東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:カリーニングラード

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    モスクワから飛行機で約2時間半のロシアの飛び地、カリーニングラードの
    主な観光地と見所。

    【ロシアの母像
    IMG_1220

    旧ソ連圏によくある『○○の母』の像。 カリーニングラードでは
    『ロシアの母像』という名前。 1974年に設置されたこの像の場所には、
    かつてはスターリンの石像があった。 2007年には、カリーニングラード州の
    文化遺産に指定された。

    ソビエトの家
    IMG_1222

    ドイツ時代のケーニヒスベルグ城があった場所に建てられており、その代わりの
    街のシンボルとして計画されたが、建設中に地盤が緩く、傾き、ヒビが入り、
    使用出来なくなった廃墟。

    ケーニヒスベルク大聖堂
    IMG_1226

    レンガ造りのゴシック様式の大聖堂。 1333年から1380年の間に建築。
    1944年8月の第二次世界大戦中イギリス空軍の二夜に渡る空襲で街は
    大きく破壊され、大聖堂もこれによって大きく破壊された。 空襲を
    まぬがれるために100人ほどが聖堂に避難したが多数の死者が出てしまった。

    第二次世界大戦で残った数少ない建物のひとつであり、大戦後にドイツの
    敗北と共に、ドイツ領からソ連領へと移ったカリーニングラードには、
    ドイツ風の建物が多いとされているが、実際は、戦時中にかなり破壊され、
    ドイツ風(ゴシック様式)の建物は実は少ない。 川沿いに残された、
    この一体だけが、唯一、ドイツ風の建物が残っている観光スポット。

    【プレゴリャ川付近】
    IMG_1229

    プレゴリャ(独語名プレーゲル)川沿いにある、ドイツ風の建物。 かつては、
    この川の流域には、バルト語派のプルーセン人が住んでおり、ドイツ語の
    川の名であるプレーゲルは、プロシア語で深い場所を意味する『preigillis』から
    来ている。 ドイツ人の東方殖民と、北方十字軍による異教徒の征服が進むと、
    次第にプルーセン人はドイツ人に同化されていった。

    IMG_1228

    プレーゲル川河口付近に作られた港湾都市ケーニヒスベルクは、流域の
    プロイセン地方の物資を集散し、バルト海を経由して各地へ輸出する港として
    中世以来繁栄した。 後には、プロイセン公国が建国されプロイセン王国へと
    拡大したが、第二次世界大戦後、ドイツ領だった東プロイセンは、ポーランドと
    ソ連に分割され消滅し、ケーニヒスベルクもカリーニングラードと改称された。

    IMG_1230

    【雑 記】
    前々から、iPhoneの調子が悪かったため、カリーニングラードで、iPhoneの
    バッテリーを交換。 15分ほどであっという間に終わった。 特に、外人とも
    思われなかったため、パスポートや、身分証明書の提示も必要なかったw
    交換料金は、中国製のバッテリーが1,400ルーブル、正規品が2,400ルーブル
    だったので、日本の約3分の1以下であった。

    【カリーニングラード・フラブロヴォ空港】
    IMG_1247

    カリーニングラード南駅にあるバスターミナルから、フラブロヴォ空港行きの
    空港バスが出ており、約40分程度で空港まで到着出来ます。
    カリーニングラードは、ロシアの飛び地であるため、面積が非常に狭く、
    1時間も車を走らせれば、国外に出てしまう程小さい。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    FIFAワールドカップの旅の最終目的地は、カリーニングラードではなく、実は、
    更に、カリーニングラード南駅のすぐ隣りにあるバスターミナルから、バスに乗り、
    バルチック艦隊の本拠地、バルチースクでした。 カリーニングラードから
    バルチースクまでは、路線バスでおよそ1時間半。 街に中心部には、昔なつかしの
    レーニン像が建っています。

    バルチースクの駅には、1日に2本しか列車がやって来ない。 当初、
    カリーニングラード南駅から、ちょうど良さそうな列車を見つけたため、
    窓口で切符を買おうとしたところ、曜日によって運行する日が異なるため、
    この日は運行していないことが判明。 仕方なく、バスでの移動となった。

    IMG_1198
    IMG_1199
    IMG_1200
    IMG_1201
    IMG_1204
    IMG_1202
    IMG_1205
    IMG_1206
    IMG_1208

    バルト海の向こうは、スウェーデンとフィンランド。 南側約20キロは、
    もうポーランドという、ロシアの最西端の地です。 運河の向こう側の
    ポーランド側に渡るためには、橋がないため、船で渡るしかない。

    バルチースクにある星型をした海軍基地は、上から見ないと分からないため、
    単なる堀のような感じであった。 施設中に入れるのかと思いきや、軍事施設の
    ため、無理。 この中に軍艦が停泊しているものと思われるのだが、横須賀の
    ような街をイメージしていたところ、思っていたよりも、軍艦の数は少なめ。

    IMG_1209
    IMG_1210
    IMG_1212
    IMG_1213
    IMG_1214
    IMG_1215
    IMG_1216
    IMG_1217
    IMG_1219

    バルチースクからの帰りは、乗り合いタクシー(ロシア語では「マルシルートカ」)
    で移動。 その後、カリーニングラード市内で、本場のロシア料理を食べた。
    日本のロシアレストランは、戦後の引揚者らが始めた見よう見まねの料理で
    あるため、本物のロシア料理とは違うことが多々ある。 日本におけるロシアの
    情報は、ウソだらけなので、気を付けないと騙されます。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    モスクワ発ビリニュス経由の特急琥珀号でロシアの飛び地カリーニングラードへ。
    ロシアの列車の全車両には、必ず、お茶のセットが付いており、1両づつそれぞれ
    担当の車掌が付くシステム。 ヴィリニュスから1時間半程度でロシアとの国境へと
    到着した。

    リトアニアの国境駅であるキバルタイ駅での出国手続きは、何故か30分程度も
    掛かり、その後、ゆっくりとロシア側へと移動し、国境駅である
    チェルヌィシェフスコエ駅で再度ロシアへの入国手続きが行われたが、ロシアでの
    入国手続きは15分程度と比較的スムーズに行われた。 国境から20分程度で、
    州都のカリーニングラードへと到着した。

    IMG_1148
    IMG_1149
    IMG_1146
    IMG_1150
    IMG_1151
    IMG_1152
    IMG_1153
    IMG_1190
    IMG_1194

    この日のカリーニングラード市内は、ベルギーVSイングランドの試合の日だけ
    あって、市内の至る所で渋滞だらけ。 ロシアでは値段交渉制が当たり前の
    タクシーも、料金がバラバラ過ぎて相場がつかめず。 ロシアは、『搾り取れる
    ところから搾れるだけ搾り取る』というシステムの国であるため、この日だけは
    仕方ないと諦め、通常200ルーブルぐらいだろうなと思っていたところに、
    1000ルーブルとか言われ、多少ビックリしたものの、渋滞だらけで車が進まない
    からこんな値段なんだと言われて諦めた。 その後、アプリで呼ぶYandex
    タクシーの方が安いことが判明したものの、こちらは渋滞のため、全く捕まらず。

    IMG_1189
    IMG_1191
    IMG_1195
    IMG_1196
    IMG_1197
    IMG_1154
    IMG_1161
    IMG_1163
    IMG_1186

    カリーニングラード・バルチカスタジアムへは、試合開始3時間前に到着したため、
    ほぼ一番乗りに近い4番目での入場となったものの、何故かWiFiの持込が禁止されて
    おり、コインロッカーへ預けることとなった。 場内にある無料WiFiもロシアの
    電話番号を持っていないと利用登録が出来ないため、全く使えないという、
    矛盾をはらんでいた。

    スタジアム入場後、まずは、公式グッズを購入し、腹ごしらえをした。 会場内は、
    公式グッズ以外の販売はないため、何もかもが高い。 肝心の席は、ゴールの
    目の前で、第2期の販売開始時刻と共に購入したため、かなり良い席を確保出来た。

    試合は、ベルギーVSイングランドのため、予選大会なのに関わらず、ベルギー
    チームの大応援団が駆けつけていた。 ベルギーは、オランダ語圏とフランス語圏に
    パックリと2分されているが、何故か、オランダ語圏からの応援団が非常に多く、
    フランス語は余り聞こえて来なかった。

    試合は、2対1でベルギーの勝利だったのだが、混雑を避けるため、試合終了30分前
    には、スタジアムを後にしたため、無料のシャトルバスを使って、かなりスムーズに
    カリーニングラード北駅(カリーニングラードのメインは南駅)までたどり着く事が
    出来た。 カリーニングラードは、元々は、プロイセン建国の地であるため、一部の
    建物がドイツ風なのだが、戦争時に、かなり多くの建物が破壊され、その後再建
    された建物が多いため、そこまで、ドイツ風という感じは受けなかった。

    IMG_1155
    IMG_1160
    IMG_1156
    IMG_1159
    IMG_1165
    IMG_1164
    IMG_1183
    IMG_1176
    IMG_1187

    カリーニングラードには、南駅と北駅があるのだが、南駅がメインの駅。
    ワールドカップ開催期間中は、至る所で手荷物チェックが行われていた。
    南駅構内にあるのは、巨大なコップホルダー(ロシア語では「ポドスタカンチク」)
    で、ロシアの列車には、必ず、サモワールとこのコップホルダーが常備されており、
    いつでも、熱いお茶を飲むことが出来る。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ワールドカップのチケットはFIFA.comのチケッティングサービスにより発売され、
    2018年3月13日(火)、モスクワ時間の午後12時(日本時間午後6時)より
    第2フェーズでのチケットの販売が開始された。 第2フェーズのチケットの
    販売期間は3月13日から4月3日までとなっており、この期間では先着順での販売
    となる。 開幕間際での販売も予定されており、4月18日から決勝戦の行われる
    7月15日までオープンされることになっている。

    【予選リーグの組み合わせ】
    word_171202_thumbnail

    FIFAはワールドカップのチケットを4種類のカテゴリーに分けて販売しており、
    カテゴリー1~3まではオンラインにより世界中へと販売されている。 カテゴリー
    4のチケットは通常よりも安価となり、最安値のものはおよそ17ポンド(約2500円)
    となっており、一方でカテゴリー1~3までの最安値のチケットは80ポンド
    (約1万2000円)となっている。 カテゴリー4はロシア在住者のみへの販売
    となり、少なくとも350,000枚のチケットが地元のファン向けに販売される
    ことになる。

    【各チケットの値段】
    2907352_big-lnd

    FIFA.comサイト内の対応言語は、FIFA公用語である英語、ドイツ語、フランス語、
    スペイン語の他、開催国であるロシア語での受付が可能とっているが、途中一部分の
    説明だけは日本語でも表示されるものの、上記の言語に余り自信がない場合は、
    Google翻訳も活用した方が良いかも知れない。

    【チケット購入方法】

    FIFA.comより、オンライン購入する。 アクセス状況によっては、数分から数時間
    待たされる。 順番での受付となっており、自分の順番が回って来ると、10分間だけ
    購入ページに入ることが出来るようになる。 購入ページ内では、それぞれの試合や
    カテゴリーごとに料金が表示されるため、クリックしてどんどん先に進むと、
    最後はカード決済の画面へとたどり着くため、それで決済を終えれば、チケットが
    入手出来る。 チケットは、申込み時に登録した住所へと無償で国際宅急便
    (クーリエ)で送付され、配達は2018年5月以降を予定している。

    【ログイン画面①】
    E-mailアドレスとパスワードを入力して、サイト内に入ります。
    SNSでの登録も可能。
    29214090_2067257273291683_7018350739214827520_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面②】
    ここでは、表示されているパスワードを入力して先に進みます。
    29177727_2067257269958350_5980096653728677888_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面③】
    ログインすると、以下の画面が表示されます。
    画面を下にスクロールして、開催日と希望の会場を選択します。
    29196670_2067256589958418_5514861454014021632_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面④】
    下にスクロールすると、以下の画面が表示されます。
    色が付いている部分が入手可能なチケットです。 グレーアウトしている
    部分は、チケットの取扱いが終了しています。
    29214494_2067255793291831_454142123822809088_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面⑤】
    チケットの枚数を選択して、買い物かごに入れます。
    29249348_2067255236625220_8380074217810427904_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面⑥】
    買い物かごに追加すると、以下の画像が表示されるため、
    このまま先へ進みます。
    29244642_2067255036625240_7802108573390995456_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面⑦】
    必要事項を入力し、再度にクレジットカーで決済をします。
    29197274_2067254569958620_2806459110130712576_n
            ico_arrow_red
    【ログイン画面⑧】
    無事に決済が完了すると、予約完了の画像が表示されます。
    次に、FAN IDを取得します。
    29177584_2067254019958675_2076025798900318208_n

            ico_arrow_red
    【FAN IDの取得】
    チケット購入後は、必ずFAN IDの申請をしなければならない。 このFAN IDは、
    ロシアのビザを免除するための身分証明書代わりとなるもので、更には、この
    IDさえ持っていれば、モスクワから各会場までの特別列車(2等寝台車)の往復料金
    までもが全て無料となるため、航空券の購入は無用となる。 証明写真として、
    背景が白地で顔の周りに若干の余裕のある画像が必要となる。 画像に関しては、
    以下の画像を参照のこと。

    user

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ロシア語 に参加中!

    現在カリーニングラードと呼ばれている街は、ロシア連邦西部にあるバルト海に
    接する港湾都市で、ポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛地となっており、現在は
    人口約42万人ほど。 元々は、1255年にドイツ人の東方植民によって建設された
    都市で、その後、ハンザ同盟に所属するバルト海の貿易都市となった。 1946年
    まで使われていた旧都市名は、ケーニヒスベルク。 20世紀前半までは、ドイツの
    東北部辺境の重要都市であった。

    バルト海沿岸の諸都市と交易をし、繁栄したが、住民はポーランド王国を支持して
    ドイツ騎士団と対立、1410年のタンネンベルクの戦いの結果、第一次トルンの
    和約が交わされ、この周辺の領地は、全てポーランド王国の従属国となり、
    1466年の第二次トルンの和約により、ケーニヒスベルクはポーランド王の直接の
    所有物となり、住民による自治権を与えられた。



    1660年にポーランド王国は、それまで194年に渡って支配をしていたプロシア領に
    対する宗主権を放棄し、ポーランドから独立したケーニヒスベルクは、プロイセン
    公国となった。 この地には、元々プルシ人という先住民が住んでおり、その
    先住民の名を取って『プロイセン』と名乗るようになったもの。 1701年、
    プロイセンを尊重してケーニヒスベルクで王に即位したフリードリヒ1世は、
    この地でプロイセン王国を作った。 これが、現在でも東プロイセンが
    『ドイツ人の心の故郷』と言われる由縁となっている。

    プロイセン王国は、1772年にポーランドから西プロイセンを奪い、18世紀末には、
    ロシア、オーストリアと共に、ポーランドを分割した。 1871年には、普仏戦争で
    フランスを破ったプロイセン国王がドイツ皇帝ヴィルヘルム1世に即位し、ドイツ
    帝国が成立する。
     


    第一次世界大戦後、旧ドイツ帝国の東部領土が割譲され、ドイツやオーストリア
    によって分割されていたポーランドが独立を果たすと、ポーランド北部のバルト海に
    面した地域にあたる旧プロイセン公国の領域のうち、自由都市として残された
    ダンツィヒを除いた「西プロイセン」は、ポーランドの海への出口として
    ポーランドに割譲された。 ケーニヒスベルクを中心とする『東プロイセン』は、
    ドイツ領として残されたが、ドイツ本国との陸上路が閉ざされ、孤立した
    飛び地となった。

    後にドイツで政権を握ったアドルフ・ヒトラーは、飛び地解消を名目に、ポーランド
    からの領土返還を要求したが、領土要求が拒否されため、ドイツ軍がポーランドに
    侵攻し、更には、英仏がドイツに宣戦布告して、第二次世界大戦が始まった。
    これにより、東プロイセンは再びドイツ本土と陸路で結ばれた。 

    023703

    独ソ戦中盤までケーニヒスベルクは比較的平和が保たれたが、戦争末期には東部
    戦線の激しい戦場となった。 1944年8月29日から30日にかけてのイギリス軍機
    189機による空襲により、市中心部が大打撃を受け、旧市街の大半が完全に破壊
    された。

    ソ連赤軍が東プロイセンに進撃を始めた1944年10月頃からは、約37万人にのぼる
    市民の西部ドイツへの脱出が始まった。 1945年1月末にはケーニヒスベルクは
    完全に包囲されたが、市民は鉄道と港湾を使ってバルト海経由でケーニヒスベルク
    からの脱出を続けた。 1945年4月6日から4月9日まで、ソ連軍は4日間にわたり
    南北から最後の突撃を行い、残されたドイツ軍は降伏しケーニヒスベルクは
    陥落した。

    Калининград

    ドイツの戦後処理が話し合われたポツダム会談において、ケーニヒスベルクは
    ソ連邦への帰属が決定された。 東プロイセンは南北に分割され、南部は
    ポーランド領に、ケーニヒスベルクを含む北部はソ連のロシア・ソビエト連邦
    社会主義共和国に編入された。 戦後もドイツ系市民約2万人が残留していたが、
    1947年にスターリンが市内に残留していたドイツ系市民の追放を決定し、翌年に
    かけてドイツ系残留市民は全員鉄路で旧東ドイツ地域にへと移送された。
    それと前後して、大量のソ連市民が移住した。

    1946年7月4日、ソ連領となったケーニヒスベルクは、当時のソビエト連邦
    最高会議幹部会議長ミハイル・イワノヴィッチ・カリーニンにちなんで、
    カリーニングラード市、区域全体はカリーニングラード州とロシア語名に
    改称された。 その後、ドイツ時代の遺物としてケーニヒスベルク城、
    ケーニヒスベルク大聖堂などの歴史的建造物がほとんど破壊され、城の跡地には
    ソビエトの家が建設された。

    カリーニングラードは、冷戦時代までは軍事都市として、州全体が外国人の
    立ち入りが規制される閉鎖都市だった。 ソ連でも重要な不凍港としてバルト
    艦隊の拠点となり、造船業が発達したが、ソ連崩壊後にリトアニアが独立した
    結果、カリーニングラード州は今度はソ連・ロシア連邦の飛び地となってしまった。

    CeRA

    冷戦後の需要の悪化で造船業が衰退して失業率が急激に悪化した。 ソ連崩壊
    直後にロシアは、ここをポーランド領とする案を用意、その代わりにドイツは
    シュチェチンを得るという話まであったが、結局そのまま放置された。 93年
    からは、経済特区に指定されたが、政治や経済での混乱が続いたため、投資は
    呼び込めず、軍需産業を中心とした国営企業は多くが破綻し、20万人が駐屯
    していた軍隊は10分の1まで削減され、98年の同州のGDPは、89年と比較して、
    マイナス57%まで落ち込んだ。

    カリーニングラードの経済は崩壊し、この町が東ヨーロッパの中心部に位置
    するということもあり、麻薬取引、人身売買、盗難車の取引中継地など、東欧・
    旧ソ連全域を舞台にしたさまざまな犯罪の拠点に使われるほど治安が悪化、HIV
    などの感染症も蔓延し始めた。 更に、ソ連からの独立により、バルト三国から
    追い出されたロシア系住民が大量に流入し、人口43万人の約4割が貧困にあえいだ。

    犯罪率もロシア平均をおよそ20%上回り、売春や麻薬の蔓延でエイズ感染も
    拡大した。 更に、軍事都市時代の有害な廃棄物が放置されており、住めない
    土地が各地に広がっていた。 もはやこの都市の存在が、ロシアにとっても
    ポーランド、リトアニアなど周辺諸国にとっても頭痛の種となっていた。

    0000666

    ロシアがソ連からの独立を果たして10年、カリーニングラードに経済特区が
    設けられ、輸入関税を免除するなど外貨獲得を目指した。 しかし、2004年に
    周囲を取り囲むリトアニアとポーランドが共にEUに加盟したため、カリーニン
    グラードとロシア本土との通行にリトアニアがビザを科すようになったため、
    周囲との通行に障害が生じ、先の見通しが立たないとまで言われたものの、
    その後、ロシア本土との通行にリトアニアのビザ取得が簡素化されると、
    カリーニングラードの経済は驚異的な成長を遂げた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ