多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:クラクフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1025年、ボレスワフ1世が死ぬと、ポーランドには激しい内戦が起こった。
    ボレスワフ1世の曾孫ボレスワフ2世は、貴族達と争い、クラクフのカトリック
    司教は貴族側に味方した。 1079年、ボレスワフ2世が司教の殺害を命じた
    ことで教皇はポーランド全土に制裁を科した。 1100年代初期、ボレスワフ2世の
    甥ボレスワウ3世は、ポーランド北西部のポモルゼの領有を巡って神聖ローマ
    帝国の軍隊と戦った。 彼は王国を何人も居る息子達に平等に分割するよう
    遺言したので、ポーランドの力は弱まった。

    続く2世紀の間、この分割相続制度によって、多数の小さな半独立の公国が出来た。
    ポーランド貴族と小さな公国の貴族達は、互いに争いを繰り返し、ポーランドの
    民衆は無秩序で無力な状態に陥って、この国の長い国境線を防衛することが
    出来なくなった。

    王国内の混乱に乗じて、カトリックの宗教戦士の集団、ドイツ騎士団が北から
    攻撃して来た。 北東のバルト海沿いにあるリトアニア国家もまた、この国の
    領土を侵略した。 1240年、東アジアのモンゴル人の大軍は、ポーランドと
    東ヨーロッパの多くの地域を荒廃させた。 モンゴル人がヨーロッパから撤退
    すると、ポーランドは、次第に国力を回復し始めた。

    ドイツから職人や商人達が招かれて、ポーランドの都市や港湾に定住した。
    ポーランドはまた、ヨーロッパの他の国々での迫害を逃れた大量のユダヤ人を
    喜んで受け入れた。 クラクフやグダニスクは、北ヨーロッパ諸都市の商業
    連合体であるハンザ同盟に加盟し、その結果、この2つの都市や王国内の他の
    都市では、商業貿易が繁栄した。

    image5711

    【カジミェシュ大王】
    1295年、ポーランド王プレシュミスワフ2世が暗殺されると、王位の継承を
    巡って争いが起こり、プレシュミスワフの娘婿チェコ王ヴァーツラフ2世が王位を
    要求してポーランドに攻め込んだ。 1305年、ヴァーツラフが死ぬと、ピアスト
    王家の一員が教皇の支持で、1320年に国王ヴワディスワフ1世として、クラクフで
    戴冠式を行った。 ヴワディスワフは戴冠式行ったクラクフをポーランドの
    首都と定めた。

    ヴワディスワフの息子カジミェシュ3世が1333年に国王になった時には、
    ポーランドはまだ弱体な分裂国家だった。 カジミェシュは、国王の権力を強化
    して、国内の紛争を終わらせ、国家を再統一した。 カジミェシュはまた国境の
    安全をはかるため、リトアニアと同盟し、南方の強大国ハンガリーとも同盟を
    結んだ。

    カジミェシュは、多くの国内改革を行った。 農民の権利を保護する法律を作り、
    法体系や行政制度を組織し直した。 また、教育にも力を入れ、1364年、
    クラクフにこの国最初の大学を創設した。 カジュミェシュ3世は、その功績に
    よって、後世の人に大王と呼ばれるようになった。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ポーランドは、日本にとっては、殆ど馴染みのない国だが、実は、かなりの
    親日国としても有名。 ポーランドでは、現在、剣道などの日本の武道がブームと
    なっており、名門ワルシャワ大学の人気学科は、日本学科となっており、その
    倍率は30倍を超えている。

    【ポーランド祭】


    ポーランドが親日国家となった理由は、諸説あるが、日露戦争により、大国の
    ロシアに勝利したアジアの小国である日本に対して、非常に敬意を払っている
    というのが定説となっているものの、実は、日本とポーランドは、今から100年
    ほど前にも強い絆で結ばれていた。

    1920年、孤児を助けた体験が語り継がれる 第一次世界大戦後、ロシア革命の
    内戦中、多くのポーランド人はシベリアに抑留されていた。 極寒の地で次々と
    命を落とす中、ポーランドは両親を失った子どもたちだけでも救おうと、救命
    嘆願書をアメリカやイギリスへ助けを求める手紙を出した。
     
    polen

    しかしどこからも返事は来ず、唯一返事をしたのが日本だった。 そして、1920年
    から22年にかけて計5回、765人の孤児たちが船で日本へ運ばれ、想像も
    つかないほどの温かいもてなしを受けたのだという。

    到着直後のポーランド孤児たちはチフスを患い、頭にはシラミ、餓死寸前の子もいる
    という最悪の健康状態だったが、日本赤十字の看護師たちが懸命に看護した。
    全国から寄付も集まり、子どもたちは元気を取り戻す。

    2年後、1人も欠けることなくポーランドに戻った孤児たちは、終生その体験を
    語り継いだという。 後に大統領となる「連帯」のワレサ氏は、1981年に
    「ポーランドを第二の日本にしたい」と語り、ポーランドでは誰でも知っている
    名言になっている。

    日本人とポーランド人は、気質も驚くほど似ており、現在、ポーランドに進出
    している日本企業の数は、トヨタやブリジストンをはじめ281社にも上っている。

    ポーランドは、東欧の優等生とも言われており、現在、ユネスコの世界遺産は、
    下記の4つを含めて、12ある。

    【ヴィエリチカ岩塩坑】
    dddd1554

    ヴィエリチカ岩塩坑は、世界遺産として一番最初に登録された12件のうちの1つ。
    国家事業として700年間掘り進められた歴史があり、その総延長は300km、最深部は
    327 mにも及ぶもの。 中はアリの巣のように広がっており、それ意外にも地下に
    教会があったりと見所が多くある。 全て塩で出来ているとは思えない程、幻想的な
    空間となっている。

    【アウシュヴィッツ強制収容所】
    20120731081

    第二次世界大戦の最中、ヒトラー率いるナチスによる制圧対策が行われた場所で、
    人類の最大の負の遺産とも呼ばれている。 ユダヤ人をはじめ、ポーランド人や
    反ナチス活動家、同性愛者など、罪のない人がここに送られ、多いときには9万人
    もの人が収容されていた。 現在は博物館になっており、世界中から訪れる人が
    後を絶たない。

    【クラクフ歴史地区】
    72f68992f2c

    欧米では最も人気のある観光都市の1つで、その評判は欧米の旅行雑誌や旅行
    サイトで「世界一すばらしい観光地」の称号を与えられることも多い有名
    観光地となっている。

    【ワルシャワ歴史地区】
    0333125

    ワルシャワの歴史地区は、第二次世界大戦によって大きな損害を受け、1度は
    現在の美しい町並みが全壊したが、戦後復活したもの。 現在の町並みは40年
    もの歳月を掛けて市民が戦前の姿で再築したものとなっている。 レンガのひびに
    至るまで丹念に修復され、見事に中世の町並みは復活した旧市街は非常に美しく、
    ポーランド観光の最大のハイライトとなっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ