多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ジョージア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    古代において、この地域は、ペルシャ、ギリシャ、ローマの支配下にあった。
    4世紀にはアルメニアからキリスト教が伝わり、その直後、グルジア人は、
    ビザンチン帝国の保護下に入った。 7世紀にアラブ人の襲撃を受けたが、
    グルジア全体がイスラム化されることはなかった。 しかし、トビリシだけは、
    12世紀までイスラム教徒の領地となった。

    mapgeorgia

    9世紀以降、バグラド王朝のもとに、国の統一が進んだ。 そして、12世紀から
    13世紀に掛けてグルジアは、黒海からカスピ海沿岸に至る広域を支配する
    ようになり、タマラ女王のもとに文化的にも非常に栄えた。 13世紀から
    14世紀の間は、モンゴル人の襲来によって国は荒廃し、トルコやペルシャに
    従属したいくつかの領主国に分裂して行った。

    16世紀以降はロシアも、グルジアに影響力を持つようになり、18世紀には
    グルジアの個々の支配者たちと保護条約を結び始めた。 1801年のグルジア
    東部併合を契機に、併合地域は次第に拡大され、1878年、グルジア全域が
    ロシア帝国の一部となった。

    cd2b5b398

    【独立への長い戦い】
    ロシア革命(1917年)の直後、1918年3月にグルジアは独立した共和国である
    ことを宣言した。 1919年、自由選挙の結果、メンシェビキ(穏健な社会主義者)
    の政党が絶対的多数を獲得した。 1920年3月にロシア・ソビエト共和国は、
    グルジアと条約を結んで、グルジア共和国の独立を承認し、いかなる主権の
    侵害も行わないことを約束した。 ところが、間もなくロシアは、他のカフカス
    諸国で行ったのと同じやり方で、グルジアの併合への道を歩み出した。 すなわち、
    1921年共産主義者たちの暴動が起き、彼らはソビエトの助けを求め、そこに赤軍が
    進行したのである。

    こうして、『グルジア・ソビエト社会主義共和国』の樹立が宣言された。 1922年、
    グルジアは国内の共産主義者の激しい反乱に対抗するため、アルメニア、
    アゼルバイジャンと共に、『ザカフカス・ソビエト社会主義共和国』を設立した。
    1936年、この連邦は解消され、それぞれの国は、ソ連邦構成共和国となった。

    1930年代のいわゆる『粛清』の時代、スターリンは、彼自身がグルジア人であった
    にも関わらず、グルジアのナショナリズムに対しては、特に手厳しい弾圧を加えた。

    1980年代になると、民族の自立を主張する運動が、グルジア各地でますます激しく
    なって行った。 そして、1989年8月、ついに軍は、トビリシのデモ隊を攻撃した。
    1990年末に初めて行われた自由選挙で『自由グルジア円卓会議』が政権を取り、
    大統領には党首のガムサフルディアが就任した。

    1991年3月、ほぼ90%の国民が、1918年の民主的な独立共和国を再建することに
    賛成した。 グルジアは独立国家共同体(CIS)に加盟しなかった唯一の国である。
    その後、ガムサフルディアの独裁的政治に強い反対が起こり、1992年1月には、
    流血の対立の末、失脚した。 少数民族問題は、この国において、最も深刻である。
    特に多くのアブハズ人とオセット人が、グルジアとの国家連合の解消を望んでいる。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    北にロシア、西に黒海、南にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンに
    囲まれたグルジアは、ソビエト時代には、連邦構成国のひとつだった。
    1985年にミハイル・グルバチョフがソ連の指導者になって以降、ソ連からの
    独立を宣言する共和国が続出、グルジアも1990年末に国名をグルジア共和国と
    改名し、翌1991年4月に独立を宣言したが、ソ連の崩壊で独立は完全なものと
    なった。

    独立後もグルジアは、強固なグルジア民主主義の下、欧米との関係強化を
    打ち出し、その後、日本語での国名をジョージアと改名した。 ロシアとは
    一貫して距離を置いたが、皮肉にも、この民族主義は、親ロシア路線を取る
    南オセチアのオセット人や、イスラム教徒であるアブハジア人など、国内に
    住む少数民族の民族主義にも火を付けた。

    mapd

    グルジアからの分離を要求して、1989年に一度独立を宣言したものの、この時は、
    グルジア軍によって武力で押さえつけされた南オセチアでは、分離独立を求める
    運動が再燃、グルジア軍は、再び銃で対抗するなど、国内は安定せず、初代大統領
    となったズビアド・ガムサフルディアの強権政治がもたらした政情不安や治安の
    悪化で、国内は内戦状態に陥った。

    1992年1月、ガムサフルディアがクーデターによって追放されると、エドゥアルド・
    シュワルナゼが政権の座に就いた。 シェワルナゼは、ソ連最後のゴルバチョフ
    政権で外務大臣を務めた人物だった。

    シェワルナゼ政権の下で、11月には南オセチアとの間に停戦が成立。 南オセチア、
    グルジア、南オセチアの3者による平和維持軍が置かれ、事実上独立国状態
    となった。 2004年には、新しく野党のミハイル・サアカシュヴィリがグルジアの
    大統領に選ばれた。

    親欧米、反ロシア色は、サアカシュヴィリ政権下で更に鮮明になり、2006年3月
    には、ロシア政府がグルジア産のワインの輸入禁止措置を取ったことに反発。
    9月には、グルジア軍の治安当局が、ロシア将校ら10数名をスパイ行為で逮捕。
    2008年には、ロシア軍が平和維持軍として駐留し、事実上独立状態にあった
    南オセチアにグルジア軍が侵攻、ロシア軍と戦闘状態に突入した。

    nati0909

    2008年8月7日、グルジアの陸海軍が突如南オセチアの首都ツヒンバリへの軍事
    行動を開始した。 これに対し、ロシア軍は、南オセチアに軍港進攻させて、
    グルジア軍との戦闘に入った。 5日間の激しい戦闘の末、グルジア軍は、
    南オセチアから撤退。 8月15日には、フランスの仲介で、グルジアは、ロシア
    との休戦協定に調印した。 同26日は、ロシアは、アブハジアと共に南オセチアの
    独立を承認、国際社会の同意を得たロシア軍は、10月にはグルジア領内から
    完全に撤退した。

    紛争の直接的な原因は、南オセチアの分離独立だが、ロシアにとってグルジアは、
    カスピ海産原油のパイプライン敷設など、南の玄関口である黒海に繋がる要の
    位置にある重要な国でもある。

    紛争の背景には、表の顔(分離独立)の他にもうひとつ、大国の思惑(原油などの
    地下資源確保)がある。 グルジアでの1週間にも満たない戦闘で、南オセチア
    側では、2,000人以上、グルジア側でも200人を超す民間人が犠牲となった。
    また、双方合わせて23万人余りが難民となった。

    【お勧めの一品】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!

    先日外国人を締め出す方針を明らかにしたウクライナ・オデッサ州で、前グルジア大統領
    である、サアカシュヴィリ氏が州知事に就任するという前大見ものの体制が発表された。
    サアカシュビリ氏は、2008年の南オセチア紛争を仕掛けて、ロシアの逆撃を被り、敗北して
    グルジア国民の支持を失った。 今回はウクライナ国籍を取得して、親露派の反乱を鎮圧
    した経緯のあるオデッサ州の知事になった。
     
    20100711_911014

    オデッサで発生したウクライナ人たちによるロシア系住民の虐殺は、日本では全く
    報道されなかったが、これでウクライナは更に盤石な独裁体制を確立したとも言える。 
    オデッサ州では、ウクライナ人は、パスポートの携帯、外国人の場合は、滞在許可を
    得なければ、オデッサ州には、滞在出来なくなったため、既にほぼ北朝鮮並の厳戒
    体制と言っても過言ではない。

    ドイツやフランスにウクライナを支持しろと言うのは、アメリカの命令により、日本が
    北朝鮮を支持しろと言うのと似たりよったりな状態。 アメリカ仕立ての自称かわいそうな
    国は、正にアメリカに翻弄された哀れな国。 ウクライナ国民の困窮を尻目に、大統領の
    ポロシェンコは、富を着実に蓄えており、大統領に就任する以前と比較すると、数倍は
    金持ちになったと言われている。

    OYT1I50011-L

    ウクライナの汚職度ランキングは、175カ国中、142位。 ウクライナ政府は、何をやっても
    とりあえず全てロシアのせいに出来るため、悪質極まりなし。 世界の常識が全く通じない
    ウクライナ。 ウクライナでは、情報もカネで支配されているため、テレビで報道している
    ないようもウソ八百ばかりで全く信用出来ない。

    EUへ移住したいウクライナ人の数は、シリア、イラク、ソマリアからの難民の数へと迫って
    おり、既にロシアへ大量に移住した人の数も含めると、既にその数を上回っているであろう。
    国際社会を目指している筈が、その真逆へと突き進んでいるウクライナ。 ウクライナ人
    以外は認めないというところにも、ナショナリズムが見え隠れしている。



    画像は、2015年6月4日にウクライナで行われたサッカーの試合の様子。 このような
    有り様で、EUやNATOに加入させろと言われても、迷惑極まりなし。 何でもやりたい
    放題やった後に、全てロシアのせいにして来るウクライナは、一度デフォルトして、
    ゼロからやり直すべきなのでは? 旧ソ連崩壊後に、ここまで酷くなったのは、ウクライナ
    だけ。 ものの2年半ぐらい前までのキエフはかなり安全な街だったのに、今では、
    こんな感じに成り果てた。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    旧ソ連邦構成国家である、『グルジア』の日本語での表記名が『ジョージア』へと
    変更されたが、2006年にオーストリア大使館商務部が、『オーストリア』の
    ドイツ語名である『Österreich』の日本語表記名を『オーストリア』から
    『オーストリー』に変更するとアナウンスした事は、既に誰も覚えていない
    かも知れない。

    erz-142-04

    その後、オーストリア大使館商務部が、この『オーストリー』の名称を
    推進する事を撤回したため、結局、この国名は日本では定着しなかった。
    そもそも、オーストリア大使館商務部が『オーストリー』という国名を
    提唱したのは、同じ麻布十番にある『オーストラリア大使館』と頻繁に
    間違われる事が関係しており、『オーストリア大使館』の前には、
    『オーストラリア大使館』への行き方が分かりやすく表示されている。

    a33181687678b7c

    オーストリアにある州の名前は、『上エステルライヒ州』、
    『下エステルライヒ州』となっているため、日本語での国名も
    ドイツ語名に則り、『エステルライヒ』にすべきなのでは。

    尚、元グルジアことジョージアでは、ロシア語がかなり通じるのだが、
    とてつもなくブロークンなロシア語となっており、例え、ロシア人で
    あったとしても、ジョージア人のロシア語を100%理解するのは不可能と
    なっているため、最初から英語で話し掛けた方が無難かも知れない。

    1800486_944915018859253_5737821644538357111_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ