多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:グダニスク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1988年、ワレサは、グダニスクで、更に抗議行動を組織した。 経済問題の
    急激な悪化に直面した政府は『連帯』を合法化し、共産党の一党支配を終わら
    せることを約束した。 1989年6月、非共産党員の候補者たち、その多くは、
    『連帯』のメンバーが選挙に当選して、国会議員となった。 続いて国会は、
    ヤルゼルスキを大統領に選出し、タデウシ・マゾヴィエツキを党首に選んだ。
    マゾヴィエツキは『連帯』の指導者だったが、共産党と、それ以外のいくつかの
    政党を含む連立内閣を組織した。

    1990年1月、ポーランド共産党の指導者たちは、共産党の名称を改めて、ポーランド
    共和国社会民党と名乗った。 共産党の財産の大部分は、新しい政権に移譲され、
    政府は物価と賃金を自由化すると共に、マスコミに対する全ての規制を廃止した。
    政府はまた、国営企業を民間の投資家に売却し始めた。 これは、企業の民営化と
    呼ばれた。 ヨーロッパの中部かと東部の諸国が、次々と共産主義から離れて行く
    過程で、民主化されたばかりのポーランドの企業は、西ヨーロッパでの事業を
    開始した。

    1990年秋、ワレサが大統領選への出馬を表明すると、ヤルゼルスキは、大統領を
    辞任した。 選挙はワレサ、マゾヴィエツキ、ティミニスキの三つ巴の争いと
    なった。 ティミニスキは、ポーランド生まれのカナダの実業家である。 1990年
    12月、ワレサがこの選挙に勝利をおさめると、マゾヴィエツキは首相を辞任した。
    ポーランド農民党の指導者ヴァルデマル・パヴラクが、1993年首相に就任した。

    A8E291A0
    1990年代初期を通じて、中央統制経済から、自由市場システムへの移行に伴う、
    深刻な問題がいくつか表れた。 生産量の減少、物価の上昇、失業などである。
    しかし、政府の施策は、外国の投資を誘導したり、国営資産を売却したりする
    点で成功をおさめている。

    西ヨーロッパ諸国との活発的な貿易によって、経済システムの移行は促進され、
    食料と衣類の欠乏は終わりを告げた。 民主的な政府と、経済の改善の
    もたらした利益のお陰で、ポーランドの人たちは現在では、生活の一層の向上を
    期待出来るようになった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1980年、食料と消費物資と電力の不足が深刻になった。 この年の夏、
    グダニスクのレーニン造船所の労働者たちは、講義のストライキを起こした。
    他の都市の労働者たちもそれに習い、3週間続いたストライキで国家機能は
    麻痺した。 政府は賃金の値上げや、労働組合を結成する権利などの要求に
    同意した。 その結果、全国的な労働組合である『連帯』が創設され、造船所の
    電気技師で、ストライキの組織者でもあったレフ・ワレサが議長となった。

    znaczekwalesa

    労働者たちの獲得した各種の権利は、政府への圧力となり、政府は他の面でも
    改革を迫られた。 ギエレクは政治犯を釈放し、新聞や放送に対する統制を
    緩和した。 しかし、ソビエトとポーランドの共産主義指導者たちは、これらの
    変化に抵抗し、国民は、ソ連の軍事と政治、両面に渡る介入を懸念しはじめた。
    1981年、ギエレクは辞任し、厳格な共産主義者ヴォイチェフ・ヤルゼルスキが
    第一書記長に就任した。

    ヤルゼルスキは『連帯』を非合法化し、ワレサを逮捕した。 しかし、反政府
    デモは、尚も続き、ワレサは、1983年に釈放されて、再び『連帯』の指導者に
    返り咲いた。 ポーランドの労働運動は、カトリック教会に支持されていた。
    教会のトップに立つ教皇ヨハネ・パウロ2世は、ポーランド人で、ポーランド
    政府にさまざまな改革を実行するように呼び掛けていた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1939年9月1日、ドイツ軍は、ポーランドへの大規模な侵攻を開始し、同時に
    ソビエト軍も東から攻撃を始めた。 2日後には、、イギリスとフランスは、
    ドイツに宣戦を布告したが、ドイツ軍どソビエト軍は、ポーランド国土を蹂躙し、
    国土を再び分割した。 ポーランドの指導者たちは、イギリスに逃れて亡命政府を
    つくった。

    ドイツ軍の爆撃と戦闘によって、グダニスク、ワルシャワ、その他の工業都市は
    破壊された。 ナチスはポーランド国内に、アウシュヴィッツ
    (オシヴィエンツィム)など、いくつもの強制収容所をつくり、何百万人もの
    ユダヤ人や政治的因人を虐殺した。 戦争中に殺されたポーランド系のユダヤ人は、
    300万人以上に上っている。

    84e9234f

    1941年、ヒットラーがソビエトと戦争を始めると、ドイツ軍はポーランド全土を
    占領した。 しかし、1944年には、ソビエト軍は間もなくポーランド全土を
    占領し、更に進んでドイツの首都ベルリンを陥落させた結果、ナチス政府は、
    1945年5月についに降伏した。

    戦争中、アメリカとイギリス両国は、ポーランド臨時政府の閣僚たちをポーランドの
    公的指導者として承認した。 しかし、戦争が終わると、ポーランド共産党の
    支配する人民解放委員会は、臨時政府の帰国に反対した。 共産党員たちは、
    ポーランドを占領していたソビエト軍の支援を受けて、政府の重要なポストを
    独占した。 臨時政府の閣僚たちは、祖国に帰れなくなった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1917年、ロシアで共産主義者と呼ばれる革命家達が政権を握った。 この政権は、
    第一次世界大戦の戦線から離脱し、ポーランド人が自らの政権を樹立するのを
    認めた。 ポーランド臨時政府が成立し、やがて共和国の樹立が宣言された。
    ピウスツキは、共和国の国家主席になった。

    ヴェルサイユ講和条約の結果、ドイツは武装解除され、ヨーロッパ北部と中部に
    新しい国境線が引かれた。 ポーランドは、ヴィスワ川からバルト海岸に及ぶ
    細長い地域をドイツから獲得した。 隣接するグダニスク港は、住民の大半が
    ドイツ語を話すため、ダンツィヒ自由市となり、結成された国際連盟の管理下に
    置かれた。

    ピウスツキは、3回に渡るポーランド分割以前に存在した国境を回復しようと考え、
    そのためロシアと紛争を起こした。 当時ロシアでは、共産主義政権が、皇帝の
    支持者たちと戦い続けていた。 1920年から始まった戦争で、ポーランド軍は
    ロシア国内の混乱に乗じて、東部国境外の地域を奪い取った。 1921年、
    ポーランドとロシアは、やっと平和協定を結んだ。

    B4T3lyUj

    ロシアの共産主義者たちは、やがて国内の混乱を鎮圧して、1922年ソビエト連邦を
    創設した。 同じ年、ポーランド国会は新憲法を制定し、ピウスツキは国家主席の
    地位を辞任した。

    1920年代、再建された下院議会は、教育、労働法、地主制度の改革案を成立
    させた。 産業労働者たちは、労働組合を結成し、田園地帯の農民は自分たちの
    私有地を獲得した。 貿易を振興させるために、ポーランド政府は、バルト海岸に、
    新しくグディニア港を建設した。

    ポーランドの指導者たちは、見事にポーランドの再建しつつあったのにも関わらず、
    政党間の激しい争いが政府を弱体化させた。 その上、ウクライナ人、ドイツ人、
    ベラルーシ人などがポーランド人の統治に対して民族的な反感を持ち、また、
    物価が高騰して失業が広まったために、政治的な危機が生じた。 1926年ごろには
    問題が深刻化して、政府の機能は麻痺した。

    国会の失敗に失望したピウスツキは、軍の支持を受けて、1926年、政界に復帰し、
    政府を転覆させた。 ピウスツキは、下院議員の権限を制限し、自分の戦友のを
    総理大臣に任命した。 1920年代後半から30年代前半に掛けて、ピウスツキは
    軍の総司令官になり、1935年に病死するまで独裁者として国を支配した。

    1930年代になると、ドイツでアドルフ・ヒトラーのナチス政権が成立し、急速に
    再軍備を始めた。 1938年、ヒトラーは、チェコスロバキアの大部分を手中に
    収めた。 この国は、第一次世界大戦後、ポーランドの南につくられた国家
    である。 ヒトラーはまた、ダンツィヒをドイツの支配下に戻すように要求した。

    東では、ソビエトの指導者、ヨシフ・スターリンがポーランド東部はソビエトの
    領土であると主張した。 1919年の夏、ヒトラーとスターリンは、ポーランドを
    侵略して分割する秘密協定に調印した。 ヒトラーはダンツィヒとポーランド
    西部の領土を要求し、ポーランドはそれを拒否した。 イギリスとフランスは、
    ドイツが攻撃した場合には、ポーランドを支援すると誓約した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ