1790年、フランスの将軍、ナポレオン・ボナパルトが登場し、1804年に
皇帝ナポレオン1世と称して各国の征服を始めた。 デンマークは、当初、
中立を守ったが、1807年、フランスの敵国イギリスは、デンマーク艦隊が
ナポレオンの手に渡るのを恐れて、引渡しを要求した。 デンマークが拒否すると、
イギリス海軍は、コペンハーゲンを砲撃して、デンマーク艦隊を摂取した。

国王フレゼレグ6世は、フランスと同盟を結んで、イギリス他各国と戦った。
1814年、スウェーデンがイギリス側に立ち、ユトランド半島に侵入して
デンマーク軍を敗北させた。 1815年、ベルギーのワーテルローでのナポレオンの
敗北によって、戦乱は終わりを告げた。

戦乱後のキール協定で、デンマークは、スウェーデンにノルウェーを割譲したが、
元ノルウェー植民地のフェロー諸島、アイスランド、グリーンランドは、
デンマーク領となった。 戦争で経済が破綻したデンマークは、大国の地位を
失った。 国民の多くは、国王が判断を誤ったために敗戦の憂き目を見たと
思ったが、ただちに王権を縮小しようとはしなかった。

56hfgt89

しかし、デンマーク領ホルスタイン在住のドイツ系住民は、独自の憲法を
要求した。 1830年代に国王は、この要求に応えてホルスタイン、
シュレスウィッヒ、ユトランド諸島群がそれぞれ別個の議会を開くのを認めた。
4つの議会は立法権は持たなかったが、それぞれの地域の地主階級が意見を
表明することは出来た。

1840年代までに、人々は教育改革と議会制民主主義を要求するようになった。
1814年、無償の義務教育制度が確立された。 1848年に国王となったフレゼレグ
7世は、翌年6月5日、国王の権限を大幅に放棄した。 同じ日、国王は、新憲法に
署名した。 これによって、一般投票による二院制議会制度が確立した。
この憲法がはまた集会、信仰、出版の自由を保証した。

【お勧めの一冊】




お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村