多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:スイーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    WooRisが実施した独自のアンケートによると、『これを食べたら不健康と
    知りながら、ついつい食べてしまう食品ランキング』のワースト5は、以下の
    ようになった。

    5位・・・ソーセージなど加工肉(8.6%)
    4位・・・スイーツ(9.6%)
    3位・・・ハンバーガーなどジャンクフード(13.0%)
    2位・・・インスタント麺(13.2%)
    1位・・・ポテトチップス(14.4%)

    3efcfb4f.jpg

    ソーセージやハムなど加工肉は、お弁当や夕食で『あと1品何か欲しい』という
    時に便利。 でも、塩分や保存料が多く入っていて不健康。

    4位のスイーツも、自分では滅多に買わなくても、職場などにあるとつい手が
    出てしまい、なかなか1つでは止められない。

    3位の『ハンバーガーなどジャンクフード』は、『たまにはいいか!』と思いつつ、
    実は毎週のように食べてしまっていることも。

    2位のインスタント麺も手軽で美味しくついつい食べてしまいがち。

    しかし、なんといっても1位は安くて気軽に食べられ、カリっとした食感や
    塩気がたまらないポテトチップス!

    『ちょっとだけ……』と開封したら、全部食べ終わるまで手が止まらない。

    【加工肉と砂糖の危険性とは?】

    ①加工肉
    人間の寿命は、DNA細胞の両側をキャップのように保護する物質『テロメア』の
    長さに関係があるそうで、この物質が短くなることで細胞が傷つき、短命に
    繋がるとか。

    加工肉には、塩分や化学調味料、保存料などがたくさん混入していて、研究に
    よると1週間に1回食べただけでも、全く食べない人よりテロメアが短くなる
    という結果が出た。

    ②砂糖
    砂糖は血糖値を上げ、血液の中で過度なインスリンを発生させて動脈に負担を
    掛けて心臓疾患に繋がりやすくなる。 また、砂糖がたくさん入った食品を
    食べ過ぎると、肝臓自体の周りに脂肪が付き、鬱になりやすくなる。

    【食生活をクリーンにする方法】
    加工食品や、砂糖、アルコールなどを控え、野菜や果物を中心になるべく
    オーガニックの食品を摂ることで、高血圧、心臓病、がんなどの病気予防や基礎
    代謝アップ、血糖値の安定、美肌やダイエットなど様々な健康と美容効果が期待
    できるようになる。

    つまり、食品から不純物を出来るだけ取り除き、文字通り“クリーン”な食品を
    摂るように心掛けること。 加糖された飲み物やアルコールは最小限に留め、
    代わりに水をたくさん飲むと、より健康的になれる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ◆ドイツ◆ に参加中!

    西洋風コーヒー発祥の地
    1683年、ウィーンがオスマントルコ軍の攻撃を受け、包囲攻撃に失敗した
    トルコ軍が撤退した際に、コーヒー豆の入った袋を大量に残して行きました。
    スパイとして宮廷に雇われていたイスタンブール生まれの人物がその豆を
    利用して、1685年にウィーンにカフェを初めて開業し、コーヒーの味を市民に
    伝えたのがウィーンのカフェ文化の始まりと言われています。

    G4E1U4SB

    その後、ウィーンのカフェ文化は、19世紀に絶頂を迎え、カフェは世紀末
    芸術家や文豪達の集う場となりました。 ウィーンの人々は、それまで
    ヨーロッパにはなかったコーヒーを文化にまで発展させ、生活に不可欠な
    ものとして昇華させたのです。 コーヒー1杯の注文だけで何時間もカフェの
    店内で時間を過ごす、そんなカフェ文化は、今でもウィーン市民の生活の
    一部となっており、2003年には、このウィーンの伝統的なカフェハウスが
    ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

    -kultur

    コーヒーばかりではなく、それぞれのカフェご自慢の自家製スイーツは、
    どこのカフェでも人気のメニューとなっており、それぞれ秘伝のレシピを
    用いているため、それぞれのカフェで異なる味を楽しむことが出来ます。
    ザッハトルテに代表される、ウィーンのスイーツは、日本人には、少々
    甘さが気になりますが、伝統的なコーヒーとスイーツの組み合わせは、
    ウィーンでの楽しい一時を約束してくれるでしょう。



    尚、ウィーンでは、コーヒーを注文しただけで、小さなグラス入りの水が
    付いてくるのが定番となっています。 他のヨーロッパ諸国では、水は
    注文しない限り付いてきませんが、この気の利いたサービスは、日本人には
    嬉しいかも知れません。  また、他のヨーロッパ、北米諸国と同様に、
    ウィーンでは、アイスコーヒーというものは一般的でありません。
     
    【ウィーンの主なコーヒーの種類】

    メランジェ 
    Melange
    ウィーンで最もポピュラーなコーヒー。 濃いコーヒーに泡立てたホット
    ミルクを入れた、カプチーノ風のコーヒー。 日本で言うところの、
    ウィンナーコーヒーがこれ。
    melange-big

    ブラウナー Brauner
    コーヒーに少しミルクを入れたもの。 日本で一般的なコーヒーに最も近い。
    大カップと小カップがあるので、注文時にサイズも伝える。
    gr-brauner-big

    アインシュペナー 
    Einspänner
    ホイップクリームをのせたコーヒー。 グラスに入っている。
    einsp-big

    モカ Mokka
    濃いめのブラックコーヒー。 小さなカップに入っている。 店によっては
    シュヴァルツァーとも呼ばれる。
    gr-schwarzer-big

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ