東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:コーヒー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ベオグラード最終日は、中心地にあるスカダルスカ通り(Skadarska)で
    代表的なセルビア料理とセルビア(トルコ)コーヒーを頂きました。

    IMG_2369

    お隣りのボスニアでは非常に苦いコーヒーしかなかったため、ベオグラードでも
    再度注文してみたものの、やはり、非常に苦い。 付け合せのスウィーツが
    なければ、非常に厳しいほろ苦さw ヨーロッパでは、ウィーン風のコーヒーが
    主流(日本と同じ)だが、セルビアは、オスマン・トルコによる支配が
    長かったため、この様なトルコ風がメインで、粉が沈殿するのを待ってから
    飲みます。

    IMG_2371

    【スカダルスカ通り


    IMG_2365
    IMG_2363
    IMG_2364
    IMG_2366
    IMG_2367
    IMG_2368
    IMG_2372
    IMG_2373
    IMG_2375

    日本でも飲まれているウィーン風のコーヒーの飲み方は、オスマン・トルコ軍の
    ウィーン包囲後にウィーン市民が粉を濾して飲む方法を開発したことにより、
    全世界に広まった飲み方で、ウィーンからコーヒーと共に世界中に広まったのが
    クロワッサン。 クロワッサンは、ハプスブルグ家のマリー・アントワネットが
    嫁入りの際に、お抱えの調理師と共に、フランスのブルボン家に入り、そこから
    世界へと広まったため、フランスの食べ物と勘違いしている人が多い。

    ベオグラードでの最終地、旧ベオグラード中央駅は、新ベオグラード中央駅が2キロ
    ほど先に完成したため、既に閉鎖されているものの、ニコラ・ステラ・ベオグラード
    空港へ行くための空港シャトルバスは、今でもこの旧ベオグラード中央駅の隣
    (非常に分かり辛い)から出ています。

    べオグラードからの帰りの飛行機は、共同運航のエア・セルビアではなく、
    アエロフロート・ロシア航空。 ロシア語で全て言ってくれるため、非常に楽。
    エア・セルビアは、セルビア語と英語のみでの機内放送でした。 ドナウ川を渡り、
    パンノニア平原を超え、ウクライナ、ベラルーシ上空を通過して、ロシアへと
    戻ります。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    かつて多民族帝国であったオーストリアの歴史は、現在でも、各地方の食事に
    ハッキリと現れている。 ウィーンのスイーツは、ウィンナー・コーヒーと
    同じく、ヨーロッパでは非常に有名で、それぞれのカフェでは、長年引き
    受け継いでいる伝統のレシピを用いて、各店独自のオリジナルケーキ作りが
    非常に盛んになっている。 カフェでコーヒーを飲みながら、ゆっくりと
    くつろいでケーキを食べるのは、もはや、ウィーン文化そのもの。

    Schnitzel

    シュニッツェルは、仔牛肉のカツレツで、元々はウィーンの名物だったが、
    今では、オーストリアで最も人気のある料理となっている。 麺類に様々な
    肉屋野菜を添えるのは、ケルンテンの名物料理。 チロルでは、おいしい
    チーズやベーコンが特産品となっている。 下オーストリア州やドナウ川の
    渓谷には、ぶどう畑が沢山あり、特産である甘い白ワインの醸造に用いられる。

    オーストリアの家庭の朝食は、通常、まずコーヒーか牛乳が出され、
    バターやマーマレードの付いたパンが出される。 午前10時頃に辛子付きの
    ソーセージをおやつとして食べる人もいる。 ウィーン風ソーセージは、
    日本では、そのまま『ウィンナー』と呼ばれている。

    wurst

    昼食は、一日の中で最も重要な食事となっており、まず、スープ、続いて牛肉、
    豚肉、鶏肉、ソーセージ、仔牛肉、魚等のメインディッシュが出される。
    新鮮な野菜、麺類、じゃがいも、肉団子等がこれに添えられる。 あるいは、
    たいていサラダが続く。

    knoedel

    午後3時頃には、短い休憩を取り、コーヒーを飲みながら、ケーキ等のデザートを
    食べる。 オーストリアの各都市では、カフェが憩いの場となっており、社交の
    場としても人気が高い。

    夕食は、昼食よりも軽く、火を使わないコールド・ミート、チーズ、燻製の
    魚類等のオープンサンド等の軽いもので済ませることが多い。 寒い冬の
    季節には、スープかシチューを夕食にすることも多い。

    DSC03027

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    19世紀のコーヒーの生産で発展したサンパウロ州。 その後も発展を続け、
    現在約4,000万人の人口を抱えている。 これは、ブラジル全体の20%以上に
    あたる。

    そして、州都サンパウロも郊外に向けてどんどん膨らみ、人口は1,000万人
    以上となっており、周辺部も含めると、1,500万人を超える大都市へと
    変貌した。



    サンパウロの街は、常に人、車、建物で溢れており、街のビジネス街や
    商業地区には、毎日沢山の人々がやって来る。 幹線道路には、車が列を
    つくり、朝夕のラッシュ時ともなれば、通勤ラッシュで大渋滞となる。

    サンパウロ中心部にあるサントロ地区とその周辺は、食料市場や雑貨の
    卸売り問屋が多く、終日かなりの人出がある。 更に、路上には、露天も
    出店しており、非常に賑やかな地区となっている。 中には、無許可で路上
    販売を行っている人達も居るが、そのような店の方が、むしろ、安く販売して
    いるため、買い物客は、誰もそんなことを気には留めていない。

    4122d63a.jpg

    サンパウロの北西にあるセアザ卸売市場では、魚介類や野菜等の生鮮
    食品の他、植木や生花等が集まっている。 その規模は、南アメリカで
    一番となっており、日系人も多く働いている。 特に、野菜、果物、植木、
    生花、養鶏は、日系人がブラジルで開拓した分野となっており、それまで、
    ブラジルでは野菜や果物を食べる習慣がなかったが、日系人がそれらを
    ブラジルに持ち込んだことによって、広まって行ったもの。

    日系人が多く集まっているリベルダージ地区では、毎週日曜日、東洋市が
    開かれており、この市では、東洋人には懐かしい日本食だけではなく、
    盆栽や金魚等の日本の文化を感じさせるものが沢山立ち並んでいる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ◆ドイツ◆ に参加中!

    1683年、ウィーンがオスマントルコ軍の攻撃を受け、包囲攻撃に失敗したトルコ軍が
    撤退した際に、コーヒー豆の入った袋を大量に残して行きました。 スパイとして宮廷に
    雇われていたイスタンブール生まれの人物がその豆を利用して、1685年にウィーンに
    カフェを初めて開業し、コーヒーの味を市民に伝えたのがウィーンのカフェ文化の始まりと
    言われています。

    G4E1U4SB

    その後、ウィーンのカフェ文化は、19世紀に絶頂を迎え、カフェは世紀末芸術家や
    文豪達の集う場となりました。 ウィーンの人々は、それまでヨーロッパにはなかった
    コーヒーを文化にまで発展させ、生活に不可欠なものとして昇華させたのです。
    コーヒー1杯の注文だけで何時間もカフェの店内で時間を過ごす、そんなカフェ文化は、
    今でもウィーン市民の生活の一部となっており、2003年には、このウィーンの伝統的な
    カフェハウスがユネスコの無形文化遺産に登録されました。

    -kultur

    コーヒーばかりではなく、それぞれのカフェご自慢の自家製スイーツは、どこのカフェでも
    人気のメニューとなっており、それぞれ秘伝のレシピを用いているため、それぞれの
    カフェで異なる味を楽しむことが出来ます。 ザッハトルテに代表される、ウィーンの
    スイーツは、日本人には、少々甘さが気になりますが、伝統的なコーヒーとスイーツの
    組み合わせは、ウィーンでの楽しい一時を約束してくれるでしょう。



    尚、ウィーンでは、コーヒーを注文しただけで、小さなグラス入りの水が付いてくるのが
    定番となっています。 他のヨーロッパ諸国では、水は注文しない限り付いてきませんが、
    この気の利いたサービスは、日本人には嬉しいかも知れません。  また、他のヨーロッパ、
    北米諸国と同様に、ウィーンでは、アイスコーヒーというものは一般的でありません。
     
    【ウィーンの主なコーヒーの種類】

    Melange メランジェ
    ウィーンで最もポピュラーなコーヒー。 濃いコーヒーに泡立てたホットミルクを入れた、
    カプチーノ風のコーヒー。 日本で言うところの、ウィンナーコーヒーがこれ。
    melange-big

    Brauner ブラウナー
    コーヒーに少しミルクを入れたもの。 日本で一般的なコーヒーに最も近い。 大カップと
    小カップがあるので、注文時にサイズも伝える。
    gr-brauner-big

    Einspänner アインシュペナー
    ホイップクリームをのせたコーヒー。 グラスに入っている。
    einsp-big

    Mokka モカ
    濃いめのブラックコーヒー。 小さなカップに入っている。 店によってはシュヴァルツァー
    とも呼ばれる。
    gr-schwarzer-big

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ