多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:テロ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシア第2の都市サンクト・ペテルブルクの地下鉄で起きた爆破テロ事件で、地元
    メディアは実行犯とみられる男がキルギス共和国出身でロシア国籍の男だと報じた。

    実行犯と見られる男は、1995年生まれのキルギス共和国出身、ロシア国籍の
    アクバルジョン・ジャリロフと報じられた。 この爆破テロ事件は、2017年4月3日
    午後2時半頃、サンクト・ペテルブルク中心部を走っていた地下鉄車内で起きた。
    タス通信によると、これまでに14人が死亡、更に49人が現在も入院中であると
    発表した。



    ソ連時代は、民族対立や人種差別が全くと言っていいほどなかったロシアだが、
    最近は、中央アジアや、ウクライナからの移民や難民が増え過ぎた関係で、
    ロシアと中央アジアとの関係が緊迫している。 そういうところに、このような
    中央アジア出身者によるテロ事件が起きると、アジア人やウクライナ人に対する
    差別が目に見えて増えるため、暫くは情勢不安定になると見るのが妥当。

    180を超える超多民族国家のロシアでは、誰が何人とはハッキリと言えない位に、
    色々な民族が入り混じって生活をしているため、一度争いが起きると、歯止めが
    掛からない。 特に、キルギスは、ロシアにとって、カザフスタンと並んで、
    最も仲が良い国なので非常に残念。

    igkgid

    近年、モスクワなどでも、移民が増え過ぎて、ロシア人でも仕事がなかなか
    見つからないという話を時折耳にする。 キルギス人は、本来、皆真面目で
    温厚な人が多いが、どうして、こうなってしまったのか? ここ数年、
    中央アジア人は、かなり差別をされており、なかなか仕事が見つからないため、
    こうなってしまったのか。。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ドイツの首都ベルリンでクリスマス・マーケットにトラックが突っ込み、これまでに
    12人が死亡し、48人が重軽傷を負った。 ベルリン警察は、トラックが意図的に
    突っ込んだ事件だと断定し、現在調査を行っている。

    事件があったのは2016年12月19日午後8時頃で、クリスマスを控えて最も
    にぎわう時間帯だった。 地元メディアなどによると、トラックは人ごみの中を時速
    60キロ以上で突き進んだという。



    警察はトラックを運転していたとみられる男の身柄を拘束して取り調べている。
    地元メディアによると、男はパキスタン国籍の男とみられている。 ドイツの南部を
    経由して今年の2月に入国した難民とみられ、その後、微罪を犯した履歴が残って
    いるという。 警察は男が難民登録をしていたとみられる収容施設を20日朝から
    捜索しているという。

    更に、このトラックの助手席からは、1人の遺体が発見された。 地元メディアに
    よると、遺体はポーランド人で、トラックに付けられていたのも、ポーランド
    ナンバーで、運送会社は、『ベルリンに資材を運ぶ予定だったが、運転手と連絡が
    取れない』という。

    948941

    ドイツのメルケル首相は、この事件をテロ攻撃と見なして、各当局が作業を進めて
    いると明らかにし、加害者に裁きを受けさせるため法を全面的に行使すると
    宣言した。 メルケル首相はベルリンで全国向けのテレビ演説を行い、19日夜に
    発生した『恐ろしく、想像を絶する』事件によりドイツ全土が悲しみに暮れて
    いると発言。 20日午後に現場を訪れる計画だと語った。 更に『犯人が、保護・
    難民認定を求めていた者だとしたら、皆にとって特に耐え難いことだと認識して
    いる」と語った。

    トラックの前にいる警察官と比較すると、かなり大型であることがわかる。
    トラックは12月19日夜、突然、ベルリン中心部のクリスマスマーケットに
    突っ込み、屋台や店舗などを次々となぎ倒した。

    hgfghkgf

    その後、過激派組織『イスラム国』が、犯行声明を出している。 警察は、
    事件が計画的犯行である見方を示し、その解明を急いでいる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    イギリスとアイルランドの間で争われて来た北アイルランド紛争は、2010年に
    司法、警察権がイギリスから北アイルランド自治政府に完全移行したことで、
    1998年に結ばれた和平合意の主目的だった住民自治が完成した。 30年近くに
    渡るプロテスタント系とカトリック系住民同士の対立で、3,500人もの人々が
    テロの犠牲になった紛争も、これでようやく終章を迎えたことになる。

    ukirland

    背景には、アメリカで起こった9.11テロ事件で深まったキリスト教対イスラム教
    という『文明の対立』論争が、イギリス、アイルランドの双方に、テロは絶対悪
    だと思わせる効果を生んだことがあるとも言われている。

    北アイルランド紛争は、民族、宗教、領土という3つの要素が絡んでいた。
    そもそも、イギリスによるアイルランドの植民地化が進んだのは、12世紀に
    ローマ法王がイギリスのヘンリー2世にアイルランドの領有権を与えることに
    始まる。

    時代と共に、プロテスタント系の移民が急増し、アイルランドに古くから住む
    カトリック系住民と対立。 18世紀になると、イギリスに対するアイルランド人の
    武装蜂起が頻発したが、全て鎮圧されてしまう。 19世紀半ばの大飢餓では、
    人口の60%に当たる500万人もが祖国を見限って、アメリカやカナダへ移住して
    行った。

    第一次世界大戦終了後の1922年、アイルランドは、自治権を獲得したが、
    プロテスタント系の多い北部地域をイギリス領として残したことが火種となった。
    1949年、アイルランド共和国が誕生したが、この時も北部はイギリス領のまま
    だった。 危機感を抱いたのは北部に残された少数派のカトリック系住民だった。
    彼らは、イギリス自治権を要求したが、これを押し潰そうとする多数派の
    プロテスタント系住民と衝突した。

    img2m

    1969年になると、イギリスが北アイルランドに軍隊を投入、直接統治を始めた
    ことに反発したカトリック系住民が『IRA(アイルランド共和国軍)』という
    武力組織を結成、イギリスに対するテロ活動を活発化させた。 IRAは、テロ集団
    だとするイギリスと、イギリス軍が撤退しない限り闘争を止めないとするIRAの
    間で、一切の妥協はなく、犠牲者の数だけ増えて行った。 和平合意がなった
    とは言え、北アイルランドは紛争では、被害者が出なかった家族はないと言われる
    程癒しがたい傷を残した。

    住民達は今でも街を流れるフォイル川を挟んで、別々に暮らすなど、対立が生んだ
    亀裂も深く、本当の和解への道のりはまだこれからとなっている。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    事件について に参加中!

    130人が死亡したパリ同時多発テロで、コンサート中に襲撃を受けた米国のロックバンド
    『イーグルス・オブ・デス・メタル(Eagles of Death Metal)』が2015年12月7日、アイルランドの
    ロックバンド U2 のパリ公演にゲスト出演し、感動的なカムバックを果たした。 U2のパリ公演は、
    テロ翌日の11月14日と15日の開催予定であったが、今回のテロ事件を受けて延期されていた。



    イーグルス・オブ・デス・メタルが舞台演奏中であったコンサートホール『ル・バタクラン』では、
    11月13日夜、乱入した男3人による銃乱射で、一連のテロで最多の約90人が死亡したが、
    その多くは若者だった。 また、グッズ販売をしていたバンドの男性スタッフ1人も死亡した。
    AS20151206002358_comm
    U2のボーカルのボノ(Bono)は、イーグルス・オブ・デス・メタルは、『3週間前にステージを
    奪われてしまった。 だから、今夜、僕らのステージを提供したい』と語り、メーンボーカルの
    ジェシー・ヒューズ(Jesse Hughes)を抱きしめると、パティ・スミス(Patti Smith)の
    『ピープル・ハブ・ザ・パワー(People Have The Power)』を熱唱した。

    U2は先週、パリで2回予定されている公演に『スペシャルゲスト』を迎えると発表したが、
    巷では、そのゲストとはイーグルス・オブ・デス・メタルではないかという臆測が飛び交っていた。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    西ヨーロッパに行くと、必ず1度は体験するであろうもの、それは、『差別』。 欧米
    社会では、あくまでも、自分たちが正しい事が大前提となっているため、それ以外の
    ものは、全て差別の対象となります。 それを生み出す最大の要因は、自分と異なる
    人間を認めない、『心の狭さ』と『無知』です。 欧米では、この『差別』的な心理が、
    常に、社会の根底にある事を忘れてはなりません。

    charlie13n-1-web
    全ては許される

    日本でも、最近では、『ヘイトスピーチ』が問題となっていますが、今回事件が起きた
    フランスの『表現の自由』と比較すると、まだ相当可愛い部類に入ります。 そもそも、
    『言論の自由』とは、何でも無責任に吐き捨てて良い権利などではなく、社会批判等を
    行う際に、自分の意思表示や、異なる意見の人たちに対して、異を唱える権利の事で
    ある筈が、どこで間違ったのか、『誹謗中傷を助長する権利』、または、『無責任に何でも
    言える権利』にまで成り下がっています。

    5cf5c337

    東日本大震災が起きた際にも、欧米系のメディアは、一切に大袈裟な報道をしましたが、
    それは、自分達からは遠く離れた話であり、特に自分達には、そのしっぺ返しが返って
    来ない事が大前提となっており、今回のフランスのみならず、ドイツや、アメリカの報道にも、
    未確認な情報が多々見受けられました。

    『美味しんぼ』騒動の際にも、『表現の自由』云々の騒動が起こりましたが、不確定要素を
    大袈裟、または、それをさも事実のように述べるのは、『表現の自由』などでは、決してなく、
    単なる『デマ』です。

    『表現の自由』が何でもまかり通るのであれば、今度は、それを受け取る側が、自分の頭を
    使って、それらの情報を正しく選別すべきです。 そもそも、感情的にものを述べている人の
    ところには、同じレベルの人間しか集まりません。 よって、『同属嫌悪』同士での応酬
    合戦となり、いつまで経とうが、話が先に進まなくなります。

    24A5649200000578-2907035-image-a-22_1421089342735

    異なる意見や文化の人たちに対して、敬意のない『言論の自由』は、単に差別でしか
    ありません。 まず、相手に対して、敬意を示さない限り、自分も完全に同じ扱いを
    受けます。 これを因果応報と言います。 自分の権利だけを主張する人は、まず、
    相手を認めない限り、自分の権利も当然認められません。

    『表現の自由』は、弾圧や、いじめ等々を受けている側が保障されるべきものであり、
    逆に弾圧や、いじめを行っている側に、そのようなものが堂々と保障されてしまうと、
    ますます勢いに乗るため、むしろ、ある程度、規制を入れてしかるべきもの。

    その明確は判断は、やはり、ひとりひとりの意識に寄るところが大きいのですが、道徳力の
    欠如と、差別の助長は、必ず比例します。 そもそも、自分以外の人間は、全員異なる
    という意識がない人の場合は、他人を受け入れる事すら困難なため、それを政治家に
    利用されると、歪んだ『愛国主義』へと容易に発展するため、ますます扱いづらいものへと
    変貌します。

    Charlie


    自由には、責任が伴うという事を忘れてしまうと、このような事態になると言う事を、
    まざまざと見せ付けられたのが、今回のフランスでの事件だと思います。 テロ行為や、
    殺人行為は、もちろん、非難されるべきですが、その原因を作ったのは、逸脱した過激な
    『表現の自由』であるため、それを保障しろと言われても、お門違いも甚だしいと思います。
    西ヨーロッパでは、『エゴイスト』が多く、東ヨーロッパでは、『ファシスト』が多いので、
    個人主義と全体主義が過剰反応したものが、フランスとウクライナの事件であるとも
    言えます。

    むしろ、日本の場合は、『事なかれ主義』が花盛りであるため、一切何も言わない、
    言わせない、監視社会へと変貌を遂げております。 よって、フランスよりも、日本の方が、
    『表現の自由』が保障されてしかるべき。 中央メディアに至っては、既に、『表現の自由』
    すら一切ありません。 日本の情報公開度は、既に地に落ちています。

    日本とフランスとでは、完全に両端を行っているため、どちらに傾き過ぎても、問題だらけ
    です。 このような状況を防ぐためには、何でも情報を鵜呑みにはせずに、自分の頭で
    考え、何が正しくて、何が間違っているのか、正しい情報を元に、正確な判断を下す事が
    非常に重要になってくると思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ