ウクライナの財政を圧迫しているのは、新興財閥のオリガルヒなので、日本政府が何を
どう援助しようが、無駄だと思います。 ウクライナ政府は、戦争をも金儲けの手段として
使っているため、一度デフォルトした方が、ウクライナ国民のためだと思います。 このまま
中途半端に、お涙頂戴的な援助を続けたところで、実際に困っているウクライナ人の元には、
資金は届かず、途中で、オリガルヒの懐に消えるだけです。 ロシアも、『手癖の悪い』
ウクライナ国内にパイプラインを通し続ける事には、懐疑的で、前々から、ウクライナを
避けて通るパイプラインの建設計画を進めていたところ、ブルガリアに拒否されて、今後は、
ウクライナ以外のどの国を通すのかが、争点になると思います。

ウクライナの現状としては、キエフを含む、ウクライナ全土では、ロシア語が使用されており、
旧ポーランド領の西部の端の方まで行かなければ、ウクライナ語を使用していません。
但し、そのウクライナ語も、ロシア語と激似のため、そのまま喋っても、ほぼ通じます。
AS20140222000302_comm
【ウクライナ、ロシアからガス輸入再開 財政危機深刻化】
2014年12月13日23時53分  朝日新聞
ウクライナがロシアからの天然ガス輸入を半年ぶりに再開した。 ロシアへのエネルギー
依存を避けたいウクライナは10月に条件面で合意した後も再開を見送っていたが、
東部の紛争で深刻な電力不足に陥った。 一方で財政危機はますます深刻化。 新たな
支援を求める声も強まり、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)を悩ませそうだ。

ガス輸入は、国営エネルギー会社が、ロシアの天然ガス企業ガスプロムに10億立方
メートル分、3億7,800万ドル(約455億円)を前払いし、9日から再開された。
EUが仲介した10月末の合意では、ウクライナが債務の一部を支払えばロシアは
3月までは料金前払いを条件に輸出に応じる。 ウクライナは、直後に債務31億ドルの
うち14億5千万ドルを支払ったが、輸入を続けるためには残りも年内に支払わなければ
ならない。 財政をさらに圧迫する要因になる。
>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村