フランツ・ヨーゼフ皇帝は、人民代表議会を廃止して、ハプスブルグ政権の
権威を回復した。 1855年、皇帝は国内の学校の管理をヨーゼフ2世の改革
以前のように、カトリック教会に委ねた。 皇帝はまた、ロシア軍の来援を
要請してハンガリー領内の反乱を鎮圧した。

皇帝は、国内ではこのような強圧策を取る一方で、外交の上では、数々の戦争で
敗北を重ねた。 1859年、オーストリアはイタリア北西部の王国サルディニアに
敗北し、イタリア北部の領土の半ばを失った。 これは1864年のイタリア王国
成立へと繋がった。 また、1866年、プロイセンとの戦争に破れ、ドイツ連邦の
盟主としての地位を放棄した。 この時プロイセンに味方したのは、イタリアに
ヴェネチアを割譲し、帝国はイタリアの領土をことごとく失った。

これらの失敗が続く中、国内の各都市に民衆のデモが起こり、皇帝は新たな立法
機関として、帝国議会の設置を認めねばならなくなった。 帝国議会は、全ての
オーストリア市民に基本的人権を保障する法律を制定した。

1867年、皇帝は、ハンガリーに別個の憲法の制定と独立の王国の成立を認めた。
こうして、オーストリア帝国は、オーストリア・ハンガリー帝国として、2つの
君主国の合同国家となった。 1870年には、プロイセンを盟主とする新たな
ドイツ帝国が創設されたが、1882年、オーストリア・ハンガリーは、ドイツ帝国、
および、振興のイタリア王国と三国同盟を結んだ。

imagestart

【帝国の内紛】
19世紀末に、更に新たな市民権を認められたオーストリア人達は、次々に
新政党を結成した。 成長する中産階級を代表する政党として自由党が出来、
カトリック教会を代表する支持する農民と労働者の党として、キリスト教
社会党が出来た。 社会民主党は経済システムの変革と私営企業の国営化を
主張した。

国内では、チェコ人、スロバキア人、ポーランド人、スロベニア人、
クロアチア人などの民族グループが、自治を望んでいた。 だが、これらの
諸民族に自治を認める立法は、どの政党の支持も得られなかった。 これらの
少数民族グループには、ロシア帝国と東南ヨーロッパの新興国セルビア王国の
後援があった。

1908年、オーストリア・ハンガリー帝国が、セルビアに隣接するボスニア・
ヘルツェゴビナの両州を併合するにおよんで、帝国とセルビアとの関係は、
ますます悪化した。 元々トルコの領土だった両地域は、かねがねセルビアが
併合したいと望んでいたのである。

1914年、セルビアの一青年がオーストリア皇太子フランツ・フェルディナントを
暗殺した。 同盟関係によってヨーロッパのほとんどの国々が戦乱に巻き込まれ、
第一次世界大戦が始まった。 何週間としないうちに、オーストリア・
ハンガリーはどドイツは、ブルガリアとトルコだけを同盟国として、イギリス、
フランス、セルビア、イタリア、ロシア、日本を敵にして戦っていた。 この
連合国側には、後にアメリカが加わった。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村