ポーランド語は、チェコ語、スロバキア語と同じ西スラブ系言語となっており、
第二次世界大戦以降、教育が普及したため、ポーランド語は文語口語とも
標準語化されたが、地域的な方言は今も残っている。 例えば、シュロンスク
地方は、ポーランド語とドイツ語の混成語となっている。 カルパート山脈の
ゴラーレ人も独特の方言を持っている。

ポーランド人にとって、文学は民族の誇りを表現する重要な手段となっている。
この国の最初の文学作品は、歌と語りによる叙情詩と叙事詩であった。 国民の
キリスト教改宗後は教会も民衆も、ラテン語で文学を書くことが多くなった。

15世紀の中頃までには、ラテン語に代りポーランド語が文学言語となった。
16世紀の詩人、ヤン・コハノフスキーは、ラテン語とポーランド語と両方を
使った。 ミコワイ・レイ(1505~1569年)は『ポーランドの父』と呼ばれ、
ポーランド語だけで詩と散文を書いた。 それ以降も歴史、宗教、詩などの
分野で重要な作品が多く現れた。



ポーランド文学は、19世紀になると、ますます重要性を増した。 詩人たちは、
分割と外国人支配に抵抗して、祖国の文化と愛国心を鼓舞した。 アダム・
ミツキエヴィッチは、独立の闘志コシチューシコを歌った叙事詩『パン・
タデウシ』で祖国への深い愛情を表現した。 ヘンリク・シエンキェヴィッチは
小説『クォ・ヴァディス』で1905年に、チェスワフ・ミウォシュは詩の作品で
1980年にそれぞれノーベル文学賞を受賞した。

作家たちの多くは、外国に亡命し、他の国の文化にも重要な貢献をした。
ヨゼフ・コンラッド・コジェニョフスキは、イギリスへ移住し、ジョゼフ・
コンラッドのペンネームで多くの海洋小説を書いた。

ポーランド生まれのアイザック・シンガーは、ユダヤの伝統的な神話や伝説を
作品化した。 ジャージー・コジンスキも同じくアメリカ合衆国へ移住した
作家だが、第二次世界大戦中のポーランド人たちの苦難を小説『ペインデット・
バード』に表した。

ポーランドの共産主義政権は、権力を握っている間は作家やマスコミに大きな
制約を課したが、多くの作家たちは、作品を地下で出版し続けた。 現在の
ポ-ランドは東欧で最も出版業の盛んな国のひとつであり、3000近くの雑誌と
新聞を発行している。 年間の書籍販売数は、2億部で、この中には共産主義
時代には入手出来なかった大衆小説も含まれている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村