多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:コペンハーゲン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エストルップは国王クリスティアン9世の支持を受け、長期に渡って政権を
    維持した。 しかし、1894年の選挙で敗北したため、総辞職した。 以後、
    デンマークは、広い分野での社会福祉政策を次々に実施した。 全ての国民に、
    基本的に必要なものを政府が提供するという福祉国家の基礎が出来上がった。
    1915年、憲法が改正されて、女性参政権、投票年齢の引き下げ、資産家の
    投票上の特権廃止が定められた。

    経済は1900年代以後、繁栄に向かった。 豚と乳牛はこの国の農業で、ますます
    生産量も増加した。 比較的小規模な企業では、銀製品や陶磁器のような
    高品質の輸出品を製造し始めた。

    00hgf5

    貿易を促進するため、デンマーク政府は、コペンハーゲンを自由港にした。
    つまり、コペンハーゲン港に運び込まれる貨物に対しては、輸入関税が免除
    されるという制度である。 デンマークの商船保有数は世界最大級となり、
    労働者は権利擁護のため、労働組合を結成するようになった。 1900年までには
    労働組合運動は、この国に根付き、労働者のストライキ権を保護する法律も
    制定された。 労使双方の努力で、工業労働者の賃金は1875年から1915年
    までに2倍になった。

    1914年に第一次世界大戦が勃発すると、デンマークは中立を宣言した。 この
    戦争では、ドイツを中心とする同盟国が、イギリスなどの連合国を相手に戦った。
    1918年、ドイツは敗北し、講和条約の結果、デンマーク系住民の多い
    シュレスウィヒ北部はデンマークに返還された。

    1920年代は経済問題の相次いだ時期だった。 社会民主党は、政府の資金に
    よって工業と農業を発展させ、また、大規模な建設計画を実施して職場を創設
    しようという主張を掲げ、次第に支持層を拡大した。 1924年、トルヴァール・
    スタウニングは、デンマークで初めての社会民主党政権を樹立した。

    しかし、社会民主党は、上院では過半数に達していなかったため、主張を
    実施出来る事が出来ず、スタウニングは、間もなく辞任した。 1929年、
    スタウニングを党首とする社会民主党は、急進党の協力を得て、総選挙に勝利を
    おさめた。 同年、世界大恐慌が始まったが、社会民主党は、1930年代も政権を
    維持した。 スタウニングは、社会福祉を拡大する法律を更にいくつも導入したが、
    財政状況は悪化し続けた。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1790年、フランスの将軍、ナポレオン・ボナパルトが登場し、1804年に
    皇帝ナポレオン1世と称して各国の征服を始めた。 デンマークは、当初、
    中立を守ったが、1807年、フランスの敵国イギリスは、デンマーク艦隊が
    ナポレオンの手に渡るのを恐れて、引渡しを要求した。 デンマークが拒否すると、
    イギリス海軍は、コペンハーゲンを砲撃して、デンマーク艦隊を摂取した。

    国王フレゼレグ6世は、フランスと同盟を結んで、イギリス他各国と戦った。
    1814年、スウェーデンがイギリス側に立ち、ユトランド半島に侵入して
    デンマーク軍を敗北させた。 1815年、ベルギーのワーテルローでのナポレオンの
    敗北によって、戦乱は終わりを告げた。

    戦乱後のキール協定で、デンマークは、スウェーデンにノルウェーを割譲したが、
    元ノルウェー植民地のフェロー諸島、アイスランド、グリーンランドは、
    デンマーク領となった。 戦争で経済が破綻したデンマークは、大国の地位を
    失った。 国民の多くは、国王が判断を誤ったために敗戦の憂き目を見たと
    思ったが、ただちに王権を縮小しようとはしなかった。

    56hfgt89

    しかし、デンマーク領ホルスタイン在住のドイツ系住民は、独自の憲法を
    要求した。 1830年代に国王は、この要求に応えてホルスタイン、
    シュレスウィッヒ、ユトランド諸島群がそれぞれ別個の議会を開くのを認めた。
    4つの議会は立法権は持たなかったが、それぞれの地域の地主階級が意見を
    表明することは出来た。

    1840年代までに、人々は教育改革と議会制民主主義を要求するようになった。
    1814年、無償の義務教育制度が確立された。 1848年に国王となったフレゼレグ
    7世は、翌年6月5日、国王の権限を大幅に放棄した。 同じ日、国王は、新憲法に
    署名した。 これによって、一般投票による二院制議会制度が確立した。
    この憲法がはまた集会、信仰、出版の自由を保証した。

    【お勧めの一冊】




    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    15世紀のカトリック教会は、権力が強く裕福だった。 教会は所有する地所と
    農地から莫大な利益を得ており、国内で生産される全ての穀物から一定の
    割合で金品を徴収していた。 高位の聖職者の殆どは、貴族の子弟で、
    それがますます裕福になって行くため、一般の人々は、教会に反発を
    抱き始めた。

    20080508

    1479年、クリスティアン1世は、教会から提供させた資金でコペンハーゲンに
    大学を創立した。 教会の権威に反抗する宗教改革の思想はこの大学から
    生まれた。 この思想の信奉者は、プロテスタントと呼ばれ、次第に勢力を
    拡大して行った。 この風潮に対応して、次の国王ハンスは、最初の国会を
    召集した。 この国会では、貴族や聖職者と並んで、一般市民が議席を
    与えられた。

    1513年に国王に選ばれたクリスティアン2世は、聖職者と貴族の勢力を
    抑えるのに努めた。 土地制度の改革が実行され、一般市民が王の顧問に
    任命された。 王はまた、スウェーデンに兵を送って、デンマークの権威の
    回復を図った。 1520年、王はスウェーデン貴族82人を処刑させた。

    スウェーデン人は、この虐殺に激怒し、本格的な氾濫が勃発した。 3年後には、
    スウェーデンは、独立を勝ち取り、スコーネなどわずかな地域だけが
    デンマークの支配下に残った。

    90753cbf04f

    クリスティアン2世の叔父フレゼレグ1世の時代には、プロテスタントの勢力は
    ますます盛んになった。 この国でのプロテスタントの主な支持者は、地位の
    低い聖職者と中流階級出身者だった。 1533年、フレゼレグ1世が死ぬと、
    宗教対立は絶頂に達した。 彼の息子たちのうち、カトリックのハンスと、
    プロテスタントのクリスティアンのどちらが王位に就くかを巡って国論は二分し、
    内乱が勃発した。

    クリスティアンが、1536年に勝利をおさめて国王のクリスティアン3世となり、
    プロテスタントの一派である福音派教会を国教と定めて、国王はその首長となった。
    クリスティアン3世は、カトリック教会の土地を没収して、王家の権力と財力を
    大いに増大させた。

    しかし、デンマークがスウェーデン、ロシア、ポーランドと次々に戦って、
    バルト海での勢力を拡大させようとしたため、財力はたちまち減少した。
    1563年から70年に掛けて、デンマークは、スウェーデンと北方七年戦争を
    戦ったが、一片の領土も確保出来なかった。

    その後デンマークは、16世紀末まで軍事から一切手を引いた。 平和の続いた
    30年の間に、この国から輸出される穀物と家畜の値段が上昇し、一般市民の
    生活が潤った。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    デンマークの人口の約85%は都市部に住んでいる。 海洋と航海に依存して来た
    歴史的な経緯から、主な都市の殆どは、海岸部にあるが、大きさと重要性という
    点において、コペンハーゲンは、デンマーク国内でも随一の都市と言える。

    人口約140万人の首都コペンハーゲンは、産業と教育と文化の中心であり、最大の
    港湾でもある。 市街の大半は、シェラトン半島の東海岸にあるが、南部は隣接
    するアマイェル島に広がっている。 1160年、デンマーク王国ヴァルゼマール
    1世は、当時漁村だった地域を大司教アプサロンに与えた。 アプサロンが建設し
    た街はケブマンスハウン、つまり、『商人の港』と呼ばれ、これがやがて今の
    名前となった。

    67834fd

    アプサロンは、スロスホルメン島に要塞を建設した。 コペンハーゲンの中心部
    にあって、運河に囲まれているスロスホルメン地域には、現在デンマーク政府が
    置かれている。 国会の開かれるクリスティアンスボア宮は、かつて政府官庁の
    全てが置かれていた。 時代と共に大きなスペースが必要となった官庁は、まず
    スロスホルメンの他の建物に移り、やがて首府の中の別の地域へと移って行った。

    クリスティアンスボア宮の北1.6kmたらずのところに、アリエンボア宮がある。
    この宮殿は八角形の広場を囲む4つの建物から成り立っている。 その建物の
    ひとつに国王が住み、もうひとつの建物は、王位継承のために留保されている。
    3つ目の建物は、外国の王侯の宿泊にあてられ、4つ目の建物が宮内庁である。

    コペンハーゲンの商業地域の中に、1843年に開設された有名な公園兼遊園地の
    ティボリ庭園がある。 この庭園には、交響楽やバレエの演奏会場、ダンスホール、
    パントマイム劇場、児童遊技場、レストラン他がある。

    コペンハーゲンは、この国の文化の中心で、デンマーク王立バレエ劇場や、数多くの
    博物館がある。 1970年代以降、ここはまた、廃屋を取り壊した跡地を利用して、
    クリスティアニアという芸術村が形作られている。 コペンハーゲンの東の
    中心部にあるこの小さな地域社会には、大勢の芸術家や職人が集まって来る。

    L02731x

    【デンマークのその他の都市】
    オールフスは、ユトランド半島の東海岸にある大港湾都市で、人口は約26万人と
    なっている。 造船業の他にも、機械、ビール、繊維類の製造も盛んに行われて
    いる。 この都市には、10世紀から司教が住み、1201年から300年以上掛けて
    完成された有名な寺院がある。 オールフスは、デンマーク第二の都市で、文化と
    教育の中心地でもある。 オールフス大学は、湖に面した緩やかな斜面に位置
    しており、近代的な設計様式で有名となっている。 オールフス植物園の中には、
    『昔の街』と呼ばれる一角があり、ここには国内外各地から集められた小さな
    家屋が数多く展示されている。

    人口17万人のオーデンセは、デンマーク第三の都市で、フェン島東部のオーデンセ
    フィヨルドの置くから少し離れた位置にある。 元は、北欧伝説の神、オーデンを
    祀る場所で、町の名前もそれに由来する。 童話作家ハンス・クリスティアン・
    アンデルセンは、ここで生まれた。 オーデンセは、今では重要な工業都市と
    なっており、電子機器、繊維類、木材を生産している。 ここにはまた、大造船所が
    あり、マンモスタンカーを製造している。 この都市とオーデンセフィヨルドの
    間には、長さ8kmの運河がある。

    人口約15万人のオールボアは、ユトランド半島北部のリムフィヨルドの奥に位置
    していて、11世紀発祥の大運河都市である。 グリーンランドとの交易は、殆どが
    この都市の近代的な港湾施設を通じて行われている。 オールボアは、造船と
    セメントの街として、国の経済に重要な役割を果たしている。 また、タバコと
    デンマークならではの飲み物、アクアヴィットが生産されている。 1430年に
    建築が始まった聖ボトルフ教会は、この街の歴史的建築物のひとつとなっている。
    1620年代にイエンス・バングという裕福な商人が建てた5階建ての豪壮な石造りの
    家も歴史的建築物として有名。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    デンマークは、北ヨーロッパの小さな国で、北海とバルト海の間に位置している。
    この国は、昔から重要な交通の十字路であった。 その主な港である
    コペンハーゲンは、現在でも世界一の商業の中心である。 半島と数多くの
    島々から成り立っているため、国土内のどこも海に近い。 その結果、人々は
    早くから海上交通と貿易に通じていた。

    紀元前800年から1050年に至るバイキング時代を経て、この国は、バルト海
    地域の強大国となり、ノルウェーの全部とスウェーデンの広い部分を支配した。
    14世紀から18世紀に掛けて、デンマークは、ドイツの商人や諸侯から挑戦を受け、
    続いてスウェーデンと対立した。 度重なる戦争の結果、1814年までに、
    デンマークはノルウェー等の海外の領土を殆ど失った。

    mapdenmark

    この国は、19世紀半ば以降、ずっと立憲君主制を続けている。 この政治形態では、
    憲法が人権を保障し、選挙で選ばれた立法機関が法律を定めている。 デンマーク
    国王の権力は、多分に象徴的なものである。 デンマークは、国民に対して、最初の
    無料教育を保障した国々のひとつである。 教育の無料化と社会保障制度によって、
    デンマーク人は、世界で最も高い生活水準に達することが出来た。 この種の
    数多くの制度と施策を維持するため、人々は高い税金を払っている。

    20世紀後期までは、デンマークは経済的に繁栄していた。 しかし、1970年代半ば
    以降、物価の上昇と失業率の増加に悩まされている。 その上、ヨーロッパ諸国の
    共同体であるEUへの加盟について、人々の意見が分裂している。 この国の
    経済の将来は、ヨーロッパとの国々との貿易を上手く続けられるかに掛かっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ