東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ジプシー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ソ連崩壊直後の93年4月から、ロシア第3の都市、ノボシビルスクに留学する
    ことになった。 これは、90年から始まった、札幌とノボシビルスクの姉妹都市
    締結を記念して開催された、コム博が切っ掛けではあったが、実際は、全て
    自分から持ち掛けた話であるため、大学にも札幌市にも一切関係がない話であった。
     
    93年当時のノボシビルスクには、全部で7人程度の日本人しか住んではいなかった。
    しかも、そのほぼ全てが札幌からの関係者ばかりであった。 当時、ノボシビルスク
    大学には、過去においても、日本人が入学したことがなかったことから、私が
    ノボシビスルク大学に正式に入学した日本人第一号となった。
     
    93年当時のロシアは、91年の12月末にソ連が崩壊したばかりで、まだ崩壊から
    1年程度という状況もあり、混迷を極めていた。 ソ連の崩壊と言うとあまりピンと
    来ない人が多いのだが、実際には、国がなくなった訳で、国を司っていた法律も
    全てなくなった。 よって、ソ連末期の頃から既に治安が悪化していたのだが、更に
    状況が悪化し、世界一治安が悪い国とまで呼ばれるに至った。

    545d37325f73ca3f942123f8557

    その状況たるや、目を覆うばかりで、車が信号で止まると、ジプシーが列挙して
    車に襲い掛かり、部品を丸ごと持って行くだとか、これを同じく、信号待ち
    していた人がジプシーに身包みはがれただとか、男でもトイレの中で犯された
    だとかはまだましな方で、至るところで犯罪、殺人、自殺等の社会不和が一気に
    表面化し始めた。 昼間でもひとりで道を歩くには危険と言われたが、日が暮れて
    から外出するのは、正に命懸けであったため、常に何らかの武器を携帯しなければ
    犬死も同じ時代であった。
     
    それと同時に、ハイパーインフレが始まり、ロシア・ルーブルは、連日米ドルに
    対して、20ドルづつ暴落していたため、商店に並んでいた商品の価格は、朝と
    夕方とでは大幅に異なっていた。 尚、ノボシビルスク大学にあるのは、学術
    研究都市である、アカデム・ゴロドクにあるため、当時のロシアの中では、比較的
    治安が良い場所ではあったものの、いかんせん、研究都市であったため、市場や
    スーパーというものがなく、週に1度、約1時間ほど掛けて、路線タクシーと
    地下鉄を乗り継いで、ノボシビルスク中心部にある市場へと食料の買出しに行か
    なければならなかった。 その当時、猫を飼っていたのだが、当時の
    ノボシビルスクには、キャットフードなどという贅沢品は一切置いてはおらず、
    週に1度、魚を買いにはるばる市場へと通った。
     
    尚、93年には、モスクワで反エリツィン派による政治クーデータが起こり、国の
    機能が一時麻痺した。 テレビ局も全て機能がストップし、全てのテレビ局が
    同じ放送内容ばかりを流した。 恐らく、ロシアの歴史の中でも、この93年
    前後が最も厳しい時期で、食料や燃料が不足し、正に地獄の底であった。 この
    当時、アエロフロートの国内便は、燃料不足により、数ヶ月間全便結構していた
    ため、ノボシビルスクへの移動は、ハバロフスクから丸4日掛けて、シベリア
    鉄道で移動した。 当時は、ロシアの学生証を所持していたため、丸4日間電車に
    乗っても料金は日本円に換算して、400円であった。

    当時飛んでいなかったハバロフスク→ノボシビルスクの飛行機のチケットは、
    180ドルであった。

    ソ連崩壊とは何だったのか? その①
    ソ連崩壊とは何だったのか? その②
    ソ連崩壊とは何だったのか? その④
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑤
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑥
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑦

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    本日の共産趣味は、ロシアの犯罪とその報道の仕方。

    ロシアのニュース報道は、昔から、殺人現場に転がる遺体や、サメに食べられて
    腐乱した遺体の画像等を特に加工もせずに、食事時でも、そのまま普通にニュースで
    放送します。 ロシアでは、警察よりも、マフィアの方が絶大な力を持っており、
    『人を殺す自由』がある国なので、殺人を犯す方も当然悪いとは思いますが、
    殺される方も世間知らずで、かなり無知な人間が多いと思います。 日本では余り
    報道されませんでしたが、日本人旅行客がロシアで殺された事件も過去に数件
    発生しています。


    91年当時、マフィアに『殺人依頼』をする際の相場は、日本円に換算して、500円程度と
    言われていました。 路上で生活をしているロマこと、ジプシーは、泥棒が職業であり、
    お金をすられた程度で下手に深追いをすると、今度は命に関わるため、お金程度で
    済んだと考えた方が、むしろ幸せ。 交通警察GAIが、路上でお小遣い稼ぎのために、
    ネズミ捕りをして、その罰金を懐に入れているのも、ロシアならでは。 最近はかなり
    減りましたが、昔のアエロフロート航空は、荷物を空港で預けると、金目のものは、
    絶対に手元に戻って来ませんでした。 郵便局員自体が、ドロボウのため、珍しい
    切手を貼ると、絶対に相手には届きませんでした。

    ソ連崩壊直後は、日が暮れたら、危険過ぎるため、外出を控えたりもしていました。
    車が信号機で止まると、ロマが集団で押し寄せて、部品やらタイヤやらを一気に
    盗み去っていたのは、ものの20年ぐらい前までのお話。 男性でもトイレで強姦された
    とかの話も時々ありました。 ロシアの場合は、口コミ社会であるため、ロシア語が
    理解出来ないと、命に関わりました。 ロシアでは、お金で解決出来ないものなど
    ありません。 逆を言うと、お金さえあれば、何でもまかり通ります。



    ひとりよがりな自分の常識ばかりを振りかざして、言葉すら理解出来ない見ず知らずの
    国に赴いたところで、そんなものは広い世界では通用しないと気付いた時点で、
    時既に遅し。 理想論ばかりのきれいごとを振りかざしている人の場合は、現実を
    全く理解出来ていないため、窮地になると、かなり困窮します。

    能力のある人間は、やってはいけない事、自分の限界、何が間違っていて、何が
    正しいかを的確に判断出来ます。 それを理解出来ないのは、単なる世間知らずな
    人間か、無謀な人間です。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    本日の共産趣味は、ロシアの犯罪とその報道の仕方。

    ロシアのニュース報道は、昔から、殺人現場に転がる遺体や、サメに食べられて腐乱した
    遺体の画像等を特に加工もせずに、食事時でも、そのまま普通にニュースで放送します。
    ロシアでは、警察よりも、マフィアの方が絶大な力を持っており、『人を殺す自由』がある国
    なので、殺人を犯す方も当然悪いとは思いますが、殺される方も世間知らずで、かなり
    無知な人間が多いと思います。 日本では余り報道されませんでしたが、日本人旅行客が
    ロシアで殺された事件も過去に数件発生しています。


    91年当時、マフィアに『殺人依頼』をする際の相場は、日本円に換算して、500円程度と
    言われていました。 路上で生活をしているロマこと、ジプシーは、泥棒が職業であり、
    お金をすられた程度で下手に深追いをすると、今度は命に関わるため、お金程度で済んだと
    考えた方が、むしろ幸せ。 交通警察GAIが、路上でお小遣い稼ぎのために、ネズミ捕りをして、
    その罰金を懐に入れているのも、ロシアならでは。 最近はかなり減りましたが、昔の
    アエロフロート航空は、荷物を空港で預けると、金目のものは、絶対に手元に戻って来ません
    でした。 郵便局員自体が、ドロボウのため、珍しい切手を貼ると、絶対に相手には届き
    ませんでした。

    ソ連崩壊直後は、日が暮れたら、危険過ぎるため、外出を控えたりもしていました。 車が
    信号機で止まると、ロマが集団で押し寄せて、部品やらタイヤやらを一気に盗み去って
    いたのは、ものの20年ぐらい前までのお話。 男性でもトイレで強姦されたとかの話も時々
    ありました。 ロシアの場合は、口コミ社会であるため、ロシア語が理解出来ないと、命に
    関わりました。 ロシアでは、お金で解決出来ないものなどありません。 逆を言うと、
    お金さえあれば、何でもまかり通ります。



    ひとりよがりな自分の常識ばかりを振りかざして、言葉すら理解出来ない見ず知らずの
    国に赴いたところで、そんなものは広い世界では通用しないと気付いた時点で、時既に遅し。
    理想論ばかりのきれいごとを振りかざしている人の場合は、現実を全く理解出来ていない
    ため、窮地になると、かなり困窮します。

    能力のある人間は、やってはいけない事、自分の限界、何が間違っていて、何が正しいかを
    的確に判断出来ます。 それを理解出来ないのは、単なる世間知らずな人間か、無謀な
    人間です。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    EUが、ウクライナを仲間に入れない理由は、分かりやすくひとことで言ってしまうと、
    東欧が嫌いだからなのだが、その事は、EU内でロシア語で実際で喋ってみると、かなり
    体感出来る。 更に、ドイツ語、フランス語が理解出来ていると、あからさまに周囲から、
    悪口を言われているのも分かる。

    assosiation_468

    EU、特に、ドイツ、フランスにとっては、ロシアもウクライナも旧ユーゴも似たり寄ったり。
    ブルガリアとルーマニアをEUに入れてしまった事を後悔しているのが、EU、特に、
    ドイツです。 ドイツは、ブルガリアとルーマニアからの労働者の移動を7年間規制して
    いたものの、最近、それが解除されてしまったため、現在、ブルガリアとルーマニアに
    居住していた、ジプシーこと、『ロマ』が、列挙して、『EU市民』として、ドイツ、フランス等
    に押し寄せている。

    81dbade2845a64c21cb717e938b943ea

    EUは、第二のブルガリア、ルーマニアを恐れているだけではなく、それ以上の劣悪な
    環境の国をEUには入れたがらない。 EUの中でも、1人勝ちと言われているドイツは、
    これ以上の余計な重荷を背負いたくはないため、むしろ、ドイツが、EUから脱退する
    可能性もある。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

    このページのトップヘ