多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ソ連邦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1991年12月末に、ソ連邦が崩壊し、それまでソ連邦内に15あったそれぞれの
    共和国は、独立し、『独立国家共同体(CIS)』という緩やかな国家連合に移行
    する事となった。 その直接の切っ掛けとなったのは、バルト三国での独立
    意識の高まりと、当時のゴルバチョフ氏が押し進めた、『情報公開』により、
    西側の情報が雪崩れ込んだため、それ以上の国家体制が維持出来なくなり、

    最終的に、ロシアが、同じスラブ人国家である、ウクライナとベラルーシを
    引き連れて、独立宣言を行った事にある。 よって、ウクライナ自体は、独自に
    独立活動をした訳ではなく、あくまでも、ロシアが独立する際の『道連れ』的な
    副産物に過ぎなかった。

    【ウクライナにおけるロシア語の使用率】
    language

    ウクライナは、1991 年に独立するまで、一度も自民族による独立国家を持った
    事がなく、その国境線も 20 世紀の後半になって、ようやく最終画定した経緯が
    あり、特に、東部のロシアとの国境は、長年に渡って、かなり曖昧なままであった。
    また、独立後、数年を経た後でも、ロシアとの国境線は、単なる『県境』程度の
    意味しか持たず、ソ連邦崩壊直後には、CIS内のどこの国境線においても、面倒な
    パスポートのチェック等はなかった。

    ウクライナは、元々は、ルーシ人の国家である、『キエフ・ルーシ』の中心地
    であり、その名の通り、キエフが首都であったが、モンゴルから遥々遠征して来た、
    モンゴル・タタール軍に攻め滅ぼされ、街が徹底的に破壊された後、数百年間に
    渡り、復活する事が出来なかった。 その間、台頭して来たのが、北にある
    モスクワで、当時は、『モスクワ公国』と呼ばれていたのだが、ウクライナは、
    数百年間にも及ぶ、ポーランド支配を脱したかったため、同じ東方正教国家である、
    隣国のモスクワに助けを求めたが、そのまま、モスクワへと吸収され、それ以降、
    モスクワは、『ルーシの正当な後継者』という意味で、『ルーシ国』という意味の
    『ロシア』という国になった。
     
    AS2015021200

    ウクライナは、大きく分けると、西部が、ポーランド、リトアニアとの繋がりが
    強く、ガリツィア地方は、元々ポーランド領であったため、ロシアとの繋がりは
    希薄であった。 逆に東部は、ロシアとの国境線がなかなか定まらず、曖昧な
    ままにされたため、ロシア化が進んだ。西部地域は、ハプスブルグ家の支配を
    受けていた影響もあり、宗教的には、カトリックの影響が強い。 東部は、完全に
    東方正教の影響が強く、ウクライナは、東西格差が非常に大きい地域であった。

    ウクライナでは、独立後の1990 年代は、『中欧』概念の復活に乗じて、
    ハプスブルグの流れを汲む『ヨーロッパの一員』へのアイデンティティーに注目が
    集まり、EU、NATOの東方拡大や、2004年末の『オレンジ革命』を経た後は、
    EU加盟により、『ヨーロッパの一員』を希求するウクライナ・アイデンティティと
    『ヨーロッパの隣人(EUの外)でいる』アイデンティティとして議論される機会が
    増えた。 

    『ヨーロッパの一員』を強く熱望する余り、ウクライナ全域で使用されている、
    ロシア語への批判的な処置が行われ、国内で放送されていたロシア語番組には、
    全てウクライナ語の字幕を入る事が義務付けられ、ロシア語は、基本的に『外国語』
    扱いとされ、ウクライナ語以外は、公の場での使用を基本的に禁止された。

    【オレンジ革命の末路 ダイオキシンを盛られたユーシェンコ元大統領】
    5205109a0a

    2014年に始まった『ユーロ・マイダン』以降は、ロシア寄りの政治家達を全て
    排除し、アメリカの誘導の元、EU寄りへと強引に舵を切ったが、そのEU自体が
    ウクライナ援助に関しては、全く乗り気ではなく、むしろ、ウクライナ排除の
    方向へと向かっている事実をウクライナ国民は全く知らさせてはいない。
    オリガルヒ(新興財閥)らによる情報操作も甚だしく、ウクライナでは、ウソが
    平然とまかり通っている。

    今後、ウクライナがEUの一員になる事を本気で望むのであれば、正しい情報の
    公開と、オリガルヒによる世界でも指折りの腐敗し切った政治を何とかしない限り、
    ロシアからもEU諸国からも愛想を尽かされる事となる。 本来、ウクライナが
    目指すべき道は、地政学的な事を鑑みても、『東西の架け橋』になる事であり、
    自分達の都合の良い主義主張ばかりをゴリ押ししているウクライナが、EU諸国の
    一員になれる日は、未来永劫ないのではないか?

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    最近では、日本のメディアでも度々報道をされるようになったウクライナ。 但し、
    100%欧米寄りの偏った報道ばかりが取り上げられており、実際のウクライナの
    姿は報道されず。 ウクライナは、旧ソ連邦構成諸国の中でも、ロシアに次ぐ国力を
    誇っていましたが、元々は、ソ連から独自に独立を目指した国ではなく、ロシアが
    ソ連から独立を果たすための産物に過ぎませんでした。

    1991年12月に、ソ連邦は崩壊しましたが、その直接の原因は、エストニア・ラトビア・
    リトアニアのバルト3国が独立要求したところから始まり、次いで、当時ロシア
    大統領であった、ボリス・エリツィン氏が、ウクライナとベラルーシを道ずれにして、
    『スラブ同盟』の名の下、ロシアのソ連からの独立を宣言したため、ソ連の崩壊が
    決まりました。



    『ウクライナ』は、ロシア語では、『地方』や『田舎』を意味しますが、ウクライナでは、
    『国』を表します。 ロシア発祥の地は、ウクライナであり、元々、ロシアとウクライナと
    ベラルーシは、同じ『ルーシ』という国でした。 その後、モンゴルに首都のキエフを
    滅ぼされて、モンゴルの支配下になったのが、現在のロシア。 ポーランド、
    リトアニアの支配下になったのが、現在のウクライナとベラルーシ。

    ウクライナは、歴史的にもロシアよりも遥かに古く、ポーランドから独立を果たす際に、
    先にモンゴル支配から抜け出した、同じ正教の国のモスクワ公国(現在のロシア)に
    助けを求め、その際に、国ごと乗っ取られたという歴史があるため、ウクライナ人には、
    この意識が強く現れており、似て非なる点が争いの元となっています。



    ソ連時代のロシアとウクライナの国境は、実際のところ、日本で言うところの県境程度の
    認識であり、旅券を持たずに自由に行き来出来る単なる線に過ぎなかったが、その後、
    ウクライナは、自分の国の独自の『アイデンティティー』を求め過ぎて、過度に『国粋主義』
    寄りに傾きました。 ロシア語の禁止、ウクライナ語の強要は、その最たるもの。

    ウクライナをはじめとする、旧東欧圏では、一昔前までは、そこまで外国人に対して、
    差別的な言動はありませんでしたが、今では、明らかにウクライナ人ではない人の
    場合は、差別の対象となってしまいます。 ウクライナ人全員ではありませんが、
    そういう人たちがかなり増えたのは、事実です。

    hohluha_468

    アメリカやカナダ等の北米に長年住んでいるウクライナ系住民たちは、ロシアに対して、
    並々ならぬ恨みを抱いているため、それが、今回の内戦に入って来た事で、更に
    事態が悪化しました。

    西側のように、常に文句や不満を吐き出していれば、何か起きたとしても、ある程度の
    歯止めが利きますが、東側は、『全体主義』であるため、常に我慢を強いられる社会と
    なっており、それがひとたび爆発すると、歯止めが掛かりません。 個人的見解としては、
    ガスパイプライン問題をはじめ、ウクライナほど、周辺諸国に迷惑を掛けている国は
    まずないのと、今後も新興財閥『オリガルヒ』による支配が続くのであれば、ウクライナを
    救済する意味はないため、一度デフォルトして、完全にゼロからやり直すべきだと
    思います。

    旧ソ連時代と比較して、ウクライナは、物質的には豊かになりましたが、心はかなり
    貧困化したと思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシア連邦の通貨である、ルーブルの語源は、『ぶった切る』という意味の『ルビーチ』が
    語源となっている。 『愛する』という意味の『リュビーチ』に非常に似ているが、実は、
    人称変化もほぼ同じ。 どうして、この『ぶった切る』という動詞が、通貨の名前の語源に
    なったかと言うと、その昔、通貨の変わりに、銀をぶった切って、通貨として使用したため。

    ソ連の時代は、ソ連邦全土で、このルーブルが使用されていたが、現在、ロシア以外の
    国でルーブルを使用しているのは、ベラルーシ、モルドバから実質独立状態にある、
    沿ドニエストル共和国、グルジアから実質独立状態にある、アブハジア共和国、並びに、
    南オセチア共和国のみ。 現在紙幣として流通しているものとしては、10ルーブル、
    50ルーブル、100ルーブル、500ルーブル、1,000ルーブル、5,000ルーブルがある。

    1989年当時、このルーブルは、日本円に対して、360円という相場だったが、90年に
    10分の1の価値である、36円まで一気に暴落した。 その後、ソ連崩壊に伴い、ハイパー
    インフレの時代に突入したが、98年には、ゼロを3つ切捨てるデノミを実施。 その後、
    紆余曲折を経て、2014年11月12日現在の為替レートは、約2.47円。 経済制裁の影響を
    受けて、急落しているが、それ以前は、世界一の天然資源国であるため、石油や、
    ガス等による、天然資源の影響の方が大きかった。

    ソ連の時代は、もちろんの事、2000年代の初頭までは、このルーブルは、ロシア国外への
    持ち出しが禁止されており、当時は、シェメチェヴォ空港等で、出国する際には、財布の
    中身や、スーツケースも調べられ、もし、ルーブルが見つかってしまうと、全て没収、その後、
    硬貨だけは見逃されたが、紙幣は、やはり持ち出し禁止だった。
    IMG_20141113_0001
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシア連邦の通貨である、ルーブルの語源は、『ぶった切る』という意味の『ルビーチ』が
    語源となっている。 『愛する』という意味の『リュビーチ』に非常に似ているが、実は、
    人称変化もほぼ同じ。 どうして、この『ぶった切る』という動詞が、通貨の名前の語源に
    なったかと言うと、その昔、通貨の変わりに、銀をぶった切って、通貨として使用したため。

    ソ連の時代は、ソ連邦全土で、このルーブルが使用されていたが、現在、ロシア以外の
    国でルーブルを使用しているのは、ベラルーシ、モルドバから実質独立状態にある、
    沿ドニエストル共和国、グルジアから実質独立状態にある、アブハジア共和国、並びに、
    南オセチア共和国のみ。 現在紙幣として流通しているものとしては、10ルーブル、
    50ルーブル、100ルーブル、500ルーブル、1,000ルーブル、5,000ルーブルがある。

    1989年当時、このルーブルは、日本円に対して、360円という相場だったが、90年に
    10分の1の価値である、36円まで一気に暴落した。 その後、ソ連崩壊に伴い、ハイパー
    インフレの時代に突入したが、98年には、ゼロを3つ切捨てるデノミを実施。 その後、
    紆余曲折を経て、2014年11月12日現在の為替レートは、約2.47円。 経済制裁の影響を
    受けて、急落しているが、それ以前は、世界一の天然資源国であるため、石油や、
    ガス等による、天然資源の影響の方が大きかった。

    ソ連の時代は、もちろんの事、2000年代の初頭までは、このルーブルは、ロシア国外への
    持ち出しが禁止されており、当時は、シェメチェヴォ空港等で、出国する際には、財布の
    中身や、スーツケースも調べられ、もし、ルーブルが見つかってしまうと、全て没収、その後、
    硬貨だけは見逃されたが、紙幣は、やはり持ち出し禁止だった。
    IMG_20141113_0001
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

    このページのトップヘ