多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:トロツキー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日露戦争のおける敗北で、ロシアの専制権力の時代錯誤と無能ぶりが明らかになり、
    1905年、革命が起こった。 ニコライ2世は、10月詔書を出して、政治的自由を
    認め、国会の開設を約束した。 1906年に憲法が発布され、立憲専制体制とでも
    言うべき体制が始まった。 しかし、この体制は、うまく機能せず、ロシア帝国は
    生まれ変わることが出来なかった。

    1914年に始まった第一次世界大戦は、体制の解体を進め、ついに1917年3月、二月
    革命が起こって帝政は打倒された。 この革命は、ペテルブルグの労働者と兵士の
    革命であったが、別の面から見れば、モスクワのブルジョワジーがペテルブルグの
    皇帝権力を倒した革命であるとも言える。 革命で生まれた臨時政府のバック
    ボーンは、モスクワのブルジョワジーであった。 最初の臨時政府の商工相は、
    モスクワの綿企業主コノヴァーロフであり、彼は最初のケレンスキー内閣でも、
    副首相を務めた。

    img2230

    ロシアの民衆は、戦争に反対していたが、臨時政府は戦争を続けなければなら
    なかった。 対立の強まるところ、11月には、レーニン、トローツキーらのボ
    リシェビキが臨時政府を打倒し、ソヴィエト権力を誕生させた。 ペテルブルグで
    この革命が起こると、モスクワがその革命に反対の立場を取ったのは当然であった。
    十月革命反対派の牙城は、赤の広場から目と鼻の先のモスクワ市会だった。

    モスクワ軍管区司令官がクレムリンの十月革命派にクレムリンの明け渡しを求め、
    武力衝突の末、十月革命反対派の部隊と士官学校生がクレムリンを占領した。
    クレムリン、ホテル・メトロポーリ、モスクワ市会、軍管区司令部、ニキーツキエ
    門等を拠点として、十月革命反対の軍が中心部を制圧した。 11月の第一週が
    過ぎる頃、ペテルブルグから革命派の応援部隊が到着し、攻撃を加えた。 市会や
    ホテル・メトロポーリが砲撃された。

    29235656e35

    革命派が今度は最終通達を突き付け、クレムリンを明け渡さないと砲撃すると
    通告した。 クレムリン砲撃の噂は、首都でも問題となり、教育人民委員会
    ルナチャルスキーは、このような文化の破壊に耐えられないとして、人民委員会を
    辞任した。 実際には、ホテル・メトロポーリは損害が大きかったが、クレムリンは
    門の辺りに着弾し、聖堂に数発弾丸が当たった程度であった。

    革命反対派がクレムリンでの戦闘を回避して、11月15日中にクレムリンから立ち
    去ったのである。 これによって、十月革命はモスクワでも認知されるように
    なった。 ただちに赤の広場のクレムリンの壁の際にモスクワの武力衝突で死んだ
    革命派の遺体240体が埋葬された。

    【お勧めの一枚】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1918年に、ボリシェビキらによって、モスクワは、首都に返り咲いた。 1924年に
    レーニンが死ぬと、共産党の主導権をめぐる闘争が始まった。 最も有能なトロツキーは、
    戦略家のヨシフ・スターリンに敗れた。 スターリンは、他の2人の指導者と協力して、
    トロツキーの力を奪うと、次に別の人間と手を組んで、この2人をも追い出した。
    トロツキーは、1929年に、国外に追放された。

    354528819

    更に、スターリンは、急速な工業化と農業の集団化を進めて、権力を強化して行った。
    1934年、ボリシェビキの最高幹部のひとりだったセルゲイ・キーロフの暗殺を皮切りに、
    大粛清が始まった。 秘密警察NKVD(後のKGB)が全権を握り、悪名高いモスクワの
    本部が大量逮捕の指揮を取った。 そして、ボリシェビキの有名な古参達が皆、裁判に
    掛けられたり、銃殺されたりした。

    ロシア正教は、1917年までは、ロシアの国教とされていた。 ソ連時代には、多くの
    教会が破壊され、司祭たちは、銃殺されたり、投獄されたりした。 教会は、閉鎖された
    ばかりではなく、1920年代の後半には、破壊が始まった。

    スターリンの粛清によって、何百万という無実の人々が処刑され、あるいは、辺境の
    労働収容所に送られた。 この恐怖政治の後に、今度は、第二次世界大戦の悪夢が
    やって来た。 ソ連は侵略され、モスクワはドイツ軍によって陥落寸前まで行き、
    レニングラード(サンクト・ペテルブルグ)は、長期に渡たる攻囲に苦しんだ。

    第二次世界大戦が終わると、西側同盟国との友好関係が崩れて冷戦が始まった。
    1953年にスターリンが死ぬと、関係は改善され始めたかに見えた。 しかし、フルシチョフ
    による1962年のキューバ・ミサイル危機は、西側との関係を再度悪化させた。

    この関係が大きく改善されるようになるのは、1985年にゴルバチョフが等の指導者と
    なり、グラスノスチ(情報公開)とペレストロイカ(改革)の政策を取り入れてからのこと
    だった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ