多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:キエフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    今話題のニュース に参加中!

    ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は、2015年9月16日、ロシアの航空会社による
    ウクライナへの乗り入れ、並びに、ウクライナ上空の飛行を10月25日から1年間禁止する
    ことを定めた、『ウクライナ国家安全保障・国防会議(RNBOU)決定』を承認する大統領令に
    署名したが、ロシアは、9月29日、対抗措置として、ウクライナの航空会社によるロシア
    領空の使用を10月25日から禁止することを発表した。

    ウクライナのヤツェニュク首相は大きな航空会社、つまりアエロフロートとトランスアエロの
    飛行禁止を特に強調した。 『ロシアの三色旗をつけたロシアの航空機は、ウクライナの
    空港では、何もすることはできない』とヤツェニュク首相は述べた。

    一方、ロシア航空局は、ロシア連邦運輸省の委任により、ウクライナの航空会社に対して、
    10月25日より、ロシア上空を通過することを止めるよう、通告を行った。
     
    apjapan_1000

    現在、ロシアとウクライナの両国間の直行便は飛んでおらず、航空券の販売も行われては
    いない。 ロシアからウクライナまで飛行機で行くには、第三国での乗り換えが必要となる。
    その最有力候補となるのが、ベラルーシの国営航空会社『ベルアヴィア』、ラトビアの
    国営航空会社『エア・バルティック』、トルコの『ターキッシュ・エアラインズ』、または、
    『LOTポーランド航空』となっているのだが、どの航空会社も、一旦、ウクライナ付近を
    通過してから、再度逆方向へ戻る形となるため、使い勝手が非常に悪い。

    その他、フランクフルト、ミュンヘン経由のドイツの『ルフトハンザ』や、ウィーン経由の
    『オーストリア航空』も考えられるのだが、これらの航空会社の運賃は高い上、所要時間も
    長くなるため、余りお勧めは出来ない。

    3c559b63c

    鉄道での両国間の往来は、今のところ、可能となっており、第三国での飛行機の
    乗り換え時間を考えると、モスクワ⇔キエフ間の所要時間は、航空機とさほど大差が
    ないと思われる。

    ウクライナ東部での戦闘では、これまでに約8,000人の死者が出ている。 ウクライナ軍と
    親ロシア派と呼ばれているロシア系住民との間では、停戦協定が発効しており、散発的な
    違反行為は起きているものの、協定は大枠で順守されているとされる。

    ロシア国内には、約350万人ものウクライナ人が住んでいるため、モスクワ⇔キエフの
    定期便の乗客は、概ね、ウクライナ人となるが、ウクライナ政府は、このような自国民をも
    苦しめる政策ばかりを打ち出しており、現在、ウクライナから分離独立を果たした、クリミア
    半島では、ウクライナの過激派による送電線の破壊により、大規模停電が続いている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ロシア連邦の首都であるモスクワは、ロシアのみならず、ヨーロッパ最大の都市
    でもある。 人口は、約1,000万人となっており、東京、ニューヨーク他と並ぶ、巨大
    メガロポリスと
    なっている。

    世界で最も美しいと言われているモスクワの地下鉄は、アメリカから核ミサイルが
    飛んで来た際には、
    核シェルターにもなる非常施設であるため、全て地中の深い
    場所を通っている。 モスクワの
    地名の由来は、モスクワ川の河岸にあるため、
    都市の名前もモスクワとなった。



    現在のロシア、ウクライナ、ベラルーシは、元々は同じひとつの国で、ルーシ時代の首都
    である
    キエフが、モンゴル・タタール軍に攻め滅ぼされたため、その中心地は、北方に
    あるモスクワ公国へと
    移った。 キエフがあるウクライナは、その後、数百年間にも及ぶ
    ポーランド支配から脱した際に、
    同じ正教の国であるモスクワが吸収したため、国の
    名前は、『ルーシ国』という意味のロシアに
    なったもの。



    dc42e709.jpg


    『ルーシ』とは、古代バイキングの言葉であるノルマン語で『櫂』という意味。
    ヨーロッパでは、
    形容詞+ ia で終わる国名が多いのだが、その理由は、この『ia』が、
    ラテン語では『国』という
    意味であるため。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ロシア語 に参加中!

    ナターシャ・グジーは、日本在住で、ウクライナの民族楽器であるバンドゥーラを
    演奏しながら歌う歌手。 正確に言うと、日本に帰化しているため、ウクライナ系
    日本人となる。

    1986年4月26日に、チェルノブイリ原発で事故が起きた時に、父親がその原発内で
    働いていたため、事故当時、原発から3.5キロにあったプリピャチ市で被曝。



    事故が起きたのは夜中であったため、プリピャチをはじめとする、原発周辺の
    住民達には、3日間事故が起きた事は公表されなかったため、事故が起きた
    当日や翌日も、普通に生活をしていたため、被害が拡大した。

    旧ソ連政府は、プリピャチ市民に対して、3日間だけ避難をするように住民達に
    指示を出したが、その後、二度と、故郷に戻る事は許されてはいない。

    その後、首都のキエフへ家族で移住したが、プリピャチ市は、原発事故後、街ごと
    この世から消し去られ、現在に至っている。



    福島の人たちが、チェルノブイリ原発4号炉を視察して、『意外と線量が低かった』と
    言ったのは、有名な話。 事故発生当初、チェルノブイリ原発の所長は、事故を
    過小評価し、「火災事故」として報告をしたが、その後、その所長は、自由剥奪
    10年の刑に処せられている。



    チェルノブイリ原発は、事故後も何事もなかったかのように原発の運転を続け、
    最後の3号炉がアメリカの援助によって運転を停止したのは、2000年12月の話。

    おそロシアよりも、もっと恐ろしいのが、ウクライナなのでは。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村


    ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    PV・音楽動画 に参加中!

    アンナ・セドコーワ(ロシア語:Анна Седокова、1982年12月16日キエフ生まれ)は、
    ウクライナのポップス歌手、並びに、モデルである。 愛称はアーニャ。
     
    i

    2002年に脱退した、アリョーナ・ヴニーツカヤに代わって、ウクライナ・ロシアの女性歌手
    グループ『VIa Gra』の2代目メインヴォーカルとして活躍したが、ディナモ・キエフの
    ベラルーシ人ミッドフィルダー、ヴァレンチーン・ベルケーヴィチとの結婚と妊娠を機会に、
    2004年にグループから脱退した。 生まれた子供は、アリーナと名付けられた。

     
    アンナの抜けたグループは、スヴェトラーナ・ロボダーを新たに加えて活動を続けたが、
    ユニット在籍時の一番人気は、このアンナ・セドコーワであった。

     
    2006年4月より、音楽に関する分野に復帰し、新たに『アンナベーリ』という芸名を
    用いている。 彼女のソロデビューとなったビデオクリップは、『私のこころ』であった。
    それ以降、テレビ番組への取り組みに力を入れ、ロシアやウクライナのいくつかの
    テレビ番組やコンサートで司会を務めている。 モデルとしての活動も積極的に
    行っているが、ファッションモデルとしての活動の他にディナモ・キエフのキャラクター
    モデルも務めている。


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナの財政を圧迫しているのは、新興財閥のオリガルヒなので、日本政府が何を
    どう援助しようが、無駄だと思います。 ウクライナ政府は、戦争をも金儲けの手段として
    使っているため、一度デフォルトした方が、ウクライナ国民のためだと思います。 このまま
    中途半端に、お涙頂戴的な援助を続けたところで、実際に困っているウクライナ人の元には、
    資金は届かず、途中で、オリガルヒの懐に消えるだけです。 ロシアも、『手癖の悪い』
    ウクライナ国内にパイプラインを通し続ける事には、懐疑的で、前々から、ウクライナを
    避けて通るパイプラインの建設計画を進めていたところ、ブルガリアに拒否されて、今後は、
    ウクライナ以外のどの国を通すのかが、争点になると思います。

    ウクライナの現状としては、キエフを含む、ウクライナ全土では、ロシア語が使用されており、
    旧ポーランド領の西部の端の方まで行かなければ、ウクライナ語を使用していません。
    但し、そのウクライナ語も、ロシア語と激似のため、そのまま喋っても、ほぼ通じます。
    AS20140222000302_comm
    【ウクライナ、ロシアからガス輸入再開 財政危機深刻化】
    2014年12月13日23時53分  朝日新聞
    ウクライナがロシアからの天然ガス輸入を半年ぶりに再開した。 ロシアへのエネルギー
    依存を避けたいウクライナは10月に条件面で合意した後も再開を見送っていたが、
    東部の紛争で深刻な電力不足に陥った。 一方で財政危機はますます深刻化。 新たな
    支援を求める声も強まり、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)を悩ませそうだ。

    ガス輸入は、国営エネルギー会社が、ロシアの天然ガス企業ガスプロムに10億立方
    メートル分、3億7,800万ドル(約455億円)を前払いし、9日から再開された。
    EUが仲介した10月末の合意では、ウクライナが債務の一部を支払えばロシアは
    3月までは料金前払いを条件に輸出に応じる。 ウクライナは、直後に債務31億ドルの
    うち14億5千万ドルを支払ったが、輸入を続けるためには残りも年内に支払わなければ
    ならない。 財政をさらに圧迫する要因になる。
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Самое большое разочарование на Майдане в том, кто использовал Майдан
    для своего интереса, для захвата Власти и полномочи... Это совершенно верно...



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    西ヨーロッパ以外許さないという、独裁主義的なキエフ政府は、何とかならないものか。
    キエフ政府は、ロシアは何もかもダメで、ヨーロッパだけが善としているが、そもそも、
    ロシア人とウクライナ人は、ほぼ同じルーシ人という民族で、単に支配者がモンゴルと
    ポーランドに分かれたため、国も分かれただけ。 元々は、キエフ・ルーシという統一
    国家であった。

    キエフ政府は、、ドイツ人もフランス人も、東欧の人間がそもそも嫌いな事を知らないのか。
    1512401_10152842775919766_2785205822951807830_n
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ