ベオグラード最終日は、中心地にあるスカダルスカ通り(Skadarska)で
代表的なセルビア料理とセルビア(トルコ)コーヒーを頂きました。

IMG_2369

お隣りのボスニアでは非常に苦いコーヒーしかなかったため、ベオグラードでも
再度注文してみたものの、やはり、非常に苦い。 付け合せのスウィーツが
なければ、非常に厳しいほろ苦さw ヨーロッパでは、ウィーン風のコーヒーが
主流(日本と同じ)だが、セルビアは、オスマン・トルコによる支配が
長かったため、この様なトルコ風がメインで、粉が沈殿するのを待ってから
飲みます。

IMG_2371

【スカダルスカ通り


IMG_2365
IMG_2363
IMG_2364
IMG_2366
IMG_2367
IMG_2368
IMG_2372
IMG_2373
IMG_2375

日本でも飲まれているウィーン風のコーヒーの飲み方は、オスマン・トルコ軍の
ウィーン包囲後にウィーン市民が粉を濾して飲む方法を開発したことにより、
全世界に広まった飲み方で、ウィーンからコーヒーと共に世界中に広まったのが
クロワッサン。 クロワッサンは、ハプスブルグ家のマリー・アントワネットが
嫁入りの際に、お抱えの調理師と共に、フランスのブルボン家に入り、そこから
世界へと広まったため、フランスの食べ物と勘違いしている人が多い。

ベオグラードでの最終地、旧ベオグラード中央駅は、新ベオグラード中央駅が2キロ
ほど先に完成したため、既に閉鎖されているものの、ニコラ・ステラ・ベオグラード
空港へ行くための空港シャトルバスは、今でもこの旧ベオグラード中央駅の隣
(非常に分かり辛い)から出ています。

べオグラードからの帰りの飛行機は、共同運航のエア・セルビアではなく、
アエロフロート・ロシア航空。 ロシア語で全て言ってくれるため、非常に楽。
エア・セルビアは、セルビア語と英語のみでの機内放送でした。 ドナウ川を渡り、
パンノニア平原を超え、ウクライナ、ベラルーシ上空を通過して、ロシアへと
戻ります。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村