニンニクをたっぷりと摩り
    下ろしたオリーブ油で揚げるだけ。 その他、チーズを乗せたり、お好みで、
    トマトや、ピクルス等を上に乗せて、ほぼピザのような状態のものもあるが、
    個人的には、シンプルなこのバージョンが一番お勧め。 ウィーン市役所の
    クリスマス市では、毎年、ランゴスの屋台が登場し、ホットワインや焼き栗
    (オーストリアでは、『Kastanien』ではなく、『Maroni』と言う)と共に、
    ウィーンの冬の定番となっている。

    maronirgie

    日本語には、『頂きます』という言葉があるが、ヨーロッパ言語には、その
    ような表現はない。 その代わりに、これから食事をしようとしている人に
    対して、『美味しく召し上がれ』と言います。 ドイツ語の場合は、
    『マールツァイト』『グーテン・アペティート』または、フランス語の
    『ボン・アペティー』と言い、ロシア語の場合は、
    『プリヤードナヴァ・アペチータ』と言います。

    ロシア語では、どうして主格にならないのかと言うと、その前に本来ある筈の
    『望む』という動詞が生格支配だから。 ドイツ語の場合は、4格支配のため、
    その前に付いている形容詞が、『グーテン』と4格に格変化する。 英語には、
    格変化がないが、ドイツ語の4格は、英語の目的語に相当するので、目的格とも
    言う事が出来る。

    langos-rezept-img-20134
    1179409556-2LangosSchafskseTomatenKruter
    Lángos_groß

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    先日、渋谷で開催された、ドイツのロックバンド、Tocotronic のライブに見に言って来た。
    この日の観客の約半数はドイツ人で、ドイツ人の平均身長は、何と!180センチ超なのだが、
    同じドイツ民族のオーストリア人の場合は、平均身長が、170センチ前後しかないため、
    ここでも、やはり、『北国の方が平均身長が高い』と言う理論が成り立つ事に気付かされた。

     

    この日は、数組のアーティスト達との抱き合わせのライブだったのだが、ドイツ政府からの
    ご好意により、チケットの値段は、2,000円という破格値であった。 30年ぐらい前の
    コンサートチケットの値段は、確か、これぐらいだったと記憶しているのだが、その後、
    チケットの値段は、うなぎ登りで上がり続け、現在では、7,000円前後がチケット相場の
    平均値となっているため、この値段は、かなり財布にも優しい。

    このライブ会場は、どこかで見た事があると思っていたのだが、川村カオリを最後に
    見に行ったライブ会場であった。
    IMG_0283IMG_0255IMG_0221
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本が、今後も『先進国』を名乗る気があるのであれば、文句を言う比較対象国を
    これまでのアメリカ、中国、韓国だけではなく、同じ先進国のドイツ、フランス、
    スウェーデン、オランダ、デンマーク、カナダとすべき。 これらの国々と比較すると、
    日本は単なる途上国である事が良く分かる。

    世界中で、これ程自殺が多い先進国はありません。 動物実験に対して一切何の
    規制もない先進国はありません。 大学教育が無料にならない先進国は、日本と
    英語圏のみ。 この際、政治の腐り切った部分を徹底的に洗い出して、自浄すべき。
    それで多少国会が停滞しようとも、長い目で見れば、それが最終的には近道。

    誰かがやるだろうではなく、自分から何かを変えようと思わない限り、この国は、一切
    何も変わらない。 この際、自民党と民主党が刺し違えたとしても、政治を変えるべき。

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本の教育費用の家計負担は、OECD加盟国のなかでも高く、大学の学費は、
    親の時代と比較すると、倍増しており、イギリスでは2012年に大学の授業料が
    3倍に値上げされた。 教育費用が上昇する国がある一方で、ドイツでは、
    大学の授業料を廃止することが決定された。

    元々、ドイツで大学の授業料が有償化したのは、2006年からのことで、ドイツ
    政府は「今回の決定は大学へ進むか進まないかを、親の経済力に左右されないため」
    と説明している。 授業料は、学生の機会の観点から不公平で、若者の学習意欲を
    損なわせ、現代のドイツでは質の高い大学の教育課程を無料で提供することは
    重要な政策であるとしている。

    ドイツのほとんどの州では、国立大学の授業料は、無料だったのだが、例え、
    有料だったとしても半年で500ユーロ(約7万円)くらいに抑えられていた。 
     
    ggfffddddd

    同じドイツ語圏でも、大学の授業料は、それぞれなのだが、私が1995年に
    ドイツ語圏で最も古いウィーン大学に入学した際には、外国人でも無料で、
    登録手数料や、施設維持費用のようなものを合計すると、当時の日本円に
    換算して、年間7万円弱ぐらいだったと思う。

    当時は、まだユーロが発足しておらず、オーストリアの通貨である、シリングを
    日本円に換算すると、1シリングあたり、約11円の時代であった。 ドイツ語圏の
    大学は、高校卒業と大学入学資格が一体となっており、単に高校を修了した
    ところで、卒業資格は貰えない。 よって、高校終了後に、数年間掛けて、
    卒業資格を取る人たちも存在する。

    大学は、気に入らなければ、転校も可能で、一旦社会に出てから、大学に入学する
    人も多いため、大学の教授よりも、生徒の方が年上と言うのもザラ。 あくまでも、
    実力が伴わない人間は、進級出来ないため、10年掛かったとしても、卒業出来ない
    人は、出来ないシステムとなっている。 入学するのも、卒業するのもかなり大変
    なのが、ヨーロッパ式の大学。 但し、進学率が家庭の家計状況に関わらない
    というのは、日本やアメリカと比較しても、かなり公平と言える。

    >>【ドイツ】外国人でも学費が無料の国

    【お勧めの一枚】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本の労働時間は、ドイツと比較すると、年間で315時間も長い。 一日8時間、
    週休2日で計算すると、毎年ほぼ8週間も余計に働かされている事となる。
    日本人に生まれると、もれなく強制労働5年4か月の懲役刑を受けているのと同じ。

    こんな国は国民の意志で、何とかして変えるしかない。 そのためには、政治に
    関心を持つ事が重要で、国民一人一人が自らの意志を持ち、国を変えるぐらいの
    気概が必要だと思う。 この国を作り上げているのは、我々一人一人の国民です。

    1920499_495177740621071_8642107027322769585_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    下の画像を見て頂くと一目瞭然なのだが、日本では、上の方だけで、お金の奪い合いを
    しているため、結局は、一般市民レベルまで、お金が落ちて来ない。 政治家は、適当に
    保身だけしていれば、後は安泰となっており、あえて危険を犯してまで何かを変えなくても、
    適当にお茶を濁して、辞職にさえ追い込まれなければ、国民は、二の次三の次。

    その政治家に寄生をしている大企業の資産家たちも、自分たちの保身ばかりを考えて
    いるため、結局は、経済の血流とも言える、お金が市場に回らなくなった。 国民には、
    まともな情報すら与えず、各々の立場で、同じような思想の人間たちが固まり、対立して
    いるだけとなっており、協力どころか、お互いに足の引っ張り合いしかないため、結局は、
    社会が一切何も変わらない。

    1390770_10200778650097762_502282354_n

    今の日本では、0か100、右か左かの極端な考え方が支配的になっているため、相手を
    決して認めず、盲目的な意見で相手を攻撃しているだけであるため、結局は、政治家の
    思う壺。

    平時は、『全体主義』を当然のように押し付けて来るが、肝心な時には、無視されるか、
    逆に、攻撃されるかの何れかしかないため、結局のところ、日本人は一切頼りに
    しないのが、一番賢い道とも言える。

    但し、全員が全員そうとも限らないため、結局は、付き合う人間を選ぶべきなのかも
    知れない。

    10689960_633962550058102_8524608423133080930_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ