ソビエスキは、勝利したが、ポーランド国会内部の軋轢は王国を弱体化
させた。 その後、ドイツのザクセン公がポーランド王アウグストゥス2世
となったが、この時代には、ポーランドは、強大な隣国によって主権を
侵され始めた。

アウグストゥス2世が1733年に死ぬと、ポーランドのある貴族が国王に選ばれ
かけたが、ロシアの干渉で阻止された。 そして、ロシア皇帝の代理人たちは、
下院の大きな派閥を買収して、アウグストゥス2世の息子を国王に選出させた。

35d61d5

重税のために、ポーランドの農業と貿易は振るわなかった。 軍事力も低下し、
国王は外国の軍隊に対して、無防備の状態となった。 貴族たちは、敵対する
派閥を統合する努力を殆どせず、無能と腐敗によって、国家を弱体化させた。
その上、下院が拒否権制度を導入したため、国会議員が1人でも反対すれば、
新しい法案は一切成立しなくなった。

このために政治は大混乱となり、外敵たちは、これを好機にポーランドの領土を
奪い始めた。 1772年、西のプロイセンと南のオーストリアは、東のロシアと
協力して、ポーランド領土の3分の1近くを奪ってそれぞれの国の領土に加えた。
これが第一次ポーランド分割である。

1234542

第一次分割以後、政治を改革しようとする動きが国会内で強まった。 1791年、
多くの貴族の反対を押し切って、国会は新憲法を採択した。 この憲法は、
拒否権制度を廃止し、国王の選挙制を止めて相続制とし、下院の力を弱めた。
新憲法はまた、全ての市民の人権を保障した。 しかし、ロシアの女帝
エカテリーナ2世は、臣下のロシア国民が、ポーランド人たちと同じ改革を
するのを恐れた。

1793年、一部のポーランド貴族の協力で、エカテリーナは、軍隊をポーランド
東部に進め、領土の一部を奪い取った。 それと同時にプロイセンもまた、
ポーランド西部の一部とグダニスク港を併合した。

ポーランドの第二次分割に憤激して反乱が起こり、愛国者タデウシ・
コシュチューシコがその指導者となった。 1494年、コシュチューシコは、
ワルシャワでロシア軍を撃破した。

だが、ロシアとプロイセンが、力を合わせて攻め込んで来たため、ポーランド
愛国軍は、数の上で圧倒された。 翌年、ロシア、プロイセン、オーストリアの
3国は、コシュチューシコの反乱を鎮圧して、ポーランド国王を退位させた。

これらの3国は、残っていたポーランドの領土を自分たちの間で分割し、
ポーランド王国は消滅した。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村