多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:デーン人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現在、イギリスに住む人の多くはケルト人、ローマ人、アングロ・サクソン人、
    デーン人、ノルマン人など、かつてイギリスに侵入し、住み着いたヨーロッパ
    民族の子孫である。 イングランドには、ケルト人が刻んだ石灰石の像や、
    ノルマン人が建てた聖堂など、先祖の造った物が残っている。

    18、19世紀に激しかった貧富の差は、2回の世界大戦で縮まった。 社会的
    差別は尚もあるものの、以前ほど厳しいものではない。 例として、1964年
    以降、どの首相も中流ないし、労働者階級の出であることがあげられる。 また、
    若者は、独自の流行や言葉を生み出し、かつては服装や言葉遣いにハッキリ
    見られた階級差は消えた。

    638712

    20世紀にはヨーロッパ、インド、パキスタン、香港、カリブ諸島から難民として、
    あるいは、かつての植民地からよりよい暮らしを求めて、大勢の人がイングランドに
    移住して来た。 1990年代前半には、移民は500万人にも上った。 その多くは、
    都市のスラム街に住んでおり、少数派であるがために、住居や職を探すのに差別を
    受けることがある。

    民族の違いから来る都市生活の不安も、イギリスにおける新しい問題である。
    ロンドン、リバプール、ブリストル、バーミンガムなどでは、黒人や東洋人の
    住んでいる地区で暴動が起きている。 原因は、失業率の高さなどの経済問題や、
    警察と住民の関係の悪さにあると考えている人が多い。

    しかし、最近の総選挙では、東洋系や黒人の下院議員が誕生しており、また、
    少数民族が地域ごとに、自分達自身の力で問題解決の計画を立て、運営するなど、
    明るい動きも見られる。

    263109041

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現在のデンマークの国土で、最後の氷河期の氷が解けて消え始めたのは、紀元前
    1万2000年頃である。 紀元前1万1000年頃には、遊牧民の集団がやって来た。
    彼らは、トナカイを捕獲して、食料と毛皮を得ていたらしい。 紀元前3000年
    頃には、人々は定住地を作り始め、森林を焼き払って、灰の中に穀物を栽培した。
    食料用の家畜も飼われていた。

    89989

    紀元前3000年前後に氷河が解けたため、ヨーロッパ北西部の一部は水没した。
    その後、比較的標高の高い地面が海面から次第に姿を現し始め、一部がこの国の
    島々を形作った。 紀元前2000年から1500年位の間に、東と南から新来の人々が
    ユトランド半島に侵入した。 彼らは、現在のデンマーク人語の祖先である
    ゲルマン語を話していたと思われる。 そして、青銅製の頑丈な武器や精巧な
    装飾品を作り、帆船で海を渡って、ヨーロッパの他の地域と交易をしていた。

    紀元前500年頃までに、この国土の住民達は、鉄製の武器や道具を作る方法を
    会得した。 その後、600年余りの事は良く分からないが、この間に北欧全体の
    気温が寒冷化して、人口が減少し、他の地域との交易も衰えたらしい。
    一部の集団は、南に移住したと思われる。 紀元前100年以降、この国の人々は、
    他の国との交易を再開した。

    6世紀までに人口が急増し、多数の小王国が成立した。 紀元前500年前後、現在の
    スウェーデン南部のスコーネ地域から、デーン人と呼ばれる人々が、エーレ海峡を
    超えてデンマークにやって来た。

    Dannebrog

    その後の300年の間に新来者は、スコーネ、シェルラン島、ユトランド半島に
    またがる王国を建設し、この国の名をダンマルク、つまり、『デーン人の国』と
    呼んだ。 これが、デンマークの国名の起源である。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ