東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:サンクト・ペテルブルグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ネヴァ川は、ラドガ湖から発してフィンランド湾に流れ込む。 全長74kmと
    短いが水量の豊富な大河である。 『ネヴァ』という名称は、フィン語の
    Nevajoki から出ているが、これは、 Neva(沼)という言葉が元となっている。

    確かにこの川の河口は、沼沢地帯であった。 この川の周辺に住んでいたのは、
    フィン人であった。 この地に勢力を伸ばしていたのは、スウェーデン国家と
    ノヴゴロドというロシアの都市国家である。

    1300年、スウェーデンはネヴァ川にオフタ川が流れ込むところにランズクローンの
    砦を造った。 1年後にその砦はノヴゴロド人によって破壊された。 1323年の
    講和で、ネヴァの流域は、ノヴゴロドのものとなり、ラドガ湖からネヴァ川が
    始まる辺りにオレーシュクの砦が造られた。 その状態が1609年まで300年近く
    続いた。

    17世紀始め、ロシアは『動乱』の世となり、国が乱れに乱れた。 ポーランド王の
    軍にモスクワが占領されるという事態も生じた。 1611年、スウェーデンも
    ロシアに兵を進めて、ノヴゴロドまでを占領した。 ネヴァ川流域も
    スウェーデンの支配下に入った。

    ed0020db

    破壊されていたランズクローンの砦の後には、ニエンシャンツの砦が造られた。
    オレーシュクの砦は、スウェーデン風にノーテブルグの砦と改称された。
    1613年、動乱を克服したロシアは、ミハイル・ロマノソフを皇帝に選んだ。
    彼は、4年後にスウェーデンのグスタフ・アドルフとストルホヴォの講和を結び、
    ノヴゴロドを取り戻したが、東カレリアとネヴァ川流域一帯に対するスウェーデンの
    領有を認めた。

    スカンジナビア半島から発して、バルト海沿岸に覇権を広げた強国スウェーデンの
    威光は、1世紀続いた。 反抗の時をうかがっていた各国は、1700年に行動を
    起こした。 ロシアの若き英主ピョートルもこの年にスウェーデンに戦いを挑んだ。
    だが、8月にスウェーデンの要塞ナルヴァを包囲したロシア軍は、ピョートルより
    年少のスウェーデン王カール12世の精鋭部隊に壊滅させられてしまう。
    ピョートルは兵を退き、カール12世がポーランドに転戦している間に、ネヴァ川
    流域のスウェーデン領インゲルマンランドを攻めた。

    1702年10月、ノーテブルグの砦がロシア軍の手に落ち、シュリッセリブルグと
    改名された。 1703年4月には、ロシア軍はニエンシャッツの砦を包囲した。
    ピョートルも七個中隊の兵を引き連れて到着した。 スウェーデン軍は降伏を
    否定して、ロシア軍の砲撃を受け、砦は5月1日(12日)に陥落した。 この時、
    スウェーデン軍の軍艦2隻が救援に来たが、ピョートルは、ニエンシャンツの
    砦を我が物とし、これにシュロットブルグ(城の町)という名を与えた。

    maxresdefault

    ピョートルは親政開始後、オランダ等に大使団を派遣し、オランダをあがめていた。
    命名はオランダ語によるものであった。 もっとも、彼にはこの砦の位置が不満
    であった。 海から離れていては、海軍基地と結びつかない。 そこで、ネヴァ川が
    3つに分かれているところの中央にある島エニサーリ(ウサギ)島に注目し、ここに
    要塞を造ることを決め、ただちに着工した。 1703年5月16日(27日)のことで
    あった。 ウサギ島は、ニエンシャンツの砦からは、ほぼ6キロ離れており、
    それだけ海に近い場所にある。

    この日ピョートルは、ここに居なかったので、着工は彼の意を受けた腹心の
    メンシコフの仕事であったが、恐らく、場所選びにはピョートルの意思も加わって
    いたのであろう。 数日後、戻って来たピョートルは、ただちに自分用の住居を
    ウサギ島から遠からぬ川岸に建てさせ、3日で完成した。 松の丸太で作られた
    この小屋が後に『ピョートルの小屋』と呼ばれるものであり、ペテルブルグの
    建築物第一号ということになる。 ピョートルは、ここに滞在する時は、この
    小屋に泊まった。

    105277

    要塞は土で盛った保塁で作られ、急ピッチで建設が進んだ。 6月29日(30日)、
    ピョートルは、建設中の要塞にサンクト・ペテルブルグという名を与えた。
    自分の名ではなく、自分の守護聖人であるペトロから取ったものであった。
    それと共に、この日ペテロともう一人の聖人、パウロの名前を合わせて冠した
    聖堂の建設を始めるように命じた。 これがペテロパブロフスク聖堂となる
    のである。

    木造の質素な聖堂は、要塞共々、1703年の秋には完成した。 その頃には、
    要塞もペテロパブロフスク要塞と呼ばれるようになり、サンクト・ペテルブルグ
    という名は、要塞の周りに住み着く人々の集落を指す言葉になっていた。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシアは、国全体の人口密度は低いが、人口の約73%が都市部に暮らしており、
    都市化の進んだ国と言える。 主な都市には、モスクワ、サンクト・ペテルブルグ、
    ノボシビルスク等がある。

    【モスクワ】

    ロシアの首都であるモスクワは、ボルガ川の小さな支流であるモスクワ川のほとりに
    発展した人口約900万人のヨーロッパ第一の都市。 1147年に初めて歴史書に登場
    して以来、モスクワは、ロシアを統一し、ロシア帝国を建設する上で重要な役割を
    果たした。 モスクワの街は、クレムリンと呼ばれる要塞を中心に発展した。
    現在のクレムリンは、連邦政府の建物となっている。 クレムリンに隣接する
    赤の広場には、レーニン廟、聖ワシリー寺院、かつて、世界最大と言われた
    グムデパート等がある。 モスクワは、ロシアの文化活動の拠点であり、ロシア
    正教会の中心地でもある。 更に、製造業の中心地でもあり、多くの工場が立ち
    並ぶ。



    【サンクト・ペテルブルグ】
    サンクト・ペテルブルグは、人口約500万人のロシア第二の都市であり、
    フィンランド湾に注ぐネヴァ川のほとりに建設された都市。 ピョートル大帝に
    よって、1703年に建設され、1712年にロシア帝国の首都となった。 運河が
    多く、ヨーロッパ風の建物が立ち並ぶのが特徴となっている。 20世紀に入り、
    第一次世界大戦が勃発すると、ロシアは、ドイツと戦った。 この時、ニコライ
    2世はがサンクト・ペテルブルグというドイツ風の名前を嫌い、ペトログラードに
    改称した。

    その後、共産主義政権が誕生すると、レーニンにちなんで、レニングラードと
    改称され、1991年のソ連崩壊時には、元のサンクト・ペテルブルグという名前に
    戻された。 エルミタージュ美術館、歴代の皇帝が暮らした冬の宮殿、
    ペトロパブロフスク要塞等が観光名所となっている。



    【ノボシビルスク】

    人口約150万人のロシア第三の都市。 『シベリアの首都』と呼ばれる事もある。
    オビ川のほとりに位置し、シベリア横断鉄道を建設中の1893年に建設された。
    現在でもシベリア横断鉄道の重要な停車地であり、産業と交通の拠点となって
    いる。 ノボシビルスクには、シベリア最大の美術館、北半球最大のバレエ劇場、
    有名な交響楽団とジャズグループ等があり、シベリア文化の中心地としても
    知られている。 1950年にロシア科学アカデミーの重要な支部が開設されて以来、
    学術研究都市が建設され、学問が非常に盛んになったロシアを代表する
    学術研究都市。



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ロシア語 に参加中!

    5月27日は、サンクト・ペテルブルグ建市の日。 これは、ピョートル大帝によって
    1703年5月27日(昔ロシアで使われていたユリウス暦では5月13日)に築かれた
    人工都市である事に由来しており、現在でも5月27日は建市記念日として市の
    祝日となっている。

    Petropavlovskaia

    ロシアでは、『母なるモスクワ』、『父なるサンクト・ペテルブルク』と呼ばれる事が多い
    両都市だが、モスクワが『大地信仰』を根底とするロシアを象徴する土着の都であった
    のに対し、ペテルブルクは西欧に開かれた窓、いわゆる、人工的に建設された西欧的、
    キリスト教的な支配を象徴する都と考えられているため、このように呼ばれている。

    Horseman002

    この周辺は、ルーシの北端に位置しており、キエフ公国がモンゴル襲来により分裂
    すると、ノヴゴロド公国の辺境地帯となった。 その後、ノヴゴロドを併合した
    モスクワ公国領となっていたが、1617年にスウェーデンがこの地を奪取し、以後
    ピョートル大抵の時代に至るまで、約90年間この地域はスウェーデン領のイングリアと
    なっていた。
     
    stpetemap02

    大北方戦争の結果、スウェーデンから奪取したフィンランド湾沿岸部に新たに都が
    建設される事となったのだが、造営前のペテルブルク一帯は、荒れ果てた沼地であり、
    ネバ川河口付近には、同時並行でペトロパヴロフスク要塞も建設されたが、荒れ
    果てた沼地の上に新都市を建設したため、その作業は過酷を極め、約1万人が命を
    落としたとも言われており、『屍の上に築かれた都市』との異名を持っている。

    rimg0666

    新しい都の建設後は、ロシア帝国の首都としてふさわしい街となるよう、歴代の
    皇帝が整備を行い、1725年には科学アカデミーが、1754年には王宮として冬宮が
    完成。 ネフスキー大通りが整備され、冬宮を中心とした放射状の街並みが
    作られて行った。 1757年には演劇アカデミーが創設され、エカテリーナ2世時代の
    1762年には冬宮の一角にエルミタージュ美術館の元となる展示室が開設された。

    saintp4_1

    サンクト・ペテルブルグの都市名は、都市の設立時から1914年まで用いられた後、
    ドイツとの戦争時に、一時的にロシア的な名称である『ペトログラード』と改称されたが、
    ロシア革命後の1924年、レニングラードと改称、1991年のソ連崩壊後、再びドイツ語の
    サンクト・ペテルブルグに戻った。

    saintp3

    バレエや文学が盛んな芸術都市としても知られ、5月下旬から7月中旬には、太陽の
    沈まない白夜の町としても有名。 ピョートル大帝は、ロシアの近代化のための窓口
    として莫大な費用を掛けて建設し、後のエカテリーナ2世によって、芸術都市としての
    礎が築かれて行った。 19世紀にはロシア文学が花開き、世界最高峰の名作が
    次々に生み出されて行った。 天才と謳われた詩人・プーシキンや、『罪と罰』の
    作者ドストエフスキーなど、著名な人物もこの都市を拠点に活動していた。

    112599

    ペトロハヴロフスク要塞やエカテリーナ宮殿など、歴史を刻んだ多くの建築物が、
    周辺の歴史地区と共に世界遺産に登録されている。

    【サンクト・ペテルブルグの主な見どころ】
    9583-01
    9583-03
    Bernsteinzimmer01
    7191580
    3455
    10870070
    T3
    016
    map_russia


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ